648件中 41 - 50件表示
  • ミヒャエル・ツォルク

    ミヒャエル・ツォルクから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    1978年にTuSエフィンク・リンデンホルストから入団して以来、1981年のブンデスリーガデビューからキャリアの全てをボルシア・ドルトムントで過ごしており、クラブ記録の463試合に出場。長年チームの主将を務め、ファンからも愛された選手である。クラブ歴代最多得点者でもある。ミヒャエル・ツォルク フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・シュルツ

    クリスティアン・シュルツから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    クリスティアン・シュルツ(Christian Schulz、1983年4月1日 - )は、ドイツのニーダーザクセン州、バッスム出身のサッカー選手。ブンデスリーガ、ハノーファー96所属。ポジションはDF。クリスティアン・シュルツ フレッシュアイペディアより)

  • オットー・レーハーゲル

    オットー・レーハーゲルから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    ドイツ・ブンデスリーガ優勝 2回(1988年、1993年)オットー・レーハーゲル フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐美貴史

    宇佐美貴史から見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    宇佐美 貴史(うさみ たかし、1992年5月6日 - )は、京都府長岡京市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・TSG1899ホッフェンハイム所属。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。妻はキャスターの宇佐美蘭。宇佐美貴史 フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・ゲッツェ

    マリオ・ゲッツェから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    マリオ・ゲッツェ(Mario Götze, 1992年6月3日 - )は、ドイツ出身のサッカー選手。ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントに所属している。ポジションはミッドフィールダー。ドイツ代表にも選出されており、ドイツサッカー連盟のスポーツディレクターを務めるマティアス・ザマーは、「これまで見てきた選手の中でも最高の逸材」と、評している。兄のファビアンもサッカー選手であり、ボーフム?に所属している。マリオ・ゲッツェ フレッシュアイペディアより)

  • フランソアウド・セナ・デ・ソウザ

    フランソアウド・セナ・デ・ソウザから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    かつてサンパウロ州選手権で得点王に輝いた実績や、ブンデスリーガでも2桁得点を記録したこともあり、柏では1トップで使われているが、典型的なストライカータイプのフォワードではなく、ボールキープ技術や多彩なパスを駆使して周りの選手を上手く使い、チームプレーに徹するゲームメーカータイプのフォワードである(本人も得点するよりアシストする方が好きであるとコメントしており、2009年の個人の目標にアシスト王を掲げていた。)。フランソアウド・セナ・デ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウラジーミル・ブット

    ウラジーミル・ブットから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    1992年にロシア・ファーストディビジョン(2部相当)所属のFCチェルノモレツ・ノヴォロシースクでサッカー選手としてのキャリアを始めた。1994年、17歳の時にブンデスリーガ所属のボルシア・ドルトムントに移籍。1993年9月27日に父親が死去した事も移籍の理由の一つとして語ってる。ボルシア・ドルトムントを率いていたオットマー・ヒッツフェルトはこの時点においてブットを"ダイヤモンドの原石"と述べるなど、ブットはヨーロッパで最も有望な選手の一人とみなされていた。ウラジーミル・ブット フレッシュアイペディアより)

  • ラース・リッケン

    ラース・リッケンから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    1993年にボルシア・ドルトムントに入団すると、1994年3月8日の対シュツットガルト戦で最年少記録となる17歳という若さでブンデスリーガデビューを飾った。1996-97シーズンのチャンピオンズリーグ決勝、対ユヴェントス戦では途中出場から16秒後にファーストタッチで見事なループシュートを決め、チームのタイトル獲得に貢献した。これらの活躍により将来のドイツ代表を背負って立つ逸材として注目を集めた。ラース・リッケン フレッシュアイペディアより)

  • ルシマール・ダ・シウヴァ・フェレイラ

    ルシマール・ダ・シウヴァ・フェレイラから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    SCインテルナシオナルで頭角を現し、2000年にドイツのバイヤー・レバークーゼンへの移籍を果たす。その後の活躍は目覚しく、2001-02シーズンのチームの大躍進にもアグレッシブな守備や積極的な攻撃で大いに貢献する。レアル・マドリード相手に敗退し準優勝だったUEFAチャンピオンズリーグ決勝でも、ベルント・シュナイダーのフリーキックから同点ゴールを決めている。レバークーゼンでは強烈なシュート力を活かし、直接ゴールを狙える長距離のフリーキックを任されることもあり、実際に得点を決めた事もある。ルシマール・ダ・シウヴァ・フェレイラ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・エンケ

    ロベルト・エンケから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    イェーナに生まれ、祖父母の家の庭でサッカーを始めた。故郷のFCカールツァイス・イェーナに入団し、1995年11月11日のハノーファー96戦で2. ブンデスリーガ(2部)デビューした。正GKのマリオ・ノイマンが3試合で14失点したことからエベルハルト・フォーゲル監督はエンケにプレーするチャンスを与え、11月中に3試合に出場した。その後はノイマンが正GKに復帰し、エンケの出場機会はなかった。1996年夏、ブンデスリーガ(1部)のボルシア・メンヒェングラートバッハに移籍し、最初の2シーズンは下部リーグに所属するU-23チームでプレーした。1998-99シーズン開幕前に守護神のウーベ・カンプスが負傷したためにFriedel Rausch新監督はエンケにデビューのチャンスを与え、1998年8月15日のシャルケ04戦でデビューして3-0と完封したが、すぐに控えGKに降格した。ロベルト・エンケ フレッシュアイペディアより)

648件中 41 - 50件表示

「ブンデスリーガ」のニューストピックワード