648件中 71 - 80件表示
  • シュテファン・クンツ

    シュテファン・クンツから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    地元クラブボルシア・ノインキルヒェンのユースで育ったクンツは1983年から1999年まで現役を続け、ドイツ・ブンデスリーガで449試合に出場して179得点を挙げた。VfLボーフムやKFCユルディンゲン05、1.FCカイザースラウテルン、トルコのクラブであるベシクタシュJKなどでプレー。1985-86と1993-94の2シーズンでブンデスリーガの得点王となった。シュテファン・クンツ フレッシュアイペディアより)

  • ギュンター・ネッツァー

    ギュンター・ネッツァーから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    1944年9月14日に八百屋の息子として生まれたネッツァーは、1953年、9歳の時、1.FCメンヒェングラートバッハというクラブでサッカーを始める。1963年、ボルシアMGに移籍。1965-66年シーズンにボルシアMGとプロ契約を結び、ヘネス・ヴァイスヴァイラー監督の信頼を得て1973年まで230試合出場82ゴールの活躍を見せ、1969-70、1970-71シーズンのドイツ・ブンデスリーガ優勝や1972-73シーズンのドイツリーグカップ優勝などのタイトルを獲得し、個人としても1972年、1973年と2年連続でドイツ年間最優秀選手賞を受賞した。1973年のDFBポカール決勝、すでにレアル・マドリードへの移籍が決まっていたネッツァーをヘネス・バイスバイラー監督はベンチに座らせた。そして、同点で迎えた91分にネッツァーがピッチに立つと、3分後の94分にネッツァーは決勝ゴールを挙げた。ギュンター・ネッツァー フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・ゲントナー

    クリスティアン・ゲントナーから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    クリスティアン・ゲントナー(Christian Gentner、1985年8月14日 - )は、ドイツの同国代表サッカー選手。ドイツ、Nürtingen出身。ポジションはミッドフィールダー。ブンデスリーガ、VfBシュトゥットガルト所属。クリスティアン・ゲントナー フレッシュアイペディアより)

  • トミスラフ・マリッチ

    トミスラフ・マリッチから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    出身地はドイツだが、両親ともクロアチア人でクロアチア国籍も持つ。弟のマリオもクロアチア代表経験を持つサッカー選手。シュトゥットガルト・キッカーズ(当時2部)に所属していた1999-00シーズンには21得点を挙げて2部リーグ得点王に輝いた。更にこのシーズンのDFBポカールにて、キッカーズはボルシア・ドルトムント、SCフライブルク等、ブンデスリーガに所属する格上のクラブを次々に破り、準決勝まで進出する。マリッチは準々決勝フライブルク戦での決勝点を含む4得点の活躍で、この快進撃に大きく貢献した。翌2000-01シーズンにはブンデスリーガのVfLヴォルフスブルクへ移籍。2002年にはクロアチア代表に選出され、同年5月8日のハンガリー戦で代表デビューを飾った。トミスラフ・マリッチ フレッシュアイペディアより)

  • トマーシュ・ウイファルシ

    トマーシュ・ウイファルシから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    モラヴィア・スレスコ州のリーマジョフに生まれ、18歳の時にSKシグマ・オロモウツからデビューした。2000年12月、ドイツ・ブンデスリーガのハンブルガーSVに移籍し、12月10日のエネルギー・コットブス戦(2-1)でデビューしてフル出場した。2000-01シーズンは後半戦17試合のうち16試合に出場したが、チームは不調で58失点し、リーグ戦13位に終わった。2001-02シーズンも57点を奪われ、リーグ戦11位に終わった。2002-03シーズンは4位躍進に貢献したが、2003-04シーズンは酷い出来に逆戻りした。ハンブルガーSVではキャプテンを務めたこともあった。トマーシュ・ウイファルシ フレッシュアイペディアより)

  • ニコ・コヴァチ

    ニコ・コヴァチから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    ドイツ・ブンデスリーガ優勝1回 (2003)ニコ・コヴァチ フレッシュアイペディアより)

  • フランティシェック・ストラカ

    フランティシェック・ストラカから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    チェコスロバキアを含む共産圏では30歳になるまで国外への移籍は禁止されていた。そのため国際レベルのDFとしての実力を持ち、実際にドイツ・ブンデスリーガからのオファーがあったのにも関わらず国外への移籍を実現できなかった。1980年から1988年までチェコスロバキアリーグの強豪ACスパルタ・プラハ(現在はチェコのガンブリヌス・リーガ所属)でイワン・ハシェックやユリウス・ベーリックと共にプレーした。守備の要として223試合10得点の結果を残した。フランティシェック・ストラカ フレッシュアイペディアより)

  • レモ・マイヤー

    レモ・マイヤーから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    当時スイスリーグ所属のFCルツェルンでプロデビュー。2000年に同リーグのルザンヌ・スポーツへ移籍。同クラブでは97試合に出場、レギュラーとしての活躍が認められ、2002年に当時ドイツ・ブンデスリーガに属していたTSV1860ミュンヘンへ移籍。同リーグで42試合に出場。2004年にはドイツ2部への降格を経験するものの、同クラブに残留。ドイツ・ブンデスリーガ復帰を目指すが、目標は達成できず。2部では44試合に出場する。レモ・マイヤー フレッシュアイペディアより)

  • チネドゥ・オバシ・オグブケ

    チネドゥ・オバシ・オグブケから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    チネドゥ・オバシ・オグブケ(Chinedu Obasi Ogbuke, 1986年6月1日)は、ナイジェリア・エヌグ出身のサッカー選手。ドイツ・ブンデスリーガ・シャルケ04所属。ナイジェリア代表である。ポジションはフォワード。エドゥとも呼ばれる。チネドゥ・オバシ・オグブケ フレッシュアイペディアより)

  • ヤン・シムーネク

    ヤン・シムーネクから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    ヤン・シムーネク(Jan Šimůnek, 1987年2月20日 - )は、チェコのサッカー選手。チェコ、プラハ出身。ポジションはディフェンダー。ブンデスリーガ、1.FCカイザースラウテルン所属。ヤン・シムーネク フレッシュアイペディアより)

648件中 71 - 80件表示

「ブンデスリーガ」のニューストピックワード