1099件中 41 - 50件表示
  • J SPORTS

    J SPORTSから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    2004年8月 - ドイツ・ブンデスリーガの放映権獲得(1999/2000シーズン以来。2006/07シーズンまで)。J SPORTS フレッシュアイペディアより)

  • グラーチ・ペーテル

    グラーチ・ペーテルから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    グラーチ・ペーテル(Gulácsi Péter 、1990年5月6日 - )は、ハンガリー・ブダペスト出身のプロサッカー選手。ハンガリー代表。ドイツ・ブンデスリーガ・RBライプツィヒ所属。ポジションは、ゴールキーパー。グラーチ・ペーテル フレッシュアイペディアより)

  • ピエール・リトバルスキー

    ピエール・リトバルスキーから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    ブンデスリーガでは406試合に出場して113得点を決め、欧州カップ戦には53試合に出場して16得点を決めた。ドイツ代表としては73試合に出場して18得点し、FIFAワールドカップに3度出場して1度の優勝と2度の準優勝という輝かしい成績を残した。2万2000人の観客を集めて行われたお別れ試合にはGKハラルト・シューマッハー、モアテン・オルセン、DFギド・ブッフバルト、トーマス・ヘスラー、MFローター・マテウス、FWカール=ハインツ・ルンメニゲなどの名選手がずらりと勢ぞろいし、試合に出場した選手とフランツ・ベッケンバウアー監督の代表キャップ数を合計すると1100にも上った。ピエール・リトバルスキー フレッシュアイペディアより)

  • ウラジーミル・ブット

    ウラジーミル・ブットから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    1992年にロシア・ファーストディビジョン(2部相当)所属のFCチェルノモレツ・ノヴォロシースクでサッカー選手としてのキャリアを始めた。1994年、17歳の時にブンデスリーガ所属のボルシア・ドルトムントに移籍。1993年9月27日に父親が死去した事も移籍の理由の一つとして語ってる。ボルシア・ドルトムントを率いていたオットマー・ヒッツフェルトはこの時点においてブットを"ダイヤモンドの原石"と述べるなど、ブットはヨーロッパで最も有望な選手の一人とみなされていた。ウラジーミル・ブット フレッシュアイペディアより)

  • ラース・リッケン

    ラース・リッケンから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    1993年にボルシア・ドルトムントに入団すると、1994年3月8日の対シュトゥットガルト戦で最年少記録となる17歳という若さでブンデスリーガデビューを飾った。1996-97シーズンのチャンピオンズリーグ決勝、対ユヴェントス戦では途中出場から16秒後にファーストタッチで見事なループシュートを決め、チームのタイトル獲得に貢献した。これらの活躍により将来のドイツ代表を背負って立つ逸材として注目を集めた。ラース・リッケン フレッシュアイペディアより)

  • プロサッカークラブをつくろう! ヨーロッパチャンピオンシップ

    プロサッカークラブをつくろう! ヨーロッパチャンピオンシップから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    『プロサッカークラブをつくろう! EUROPE CHAMPIONSHIP』は、セガ(現:セガゲームス)から2006年3月29日に発売されたサッカークラブ経営シミュレーションゲーム。通称『サカつくEU』。Jリーグが舞台だった従来の『プロサッカークラブをつくろう!』シリーズとは異なり、本作ではヨーロッパの6大リーグ(イングランド・フランス・ドイツ・イタリア・スペイン・オランダ)を題材としている。プロサッカークラブをつくろう! ヨーロッパチャンピオンシップ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・シューベルト

    アンドレ・シューベルトから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    アンドレ・シューベルト(André Schubert、1971年7月24日 - )は、ドイツ・ヘッセン州カッセル出身のサッカー選手。サッカー指導者。ブンデスリーガのボルシア・メンヒェングラートバッハの監督を務めている。アンドレ・シューベルト フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・ツォルク

    ミヒャエル・ツォルクから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    1978年にTuSエフィンク・リンデンホルストから入団して以来、1981年のブンデスリーガデビューからキャリアの全てをボルシア・ドルトムントで過ごしており、クラブ記録の463試合に出場。長年チームの主将を務め、ファンからも愛された選手である。クラブ歴代最多得点者でもある。ミヒャエル・ツォルク フレッシュアイペディアより)

  • マーティン・シュトランツル

    マーティン・シュトランツルから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    19歳でドイツ・ブンデスリーガでのデビューを果たす。1860ミュンヘンで6シーズンレギュラーとして活躍したあと、同リーグのVfBシュトゥットガルトへ移籍。同クラブでも初年度は期待通りの活躍を見せるが、2年目になると出場機会が減り、ウィンターブレイク中に活躍の場を求めてロシア・プレミアリーグの強豪スパルタク・モスクワへ移籍。すぐに不動のレギュラーとして定着し、ロシア・プレミアリーグでの準優勝やUEFAチャンピオンズリーグ本大会出場などを果たしている。2010-11シーズンのウインターブレイク中にボルシア・メンヒェングラートバッハへ移籍、ドイツ・ブンデスリーガへ復帰した。マーティン・シュトランツル フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・エンケ

    ロベルト・エンケから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    イェーナに生まれ、祖父母の家の庭でサッカーを始めた。故郷のFCカールツァイス・イェーナに入団し、1995年11月11日のハノーファー96戦で2. ブンデスリーガ(2部)デビューした。正GKのマリオ・ノイマンが3試合で14失点したことからエベルハルト・フォーゲル監督はエンケにプレーするチャンスを与え、11月中に3試合に出場した。その後はノイマンが正GKに復帰し、エンケの出場機会はなかった。1996年夏、ブンデスリーガ(1部)のボルシア・メンヒェングラートバッハに移籍し、最初の2シーズンは下部リーグに所属するU-23チームでプレーした。1998-99シーズン開幕前に守護神のウーベ・カンプスが負傷したためにFriedel Rausch新監督はエンケにデビューのチャンスを与え、1998年8月15日のシャルケ04戦でデビューして3-0と完封したが、すぐに控えGKに降格した。ロベルト・エンケ フレッシュアイペディアより)

1099件中 41 - 50件表示

「ブンデスリーガ」のニューストピックワード