2526件中 61 - 70件表示
  • 美女暦

    美女暦から見たブログブログ

    『美女暦シーズン?』の期間中は、時刻の表示・在住地(都道府県)の選択が可能だった。在住地を選択すると、その都道府県の天気が表示され、日にちは選択した女性の日にちが表示された。また、投票は1日分当たり1台のパソコンから1回しか出来ない。ブログもスタートし、メイキングを見ることが出来た。美女暦 フレッシュアイペディアより)

  • ediPa

    ediPaから見たブログブログ

    制作した映像は、SNS機能を持つediPa内のユーザーアカウントページ上での公開のほか、外部のブログやホームページへ貼り付けることができる。またDVDへの映像出力も可能である。ediPaは2008年2月より運用開始した。ediPa フレッシュアイペディアより)

  • データベース消費

    データベース消費から見たブログブログ

    絵本作家の相原博之は、データベース消費の例としてiPod・ブログ・セレクトショップの3つを挙げている。アルバムに収録された状態では楽曲はそのアルバムの世界観という統一性の中に存在しているが、個別にiPodにダウンロードされ再編集されて鑑賞されるときにはその統一性(大きな物語)は崩れることになる。同様に、ブログにおいては従来のウェブサイトでみられる階層構造という大きな物語が欠如したフラットな構造となっており、セレクトショップではブランドという統一性(大きな物語)を無視して商品が陳列・販売されていると考えられる。インターネット上での事例としては、ブログ以外にも電子掲示板2ちゃんねるで行われるような「ネタ的コミュニケーション」も、コピペ・アスキーアートなどをデータベースの構成要素とみなすという意味でデータベース消費と類似した現象であるといわれる。データベース消費 フレッシュアイペディアより)

  • ティーカップ・コミュニケーション

    ティーカップ・コミュニケーションから見たブログブログ

    ティーカップ・コミュニケーションはブログや電子掲示板のレンタルを行っていた企業である。GMOインターネットグループに吸収され、現在はサービス名にのみteacupの名称を残している。ティーカップ・コミュニケーション フレッシュアイペディアより)

  • 竹原信一

    竹原信一から見たブログブログ

    ブログでの発言が反響を呼んだことから、ブログ市長とも呼ばれた。竹原信一 フレッシュアイペディアより)

  • メゾン・ド・ペンギン

    メゾン・ド・ペンギンから見たブログブログ

    アデリーペンギンが管理人を務めるマンション「メゾン・ド・ペンギン」に住む様々な人物の、それぞれのおバカな日常を描いていく。また、漫画本編やコマの下、果ては担当編集者のコメントなど、随所に作者である大石浩二の自虐ネタが多く仕込まれているのも特徴。作中のギャグに使われたQRコードが実際に読込可能であったり、作中登場人物の運営するブログが本誌発表前から実際にインターネット上に作成されているなど、誌面にとどまらない凝ったつくりを見せていた。この漫画は、原則的に毎回2色刷りページ後の定位置に掲載されているという特徴があった。メゾン・ド・ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本

    2005年の日本から見たブログブログ

    5月17日 - 総務省はブログの開設者数が三月末で延べ約335万人に達したと発表する。2005年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のラグナロクオンライン

    日本のラグナロクオンラインから見たブログブログ

    2005年11月22日、アメーバブログとの共同企画にて、ユーザーコミュニティを目的とした公式コミュニティブログ「ラグブログ」を開設した。日本のラグナロクオンライン フレッシュアイペディアより)

  • いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポン

    いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポンから見たブログブログ

    ホトケの顔に関して水野からは「顔が物凄いことになってる」、川島海荷からは「直視できない」などと言われており、本人も「もはやスタッフさんが(投稿云々ではなく)この顔で笑ってる」「いつかDVDに収録してお見せしたい」と語っており、実際にライブのMCでホトケの顔を披露したこともある。また、リスナーからも「怒ったときの聖恵ちゃんが怖い」という意見が番組へのメールや吉岡のブログへの書き込みという形で大量に寄せられていることが番組内で紹介された。いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 柴田亜美

    柴田亜美から見たブログブログ

    2010年、完結していなかった作品『未来冒険チャンネル5』が復刊ドットコムから復刊することが決定。書き下ろしを含め全3巻が発刊される予定だったが、3巻は予定されていた2010年9月に発刊されず2011年7月にまで延期され、2011年8月に復刊ドットコムより発売未定が発表される。作者自身のブログではいずれの段階でも告知がなく、読者に説明を促されブログ内で延期を告知した。3巻は2013年1月の現在、発売日は未定のままである。柴田亜美 フレッシュアイペディアより)

2526件中 61 - 70件表示

「ブログ」のニューストピックワード