127件中 31 - 40件表示
  • メドク

    メドクから見たブルーベリーブルーベリー

    カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド、マルベックなどのぶどう品種から作られるワインは、濃いルビー色で、ヴァイオレット、ブルーベリー、あるいは黒い果物のようなと言われる深い香りと、タンニン(渋み)のよく利いた芳醇な味わいをもち、長期の熟成に最もよく耐えるワインと言われている。良いヴィンテージのものは熟成に20年以上かかると言われ、未だに20世紀前半のものが十分に味わえる。メドク フレッシュアイペディアより)

  • 北軽井沢

    北軽井沢から見たブルーベリーブルーベリー

    浅間山の黒い火山噴出物が主成分の土壌と、一面に広がるカラマツ林を中心に、秋の紅葉が美しい雑木林が混在するのが特徴的である。終戦直後に一部地域が開拓され、トウモロコシやトマト、レタス、白菜、ブルーベリーなどが特産。町中の至る所に高原野菜の直売所がある。明治初期に当初は馬の放牧場として開設され、戦後に群馬県へと移管された浅間家畜育成牧場(浅間牧場)が、早い時期に乳牛を導入させたこともあって、酪農も盛んに行われている。1970年代以降はリゾート地として開発され、施設が建設されている。北軽井沢 フレッシュアイペディアより)

  • フィンランド料理

    フィンランド料理から見たブルーベリーブルーベリー

    フィンランド料理(フィンランドりょうり)はライ麦や大麦、オート麦など全粒穀物のほか、ブルーベリーやコケモモ、ホロムイイチゴ及びシーバックソーンといったベリーを用いることで知られる。フィンランド料理 フレッシュアイペディアより)

  • ウェイマウス

    ウェイマウスから見たブルーベリーブルーベリー

    ウェイマウス(Weymouth)とは、ブルーベリーの品種の一つ。北部ハイブッシュ系に分類され、ジューンとキャボットを交配親とする。名前はニュージャージー州にある地名ウェイマスに由来する。ウェイマウス フレッシュアイペディアより)

  • 北部ハイブッシュ系

    北部ハイブッシュ系から見たブルーベリーブルーベリー

    北部ハイブッシュ系(Northernhighbush blueberry)とは、ブルーベリーの系統の一つ。北部ハイブッシュ系 フレッシュアイペディアより)

  • 南部ハイブッシュ系

    南部ハイブッシュ系から見たブルーベリーブルーベリー

    南部ハイブッシュ系(Southern highbush blueberry)とは、ブルーベリーの系統の一つ。1970年代半ばにフロリダで開発され、フロリダ、ノースカロライナを中心に改良が行われた。温暖な地域での栽培を主眼として開発された。南部ハイブッシュ系 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥羽国際ホテル

    鳥羽国際ホテルから見たブルーベリーブルーベリー

    鳥羽国際ホテルの名物はチーズケーキであり、ホテル自らが土産として薦めている。創業時にフランス料理のデザートとして作られたもので、創業当時の味を守っている。シンプルな「熟成チーズケーキ」のほか、アップル・ブルーベリー・抹茶・黒糖味がある。鳥羽国際ホテル フレッシュアイペディアより)

  • グロム (アイスクリームチェーン店)

    グロム (アイスクリームチェーン店)から見たブルーベリーブルーベリー

    MIRTILLO (ミルティッロ) (日本商品名 : ブルーベリー) : 通常、8月1ヶ月間のみの販売。グロム (アイスクリームチェーン店) フレッシュアイペディアより)

  • 大鵬薬品工業

    大鵬薬品工業から見たブルーベリーブルーベリー

    チオビタドリンクアイビタス【第3類医薬品】 - ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6を増量配合した医薬品ドリンク剤。飲みやすいブルーベリー風味。大鵬薬品工業 フレッシュアイペディアより)

  • ムエルテ山

    ムエルテ山から見たブルーベリーブルーベリー

    高地ではと呼ばれる生態系が広がる。発育不良の低木や笹やヘゴ、およびブルーベリー、セイヨウスグリやアツモリソウなどのより小さい植物が生育している。それより低い地帯では自然植生は竹の低木層を伴ったオークの森であり、カリスマ的なケツァールを見ることができる素晴らしい場所である。ムエルテ山 フレッシュアイペディアより)

127件中 31 - 40件表示

「ブルーベリー狩り」のニューストピックワード