2898件中 21 - 30件表示
  • TAKA (Libraian)

    TAKA (Libraian)から見たブログブログ

    好きな食べ物は沖縄料理。唯一食べられないものはうつぼのたたき。料理が得意で、我流であるものの何でも作れる。ブログで得意料理「うなたま丼」のレシピを公開した。また、HIROはTAKAの作ったラーメンが世界で一番おいしいと述べた。趣味は絵を描く事で、オフの日は時間を忘れるほど絵描きに没頭する。自身の描いた絵を時折ブログにアップしている。自画像を「タカリザの微笑み」と名付けた。TAKA (Libraian) フレッシュアイペディアより)

  • 指宿市立図書館

    指宿市立図書館から見たブログブログ

    そして2007年(平成19年)4月1日より指定管理者による運営に移行した。指定管理者制度導入図書館は、鹿児島県では阿久根市立図書館、徳之島町立図書館に次ぐ3館目となった。そらまめの会は館内のディスプレイの刷新、多彩なイベント開催、職員によるブログ「てくてくライブラリアン」の更新を通した情報発信など、公営時代は停滞気味であった図書館活動を一新した。これを受けて2009年(平成21年)に行われた第2期の指定管理者の募集の際には、そらまめの会のような図書館運営は真似できないとして、そらまめの会以外の団体は応募を見送り、2010年(平成22年)4月からの第2期も引き続きそらまめの会が指定管理者となった。なお第2期の指定期間は5年に延長された。更に指宿市当局もそらまめの会の熱意を受けて、指宿図書館のコンピュータ導入の検討と、廃止された移動図書館の復活の検討に入った。指宿市立図書館 フレッシュアイペディアより)

  • 若槻千夏

    若槻千夏から見たブログブログ

    1月18日にブログ「マーボー豆腐は飲み物です。」を開始。若槻千夏 フレッシュアイペディアより)

  • 盗用

    盗用から見たブログブログ

    外国の研究倫理、外国の研究者の事件の解説ブログとデータベース盗用 フレッシュアイペディアより)

  • 2ちゃんねる

    2ちゃんねるから見たブログブログ

    ITmediaの調査によると、年齢層は10代が20.0%、20代が15.0%、30代が30.7%、40代が21.9%、50代以上が12.5%となっている。ブログ利用者は2005年から2006年までの1年間で2倍の2000万人超となっているのに対し、旧2ちゃんねるは、ブログ、SNS、動画投稿サイト、携帯電話専用サイトなどの、他のCGM系サイトの台頭の影響もあり、2003年の770万人から2割程度の増加に留まっている。Alexa Internet社の2008年10月時点の世界ウェブサイトのアクセスランキングでは294位である。2004年は34位だった旧2ちゃんねるは、年々相対的に順位を下げており、書き込み数の方も2005年をピークにやや減少傾向である。2ちゃんねる フレッシュアイペディアより)

  • 河野太郎

    河野太郎から見たブログブログ

    インターネットでの活動にも積極的であり、ブログやメールマガジンの発信はもちろん、mixiに『河野太郎と語る日本の未来』というコミュニティも自ら開設している。また、法務副大臣時代には、2ちゃんねるの管理人・西村博之とも対談した。自民党でも広報本部のマルチメディア局長として、2007年(平成19年)よりYouTubeに開設された同党専用チャンネル「LDPChannel」に積極的に登場している。河野太郎 フレッシュアイペディアより)

  • つボイノリオの聞けば聞くほど

    つボイノリオの聞けば聞くほどから見たブログブログ

    2006年5月、番組公式ブログを開設。主に小高が記事の執筆を行っている。つボイノリオの聞けば聞くほど フレッシュアイペディアより)

  • 倉木麻衣

    倉木麻衣から見たブログブログ

    2004年(平成16年)頃からはインターネットでの露出に力を入れている。芸能人としては早くからブログを始め、2005年12月からは衛星放送で放送されていた『Mai-K TV』をNTTのフレッツ内で放送を始めている。倉木麻衣 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本

    2005年の日本から見たブログブログ

    5月17日 - 総務省はブログの開設者数が三月末で延べ約335万人に達したと発表する。2005年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • イン ザ クローゼット 〜blog中毒〜

    イン ザ クローゼット 〜blog中毒〜から見たブログブログ

    文芸評論家の福嶋亮大は、ケータイ小説では「負債と償却のサイクル」というテーマがモチーフになっていることが多いと指摘し、その例のひとつとして本作を挙げている。すなわち、主人公のレイナは現実とは異なる理想の人格を演じ続けた結果として自己矛盾という負債がたまっていき、それを償却し切れなかったがために破滅的な最期を迎えざるをえなかったと解釈できるのである。また、本作では負債と償却のサイクルがブログというメディアを軸にして展開されることになるが、このようにコミュニケーション・ツールがプロットを適当な速度で進行させる触媒として使用されるのもケータイ小説全般でみられる傾向だという。イン ザ クローゼット 〜blog中毒〜 フレッシュアイペディアより)

2898件中 21 - 30件表示

「ブログ」のニューストピックワード