1099件中 11 - 20件表示
  • マリオ・ゲッツェ

    マリオ・ゲッツェから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    マリオ・ゲッツェ(Mario Götze, 1992年6月3日 - )は、ドイツ・バイエルン州メミンゲン出身のサッカー選手。ブンデスリーガ・ボルシア・ドルトムント所属。ドイツ代表。ポジションはミッドフィールダー。マリオ・ゲッツェ フレッシュアイペディアより)

  • ブルーノ・ペッツァイ

    ブルーノ・ペッツァイから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    1978年にはドイツ・ブンデスリーガの名門アイントラハト・フランクフルトへ移籍。守備の要としてUEFAカップ優勝やドイツ・カップ優勝に貢献する。1979年にはFIFA世界選抜に、1982年にはUEFAヨーロッパ選抜に選出されるなど、ワールドクラスのディフェンダーとして高い評価を得ていた。1979年から1982年までは4年連続でバロンドール(欧州年間最優秀選手賞)の候補に挙がり、いずれもベスト10まで残っていた。これはディフェンダーというポジションを考えれば快挙である。ブルーノ・ペッツァイ フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎加寿夫

    尾崎加寿夫から見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    尾崎 加寿夫(おざき かずお、1960年(昭和35年)3月7日 - )は、東京都出身の元サッカー選手、サッカー解説者。ポジションはフォワード。奥寺康彦に次いで日本人として2人目のサッカー・ブンデスリーガ \(ドイツ\)でプレーした選手となった。尾崎加寿夫 フレッシュアイペディアより)

  • ドイツサッカー連盟

    ドイツサッカー連盟から見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    5つの地域連盟と21の地区協会を持ち、ドイツ代表、女子代表などのチームの総括やブンデスリーガ、女子ブンデスリーガ、レギオナルリーガ(地域リーグ)を傘下にもつ。ドイツサッカー連盟 フレッシュアイペディアより)

  • オットー・レーハーゲル

    オットー・レーハーゲルから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    ドイツ西部ノルトライン=ヴェストファーレン州の工業都市エッセンで生まれる。第二次世界大戦後に父親を亡くしギムナジウム卒業後はペンキ職人見習いを務めていた。一方で地元のサッカークラブのTuSヘレネ・アルテネッセンやロートヴァイス・エッセンでディフェンダーとしてプレーを続け、1960年には西ドイツ五輪代表に選出され、一定の評価を得た。1963年にブンデスリーガが創設されるとヘルタ・ベルリンとプロ契約を結びレギュラーとして活躍。1965年にカイザースラウテルンに移籍した後、膝の怪我のため1972年に現役を引退した。ブンデスリーガ通算201試合に出場22得点を記録した。オットー・レーハーゲル フレッシュアイペディアより)

  • ラマザン・エーズガン

    ラマザン・エーズガンから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    ラマザン・エーズガン(Ramazan Özcan、トルコ語:ラマザン・オズジャン、1984年6月28日 - )は、オーストリア・ドルンビルン出身のサッカー選手。ブンデスリーガ・バイエル・レバークーゼン所属。オーストリア代表。ポジションはゴールキーパー。「ラマザン・エズガン」と表記されることもある。ラマザン・エーズガン フレッシュアイペディアより)

  • ミチェル・ランゲラク

    ミチェル・ランゲラクから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    2010年5月12日、メルボルンがドルトムントの三度目のオファーを受け入れ、ランゲラクはドルトムントと4年間の契約を結んだ。ドルトムント加入後、ブンデスリーガ2010-11シーズンにおいてランゲラクはクラブの第2ゴールキーパーとなり、リザーブチームではレギュラーになった。ミチェル・ランゲラク フレッシュアイペディアより)

  • アンドレアス・イベルツベルガー

    アンドレアス・イベルツベルガーから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    オーストリア3部に属するクラブ出身。ザルツブルク州選抜での活躍が認められ、2004年、当時ドイツ・ブンデスリーガに属していたSCフライブルクに移籍。降格後も同クラブに残り、ドイツ2部でレギュラーとしてプレーした。アンドレアス・イベルツベルガー フレッシュアイペディアより)

  • フェリックス・マガト

    フェリックス・マガトから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    引退後は古巣HSVを皮切りにドイツ国内の複数のクラブの監督を歴任。2001年から2004年まで率いたVfBシュトゥットガルトでの手腕が認められ、2004-05シーズンより名門バイエルン・ミュンヘンの監督に就任。ブンデスリーガとドイツカップを連覇し、二年連続で二冠を達成するなど輝かしい戦績を収めた。しかし、就任3年目の2006-07シーズンは一転して成績不振に陥り、年が明けた2007年1月31日に解任された。フェリックス・マガト フレッシュアイペディアより)

  • ライナー・ボンホフ

    ライナー・ボンホフから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    西ドイツユース代表として1969年9月にオランダで開催されたユーストーナメントに出場した際のプレーがヘネス・バイスバイラー監督の目に留まり、1970年1月にボルシア・メンヒェングラートバッハへ入団した。入団当初はフォワードを務め、ブンデスリーガデビュー戦となった同年8月のキッカーズ・オッフェンバッハ戦では初得点を決めたが、一方で未熟な選手と見做されていた。その後、バイスバイラーの下でディフェンダーとしての訓練を受けると共にプレスキッカーとしての専門的な訓練を受けると国際的な選手へと成長し、ベルティ・フォクツやユップ・ハインケスやアラン・シモンセンらと共にブンデスリーガ優勝4回 (1970-71, 1972-73, 1975-76, 1976-77) 、DFBポカール優勝1回(1972-73)、UEFAカップ優勝1回 (1974-75) に貢献した。ライナー・ボンホフ フレッシュアイペディアより)

1099件中 11 - 20件表示

「ブンデスリーガ」のニューストピックワード