121件中 41 - 50件表示
  • 枢密院 (タイ)

    枢密院 (タイ)から見たラーマ9世ラーマ9世

    2008年現在のラーマ9世の枢密院は、主として退役した軍の首脳と法曹界出身者で構成されている。枢密院 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • パーサック・チョンラシットダム

    パーサック・チョンラシットダムから見たラーマ9世ラーマ9世

    パーサック・チョンラシットダムは、タイ国王ラーマ9世の発案に基づき、洪水を防ぐために建設された、タイ王国における最長のダムである。管轄する農業・協同組合省によって、1994年12月2日に建設が始められた。パーサック・チョンラシットダム フレッシュアイペディアより)

  • タイ大使館焼き討ち事件

    タイ大使館焼き討ち事件から見たプミポンラーマ9世

    この暴動において、タイ人が慕っているプミポン国王の肖像が踏みつけられている写真が流出したこともあり、今度はタイ側で抗議が発生し、バンコクのカンボジア大使館に500人近いタイ人が集まり、カンボジア国旗を燃やすなどしたが、プミポン国王が「悪党の行動に反応してはならない」と発言したことで、沈静化した。タイ大使館焼き討ち事件 フレッシュアイペディアより)

  • チュワン・リークパイ

    チュワン・リークパイから見たラーマ9世ラーマ9世

    1992年、スチンダー政権は民主化勢力を武力で押さえ込もうとし、多数の死者を出す事件を起こした(暗黒の5月事件)。この事件はプミポン国王の調停により収束した。直後の出直し下院総選挙で民主党は第1党に躍進、チュワンは5党連立政権の首相に就任し、国民は軍人出身では無い文民のチュワンに期待を抱いた。チュワン・リークパイ フレッシュアイペディアより)

  • スチンダー・クラープラユーン

    スチンダー・クラープラユーンから見たラーマ9世ラーマ9世

    1991年2月23日にタイで軍事クーデターが発生した。このクーデターで権力を掌握した「国家平和維持評議会」の実質的な指導者として、陸軍司令官であったスチンダーは副議長として参画している。評議会は外交官であるアナン・パンヤーラチュンを首相に任命した。1992年3月22日におこなわれた総選挙においては、5つの政党がスチンダーを首相に指名し、4月7日に首相に就任したが、速やかな民主化を望んでいた国民の間には激しい反発が巻き起こった。5月17日にバンコクで発生した軍隊と市民との衝突においては、合計300人ほどの市民が死亡したと見られている。対立の激化を懸念した国王ラーマ9世は軍事政権側と民主化運動指導者チャムロン・シームアンとの調停に乗り出し、これによって5月24日にスチンダーは首相を辞任した。副首相を務めていたミーチャイ・ルチュパンが臨時首相となり、最終的には前首相のアナン・パンヤーラチュンが後任となった。スチンダー・クラープラユーン フレッシュアイペディアより)

  • 文化振興局 (タイ)

    文化振興局 (タイ)から見たラーマ9世ラーマ9世

    至高芸術家ホール()-ラーマ9世関連の美術館文化振興局 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • チュラポーン

    チュラポーンから見たラーマ9世ラーマ9世

    チュラポーン(HRH Princess Chulabhorn Walailak、タイ語:、1957年7月4日-)は、タイ王国・君主ラーマ9世とシリキット王妃の間に生まれた三女(第4子)で、王族以外と結婚したため、王位継承権はない。チュラポーン フレッシュアイペディアより)

  • マコーミック病院

    マコーミック病院から見たラーマ9世ラーマ9世

    1888年アメリカ合衆国長老派宣教団によって8床の病院としてピン川西岸に創設された(現在のタイ赤十字社の敷地)。1920年に宣教団のコート医学博士(E.C. Cort)が現在の病院敷地に新しい病院を建設し、「マコーミック病院」と命名。この名前は建設資金の寄贈者であるサイラス・マコーミック婦人(Cyrus McCormick)を顕彰して名づけられた。1929年には、マヒタラーティベートアドゥンラヤデートウィクロム=プラボーロムラーチャチャノック太上王(ラーマ9世の父)が勤務した。1949年に、米国長老派宣教団は病院経営をタイ国キリスト教団所属財団に委託した。それ以降タイ人による経営が行われることになった。現在なお私立総合病院として、医療活動を行っている。マコーミック病院 フレッシュアイペディアより)

  • ラーチャミトラーポーン勲章

    ラーチャミトラーポーン勲章から見たラーマ9世ラーマ9世

    ラーチャミトラポーン勲章(ラーチャミトラーポーンくんしょう)あるいはラジャミトラボーン勲章(ラジャミトラボーンくんしょう)は、ラーマ9世(プーミポンアドゥンラヤデート)によって創始されたタイ王国の勲章。正式名称は, 英語ではThe Most Auspicious Order of the Rajamitrabhor, なお略称はである。1962年にラーマ9世によって諸外国との友好関係が大いに発展し、外国の君主に対して贈ることがふさわしい勲章として創設され、タイ国内で最高位の勲章である。「ラーチャミトラーポーン」とは「王の友好の証」という意味である。ラーチャミトラーポーン勲章 フレッシュアイペディアより)

  • カオ・サームローイヨート海洋国立公園

    カオ・サームローイヨート海洋国立公園から見たラーマ9世ラーマ9世

    その後もこの地帯は風光明媚な場所として王室メンバーから愛され、特に「プラヤーナコーン洞窟」にはラーマ5世によってクーハークルハット宮殿という休息所が建てられた。またラーマ6世(ワチラーウット)やラーマ9世(プーミポン)も訪れている。カオ・サームローイヨート海洋国立公園 フレッシュアイペディアより)

121件中 41 - 50件表示

「プミポン国王」のニューストピックワード