648件中 11 - 20件表示
  • イヴァン・クラスニッチ

    イヴァン・クラスニッチから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    イヴァン・クラスニッチ(Ivan Klasnić, 1980年1月29日 - )は、ドイツ・ハンブルク出身のクロアチア代表、ブンデスリーガ・マインツ05所属のサッカー選手。ポジションはフォワード。イヴァン・クラスニッチ フレッシュアイペディアより)

  • シュテファン・マイヤーホーファー

    シュテファン・マイヤーホーファーから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    シュテファン・マイヤーホーファー(Stefan Maierhofer、1982年8月16日 - )はオーストリア出身の同国代表サッカー選手。ドイツ・ブンデスリーガ、1.FCケルン所属。ポジションはフォワード。身長202cm、体重95kg。シュテファン・マイヤーホーファー フレッシュアイペディアより)

  • ブルーノ・ペッツァイ

    ブルーノ・ペッツァイから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    1978年にはドイツ・ブンデスリーガの名門アイントラハト・フランクフルトへ移籍。守備の要としてUEFAカップ優勝やドイツ・カップ優勝に貢献する。1979年にはFIFA世界選抜に、1982年にはUEFAヨーロッパ選抜に選出されるなど、ワールドクラスのディフェンダーとして高い評価を得ていた。1979年から1982年までは4年連続でバロンドール(欧州年間最優秀選手賞)の候補に挙がり、いずれもベスト10まで残っていた。これはディフェンダーというポジションを考えれば快挙である。ブルーノ・ペッツァイ フレッシュアイペディアより)

  • エディン・ジェコ

    エディン・ジェコから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    2007年6月26日、フェリックス・マガトが監督を務めるドイツのVfLヴォルフスブルクに400万ユーロ(約5億円)の移籍金で移籍した。2007-08シーズンは28試合出場で8得点と、まずまずの成績を残した。2008-09シーズンはDFBポカールのFCオーバーノイラント戦でハットトリックを達成したが、リーグ戦では前半戦5得点にとどまった。しかし後半戦に大爆発し、最終的に26得点を決めて得点ランキング2位にはいった。2人合計54得点を叩き出したグラフィッチとのコンビはリーグ最強と謳われ、クラブ史上初のリーグ優勝に貢献した。この活躍から2009年夏の移籍市場ではイタリアのACミランが獲得に乗り出し、ジェコも移籍を希望したが、クラブはジェコの放出を拒否し、結局2013年まで契約を延長した。ジェコは幼いころからのミランのファンであり、サラエヴォの彼の部屋には、お気に入りの選手であるアンドリー・シェフチェンコの背番号7のユニフォームが飾られていたという。チームに残留した2009-10シーズンはチームとしては苦戦をしいられ連覇を逃すも、ジェコは22得点を決めブンデスリーガ得点王を獲得した。2009年末にはバロンドール候補30人にノミネートされた。2010-11シーズンは移籍を希望していたもののチームに残留し、キャプテンを任される。クラブは低迷したが、ジェコは前半戦だけで10得点を挙げた。エディン・ジェコ フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ミュラー

    トーマス・ミュラーから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    トーマス・ミュラー(Thomas Müller, 1989年9月13日 - )は、ドイツ・ヴァイルハイム・イン・オーバーバイエルン出身のサッカー選手。現在はドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンに所属。ポジションはMFもしくはFWである。同姓のゲルト・ミュラーの後継者といわれる。なお、彼の父の名はゲルト・ミュラーと同姓同名である。トーマス・ミュラー フレッシュアイペディアより)

  • スルジャン・ラキッチ

    スルジャン・ラキッチから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    スルジャン・ラキッチ(Srđan Lakić, 1983年10月2日 - )は、ユーゴスラビア(現クロアチア)・ドゥブロヴニク出身のサッカー選手。クロアチア代表である。ポジションはフォワード。ドイツ・ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルト所属。スルジャン・ラキッチ フレッシュアイペディアより)

  • ピエール・リトバルスキー

    ピエール・リトバルスキーから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    ブンデスリーガでは406試合に出場して113得点を決め、欧州カップ戦には53試合に出場して16得点を決めた。ドイツ代表としては73試合に出場して18得点し、FIFAワールドカップに3度出場して1度の優勝と2度の準優勝という輝かしい成績を残した。2万2000人の観客を集めて行われたお別れ試合にはGKハラルト・シューマッハー、モアテン・オルセン、DFギド・ブッフバルト、トーマス・ヘスラー、MFローター・マテウス、FWカール=ハインツ・ルンメニゲなどの名選手がずらりと勢ぞろいし、試合に出場した選手とフランツ・ベッケンバウアー監督の代表キャップ数を合計すると1100にも上った。ピエール・リトバルスキー フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・レヴァンドフスキ

    ロベルト・レヴァンドフスキから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    ロベルト・レヴァンドフスキ(Robert Lewandowski, 1988年8月21日 - )は、ポーランド・ワルシャワ出身のサッカー選手。ドイツ・ブンデスリーガ・ボルシア・ドルトムント所属。ポーランド代表である。ポジションはFW。ロベルト・レヴァンドフスキ フレッシュアイペディアより)

  • 浦和レッドダイヤモンズ

    浦和レッドダイヤモンズから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    2008年シーズンに向けて、オフにはブンデスリーガ・フランクフルトの高原直泰、大分から梅崎司、新潟からエジミウソン、レッドブル・ザルツブルクからアレックスが復帰と大型補強を敢行し、さらに福田正博がコーチとしてチームに復帰ことになった。浦和レッドダイヤモンズ フレッシュアイペディアより)

  • ユップ・カペルマン

    ユップ・カペルマンから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    1968年にアレマニア・アーヘンの一員となり、8月の1.FCニュルンベルク戦でデビュー。そのシーズンは、クラブ史上最上位となるブンデスリーガ2位を獲得した。1970年、1.FCケルンに移籍。カペルマンが移籍したシーズン、アレマニア・アーヘンは降格した。1973年までプレーし、1971年、1973年と2度のDFBポカール準優勝に貢献。また、U-23西ドイツ代表でも6試合に出場した。その後、ブンデスリーガ史上最高額の802,000ドイツマルクでバイエルン・ミュンヘンに引き抜かれた。ユップ・カペルマン フレッシュアイペディアより)

648件中 11 - 20件表示

「ブンデスリーガ」のニューストピックワード