1099件中 91 - 100件表示
  • ペテル・ペカリーク

    ペテル・ペカリークから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    2009年1月、ブンデスリーガのVfLヴォルフスブルクへ移籍。冬加入ながらも2009-10シーズンには16試合に出場しブンデスリーガ優勝に貢献した。しかしアルミン・フェーが監督に就任してからは出場機会が減少。2011年、トルコ・スュペル・リグのカイセリスポルへレンタル移籍。ペテル・ペカリーク フレッシュアイペディアより)

  • TSV1860ミュンヘン

    TSV1860ミュンヘンから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    TSV1860ミュンヘン()は、ドイツ・バイエルン州ミュンヘンに本拠地を置く総合スポーツクラブ。サッカー・ブンデスリーガでは、1965-66シーズンに優勝した古豪。TSV1860ミュンヘン フレッシュアイペディアより)

  • ユルゲン・コーラー

    ユルゲン・コーラーから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    ドイツ・ブンデスリーガ優勝:3回 1990、1996、2002ユルゲン・コーラー フレッシュアイペディアより)

  • ギュンター・ネッツァー

    ギュンター・ネッツァーから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    1944年9月14日に八百屋の息子として生まれたネッツァーは、1953年、9歳の時、FCメンヒェングラートバッハというクラブでサッカーを始める。1963年、ボルシアMGに移籍。1965-66年シーズンにボルシアMGとプロ契約を結び、ヘネス・ヴァイスヴァイラー監督の信頼を得て1973年まで230試合出場82ゴールの活躍を見せ、1969-70、1970-71シーズンのドイツ・ブンデスリーガ優勝や1972-73シーズンのドイツリーグカップ優勝などのタイトルを獲得し、個人としても1972年、1973年と2年連続でドイツ年間最優秀選手賞を受賞した。1972年は、欧州選手権での活躍もあわせてバロンドール投票でフランツ・ベッケンバウアーに次ぐ2位タイ(ゲルト・ミュラーと同票数)となった。1973年のDFBポカール決勝、すでにレアル・マドリードへの移籍が決まっていたネッツァーをヘネス・バイスバイラー監督はベンチに座らせた。そして、同点で迎えた91分にネッツァーがピッチに立つと、3分後の94分にネッツァーは決勝ゴールを挙げた。ギュンター・ネッツァー フレッシュアイペディアより)

  • オラフ・トーン

    オラフ・トーンから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    地元の有力クラブであるシャルケ04の下部組織を経て、1983年に16歳でプロデビュー。当時ブンデスリーガ1部と2部を行き来していたクラブにあって、10代にして主力選手として活躍。身長170 cmと小柄ながら、攻撃的MFとして優れた状況判断力と豊富な運動量でチームを牽引した。オラフ・トーン フレッシュアイペディアより)

  • ホルスト・ルベッシュ

    ホルスト・ルベッシュから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    ルベッシュは少年期から青年期にかけてFCペルクムでサッカーを学んだが、一方でハンドボール選手としてもプレーをしていた。職業訓練を受けタイル職人として生計を立てながら小さなアマチュアクラブでプレーを続け、24歳の時にロートヴァイス・エッセンと契約しブンデスリーガでデビューをした遅咲きの選手だった。その後、クラブはブンデスリーガ2部へ降格したが1977-78シーズンに42得点をあげる活躍を見せた。ホルスト・ルベッシュ フレッシュアイペディアより)

  • ユップ・カペルマン

    ユップ・カペルマンから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    1968年にアレマニア・アーヘンの一員となり、8月の1.FCニュルンベルク戦でデビュー。そのシーズンは、クラブ史上最上位となるブンデスリーガ2位を獲得した。1970年、1.FCケルンに移籍。カペルマンが移籍したシーズン、アレマニア・アーヘンは降格した。1973年までプレーし、1971年、1973年と2度のDFBポカール準優勝に貢献。また、U-23西ドイツ代表でも6試合に出場した。その後、ブンデスリーガ史上最高額の802,000ドイツマルクでバイエルン・ミュンヘンに引き抜かれた。ユップ・カペルマン フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・シュトルンツ

    トーマス・シュトルンツから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    地元クラブであるMSVデュースブルクのユースを経て、バイエルン・ミュンヘンのジュニアチームに入団。1989年8月31日のハンブルガーSV戦でデビュー。そのシーズンは20試合に出場し5得点を挙げ、クラブのリーグ優勝に貢献した。また、1990年10月10日のスウェーデン代表戦で代表デビューも果たした。1992年に、VfBシュトゥットガルトへと移籍し、3年間プレー。その後、再びバイエルン・ミュンヘンへと戻った。トーマス・シュトルンツ フレッシュアイペディアより)

  • ローター・エメリッヒ

    ローター・エメリッヒから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    1960年にボルシア・ドルトムントでデビュー。9年間でリーグ戦215試合に出場し、126得点を挙げた。DFBポカール、UEFAカップウィナーズカップを獲得し、自身も1965-66シーズン(31得点)、1966-67シーズン(28得点、ゲルト・ミュラーと同数)と2年連続でブンデスリーガ得点王に輝いた。イングランドW杯などで代表でも共にプレーした経験のあるジークフリート・ヘルトとのコンビはテレブルツインズと呼ばれた。ローター・エメリッヒ フレッシュアイペディアより)

  • オリバー・レック

    オリバー・レックから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    1983年にキッカーズ・オッフェンバッハでデビュー。18試合に出場して1部リーグ昇格を果たすが、翌年に降格してしまう。1985年にヴェルダー・ブレーメンへと移籍。10年以上に亘って所属し、リーグタイトルやDFBポカール制覇のほか、クラブ史上初の国際タイトルとなるUEFAカップウィナーズカップも獲得した。1998年にシャルケ04へと移籍し、2003年に引退した。2002年9月2日のFCザンクトパウリ戦ではPKを蹴り、キャリア唯一の得点を挙げた。オリバー・レック フレッシュアイペディアより)

1099件中 91 - 100件表示

「ブンデスリーガ」のニューストピックワード