1099件中 81 - 90件表示
  • アンドレアス・ヘルツォーク

    アンドレアス・ヘルツォークから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    長年に亘りドイツ・ブンデスリーガを代表するMFとして活躍、FCバルセロナも獲得に動いたオーストリアを代表するトッププレーヤー。左利きのゲームメーカーであることから「アルプスのマラドーナ」の異名を取る。アンドレアス・ヘルツォーク フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    ドイツでは、「ハーレンフースバル」と呼ばれる壁付のインドアサッカーが、ブンデスリーガの冬の中断期に行われている。この試合には、現役のブンデスリーガの選手やかつてのスター選手が参加している。サッカー大国の中では唯一フットサル代表チームを持たないほど、ドイツではフットサルの普及が遅れていた。しかし2006年に、第1回ドイツフットサル選手権が開催されている。フットサル フレッシュアイペディアより)

  • クラース・ヤン・フンテラール

    クラース・ヤン・フンテラールから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    2010年8月31日、1400万ユーロの移籍金で、ドイツ、ブンデスリーガのシャルケ04へ移籍した。移籍後初ゴールは2010年9月19日のボルシア・ドルトムント戦で、シャルケは1対3で敗れた。クラース・ヤン・フンテラール フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・チェルンドロ

    スティーブ・チェルンドロから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    1998-99シーズン終盤にブンデスリーガ2部のハノーファー96に加入。翌年右サイドバックのポジションを確保するも、シーズン終盤に膝の負傷で戦線離脱し、シドニーオリンピック出場のチャンスも逃すこととなった。翌2001-02シーズンは30試合に出場し、チームの1部昇格に貢献。ブンデスリーガ初挑戦となった2003-04シーズンもレギュラーを確保し、33試合に出場。2005年にはプレミアリーグのボルトン・ワンダラーズFCとの移籍がクラブ間合意に至るも契約を拒否し、ハノーファー残留を選択した。2010-11シーズンからはキャプテンを務めるなど名実ともに同クラブに欠かせない存在となり、15年間の在籍で通算出場試合数は370試合を記録している。スティーブ・チェルンドロ フレッシュアイペディアより)

  • ファビアン・ジョンソン

    ファビアン・ジョンソンから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    ファビアン・ジョンソン(Fabian Marco Johnson, 1987年12月11日 - )は、ドイツ・バイエルン州ミュンヘン出身ののサッカー選手。ポジションはMF及びDF。ブンデスリーガのボルシア・メンヒェングラートバッハ所属。アメリカ代表。ファビアン・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • アロン・ヨーハンソン

    アロン・ヨーハンソンから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    アロン・ヨーハンソン(Aron Jóhannsson 原語の発音;アロン・ヨーハンッソン, 1990年11月10日 - )は、アメリカ合衆国・アラバマ州モービル出身の同国代表のサッカー選手。ブンデスリーガのヴェルダー・ブレーメン所属。ポジションはセンターフォワード及びウイング。アロン・ヨーハンソン フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝から見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    昨年と同様、UEFAチャンピオンズリーグフェスティバルがミュンヘンのオリンピアパルクで5月16日から19日まで開催された。UEFA女子チャンピオンズリーグ 2011-12決勝戦のアンバサダーであり、2011 FIFA女子ワールドカップでは実行委員長を務めたとパウル・ブライトナーがホストを務め、オコチャやサニョルなどの元名選手たちによる子供向けのサッカークリニックやコーチングレッスンや女子サッカー、フットサルに関するイベントが開催された。また、4月20日にミュンヘン市に引き渡された UEFAチャンピオンズリーグおよびUEFA女子チャンピオンズリーグのトロフィーが展示され写真撮影が出来る他、チャンピオンズリーグ歴代の名選手の思い出の品を展示し、チャンピオンズリーグの歴史を紹介するミュージアム・オブ・チャンピオンズも開催された。また、5月19日にはカフー、ファン・デル・サール、シューケル、ゾラ、ラウドルップ、マクマナマン、シャピュイサなどのチェルシーの所属するプレミアリーグやバイエルン・ミュンヘンの所属するドイツ・ブンデスリーガで活躍した元名選手たちを中心とするワールド・オールスターズと、アンバサダーのパウル・ブライトナーが選ぶロベルト・コヴァチやリトバルスキー、マカーイ、ニコ・コヴァチなどドイツで活躍した元名選手たちにより結成されたFCバイエルン・オールスター&フレンズが対戦するアルティメット・チャンピオンズマッチが開催された。この試合はYouTubeを通して全世界にライブストリーム配信され、約32万人がオンラインで試合を観戦した。他にも、やなどのミュージシャンによるライブ演奏など、様々な催しが行われた。UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • アラン・シモンセン

    アラン・シモンセンから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    地元クラブ・ヴェイレBKで頭角を現しリーグ2連覇に貢献。この活躍がヘネス・バイスバイラー監督の目に留まり1972年ドイツの強豪ボルシア・メンヒェングラットバッハに移籍。中心選手のギュンター・ネッツァーが移籍した穴を埋め、ベルティ・フォクツらと共に1975年からブンデスリーガ3連覇に貢献した。アラン・シモンセン フレッシュアイペディアより)

  • トマーシュ・ウイファルシ

    トマーシュ・ウイファルシから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    2000年8月1日、ドイツのハンブルガーSVに移籍。12月10日のエネルギー・コットブス戦 (2-1) でデビューしてフル出場した。2000-01シーズンは後半戦17試合のうち16試合に出場したが、58失点を喫してリーグ戦13位に終わった。2001-02シーズンも57失点を喫し、リーグ戦11位に終わった。2002-03シーズンは4位に貢献したが、2003-04シーズンは8位に終わり。ハンブルガーではキャプテンを務めたこともあった。トマーシュ・ウイファルシ フレッシュアイペディアより)

  • トマシュ・クシュチャク

    トマシュ・クシュチャクから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    ポーランドのクロスノ・オドジャニスキェに生まれたクシュチャクは、2000年にブンデスリーガに属するヘルタ・ベルリンのセカンドチームに入団し、2001年にトップチームへの昇格を果たした。それから3季を同クラブで過ごしたが、ガーボル・キラーイ(en)、クリスティアン・フィートラー(en)の存在から第3GKであったためにブンデスリーガのリーグ戦には出場することは出来ずにいた。その後、チームとの契約が延長されなかったため、2004年7月14日にガリー・メグソン(en)監督率いるイングランド・プレミアリーグのウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCと3年契約を締結した。トマシュ・クシュチャク フレッシュアイペディアより)

1099件中 81 - 90件表示

「ブンデスリーガ」のニューストピックワード