前へ 1 2 3 4
32件中 1 - 10件表示
  • ブルーベリー

    ブルーベリーから見た健康食品

    一部の品種にはアントシアニンが豊富に含まれており、ブルーベリーを使用した健康食品などが「目の網膜に良い」と視力改善効果が謳われて広く市販されているが、国立健康・栄養研究所の論文調査によるとブルーベリーやビルベリー、それらに含まれるアントシアニンの視力改善効果は認められていないブルーベリー フレッシュアイペディアより)

  • ブルーベリー

    ブルーベリーから見たジャム

    生食用途の他、ジャム等の加工食品として供給されている。ブルーベリー フレッシュアイペディアより)

  • ブルーベリー

    ブルーベリーから見た農薬

    栽培においては酸性土壌で水はけが良く、充分な冬眠時間があれば日本では農薬を一切使わずに栽培することも可能であるとされている。ただし根が浅いため乾燥に弱く、特に夏には水切れに注意する必要がある。他家受粉性であるため、収量を増すためには開花時期の重なる二品種以上を植えるのがよい。収穫時期の雨を回避できれば収穫後の日持ちも良い。栽培適地はハイブッシュ系が寒冷地向き、ラビットアイ系が暖地向きとされる。また、サザンハイブッシュ系が作られ暖地でも食味のよいハイブッシュ系の栽培ができるようになった。ブルーベリー フレッシュアイペディアより)

  • ブルーベリー

    ブルーベリーから見た山梨県

    日本国内ではラビットアイ系品種が1962年にジョージア州から導入され、1968年より東京都小平市で経済栽培が始まり、1971年長野県にハイブッシュ系が導入され、群馬県・新潟県・山梨県・宮城県など栽培に適した高冷地を中心に各県で生産されるようになった。東北地方では岩手県の岩手大学の公開講座により経済栽培が広まった。石川県の旧柳田村では、土地の事情からラビットアイ系が栽培されている。ブルーベリー フレッシュアイペディアより)

  • ブルーベリー

    ブルーベリーから見た落葉性

    ブルーベリー()は、ツツジ科スノキ属シアノコカス節に分類される北アメリカ原産の落葉低木果樹の総称である。ブルーベリー フレッシュアイペディアより)

  • ブルーベリー

    ブルーベリーから見たアルゼンチン

    他にカナダ、アルゼンチン、中国などもある。ブルーベリー フレッシュアイペディアより)

  • ブルーベリー

    ブルーベリーから見た小平市

    日本国内ではラビットアイ系品種が1962年にジョージア州から導入され、1968年より東京都小平市で経済栽培が始まり、1971年長野県にハイブッシュ系が導入され、群馬県・新潟県・山梨県・宮城県など栽培に適した高冷地を中心に各県で生産されるようになった。東北地方では岩手県の岩手大学の公開講座により経済栽培が広まった。石川県の旧柳田村では、土地の事情からラビットアイ系が栽培されている。ブルーベリー フレッシュアイペディアより)

  • ブルーベリー

    ブルーベリーから見た品種改良

    栽培品種の成木の樹高は1.5-3m。春に白色の釣鐘状の花を咲かせ、花後に0.5-1.5cmほどの青紫色の小果実が生る。北米大陸でのみ栽培される野生種に近い品種は数十cm程度の低木である。果実は北アメリカでは古くから食用とされてきたが、20世紀に入り果樹としての品種改良が進み、ハイブッシュ系、ラビットアイ系、ハーフハイブッシュ系、ローブッシュ系の交配により多くの品種が作出された。ブルーベリー フレッシュアイペディアより)

  • ブルーベリー

    ブルーベリーから見た北杜市

    東京都小平市・山梨県北杜市・茨城県つくば市が「日本三大ブルーベリー」の地として有名である。ブルーベリー フレッシュアイペディアより)

  • ブルーベリー

    ブルーベリーから見たビルベリー

    もっとも、視力への効果を謳うブルーベリー健康食品は、アントシアニンを大量に含む北欧産野生種ビルベリーを原料にしており、ブルーベリー全般にアントシアニンが多いということではない。ブルーベリー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
32件中 1 - 10件表示

「ブルーベリー狩り」のニューストピックワード