648件中 21 - 30件表示
  • ダニエル・アトルンク

    ダニエル・アトルンクから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    ダニエル・アトルンク(Daniel Adlung, 1987年10月1日 - )は、ドイツ・フュルト出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。ブンデスリーガのエネルギー・コットブス所属。ダニエル・アトルンク フレッシュアイペディアより)

  • エウベル

    エウベルから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    ジオヴァネ・エウベル・デ・ソウザ(Giovane Élber de Souza、1972年7月23日 - )はブラジル出身の元サッカー選手。ポジションはフォワード。元ブラジル代表。前ブンデスリーガ外国人最多得点記録(133得点)保持者。2002-03シーズンにはトーマス・クリスチャンセンと並んで得点王を獲得した。エウベル フレッシュアイペディアより)

  • レッドブル・ザルツブルク

    レッドブル・ザルツブルクから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    豊富な資金力をバックにUEFAチャンピオンズリーグやUEFAカップ優勝の原動力となり、ドイツ・ブンデスリーガで長年活躍したトーマス・リンケ(元シャルケ04、バイエルン・ミュンヘン)、アレクサンダー・ツィックラー(元バイエルン・ミュンヘン)、アレクサンデル・クナヴス(元カイザースラウテルン、ボーフム)、ヴラティスラフ・ロクヴェンツ(元カイザースラウテルン、ボーフム)などが次々に加入、チーム力も飛躍的に上がりオーストリア・ブンデスリーガで準優勝を果たす。しかし2005-2006年のシーズン終了後、選手の移籍金問題でフロントと対立したためクルト・ヤーラは監督を解雇される。レッドブル・ザルツブルク フレッシュアイペディアより)

  • オットマー・ヒッツフェルト

    オットマー・ヒッツフェルトから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    現役時代はアマチュア、及びプロ選手としてスイスやドイツでプレー。現役時代のポジションはFW。スイスで大学にも通い、数学教師のライセンスを持っている。選手生活を退いた後に指導者としての道をスイスでスタート。 SCツーク、FCアーラウや グラスホッパー・チューリヒの監督としてスイス・カップやスイス1部リーグで優勝を果たす。スイスで名監督入りしたヒッツフェルトは、1991年に、ドイツ・ブンデスリーガで低迷していたボルシア・ドルトムントの監督に就任。対戦相手を徹底的に分析するとともに戦術に長け、ドイツ・ブンデスリーガ優勝2回、UEFAチャンピオンズリーグ優勝1回を果たした。オットマー・ヒッツフェルト フレッシュアイペディアより)

  • オリバー・レック

    オリバー・レックから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    1983年にキッカーズ・オッフェンバッハでデビュー。18試合に出場して1部リーグ昇格を果たすが、翌年に降格してしまう。1985年にヴェルダー・ブレーメンへと移籍。10年以上に亘って所属し、リーグタイトルやDFBポカール制覇のほか、クラブ史上初の国際タイトルとなるUEFAカップウィナーズカップも獲得した。1998年にシャルケ04へと移籍し、2003年に引退した。2002年9月2日のFCザンクトパウリ戦ではPKを蹴り、キャリア唯一の得点を挙げた。オリバー・レック フレッシュアイペディアより)

  • プロサッカークラブをつくろう! ヨーロッパチャンピオンシップ

    プロサッカークラブをつくろう! ヨーロッパチャンピオンシップから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    『プロサッカークラブをつくろう! EUROPE CHAMPIONSHIP』は、セガから2006年3月29日に発売されたサッカークラブ経営シミュレーションゲーム。通称『サカつくEU』。Jリーグが舞台だった従来の『プロサッカークラブをつくろう!』シリーズとは異なり、本作ではヨーロッパの6大リーグ(イングランド・フランス・ドイツ・イタリア・スペイン・オランダ)を題材としている。プロサッカークラブをつくろう! ヨーロッパチャンピオンシップ フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンダー・ツィックラー

    アレクサンダー・ツィックラーから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    翌年バイエルン・ミュンヘンへと移籍すると、実に12年間に渡って在籍。その間、バイエルンはブンデスリーガ優勝7回、UEFAチャンピオンズリーグ優勝1回、UEFAカップ優勝1回などの成績を残した。2005年からオーストリア・ブンデスリーガのレッドブル・ザルツブルクに所属しており、得点王やリーグ最優秀選手に輝いている。2010-11シーズンにLASKリンツへ移籍し同シーズンを持って現役引退。アレクサンダー・ツィックラー フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・レンジンク

    ミヒャエル・レンジンクから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    ミヒャエル・レンジング(Michael Rensing, 1984年5月14日 - )は、ドイツ・リンゲン出身のブンデスリーガ・バイエル・レバークーゼン所属のサッカー選手。ポジションはゴールキーパー。ミヒャエル・レンジンク フレッシュアイペディアより)

  • トム・トリブル

    トム・トリブルから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    トム・トリブル(Tom Trybull, 1993年3月9日 - )は、ドイツ・ベルリン出身のサッカー選手。ブンデスリーガ・ヴェルダー・ブレーメン所属。ポジションはミッドフィールダー。トム・トリブル フレッシュアイペディアより)

  • マルティン・デミチェリス

    マルティン・デミチェリスから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    2003年7月1日にドイツのバイエルン・ミュンヘンに移籍した。バイエルンにとって初のアルゼンチン人選手の獲得であった。9月27日のFCハンザ・ロストック戦でデビューし、2003-04シーズンは負傷離脱したトルステン・フリンクスに代わってセンターハーフの位置で出場することが多かった。このシーズンは戦線離脱を繰り返し、満足な結果を残せなかったが、2004年夏に就任したフェリックス・マガト監督の下で先発メンバーに定着し、2004-05シーズン、2005-06シーズンの2冠達成の重要な役割を担った。2007-08シーズンには自身の起用法をめぐってオットマー・ヒッツフェルト監督と対立した。ヒッツフェルト監督はデミチェリスをセンターハーフとしてプレーさせたがったが、デミチェリスはセンターバックでのプレーを希望し、クラブから1試合の出場停止処分を言い渡された。2009年夏にルイス・ファン・ハール監督が就任すると、若手のホルガー・バトシュトゥバーが積極的に起用され、デミチェリスの出場機会は減少した。2009-10シーズンはリーグ戦とカップ戦の2冠に輝き、UEFAチャンピオンズリーグでは決勝に進出したが、リーグ戦では21試合しか出場できない不完全燃焼のシーズンとなった。2010-11シーズン開幕戦のVfLヴォルフスブルク戦では招集メンバー入りを拒否し、他クラブへの移籍を志願すると、ファン・ハール監督もそれを了承した。マルティン・デミチェリス フレッシュアイペディアより)

648件中 21 - 30件表示

「ブンデスリーガ」のニューストピックワード