121件中 51 - 60件表示
  • サーゴ (原子力潜水艦)

    サーゴ (原子力潜水艦)から見たラーマ9世ラーマ9世

    6月14日、サーゴは真珠湾でドック入りし、翌日タイ国王ラーマ9世および夫人のシリキットを乗せるための準備を行った。酸素タンクの交換作業中、後部魚雷室のハッチから引かれた酸素ラインに漏れが生じ着火した。Mk37魚雷の弾頭2発が爆発し、火災は劇的に広がり酸素ライン担当の乗組員に死傷者が生じた。気圧調節された酸素によって広がった火災は、ハッチを通って100フィート (30m) にわたって延焼した。造船所員および艦の乗組員は火災を押さえることが出来ず、艦長が艦に乗り込み艦を出渠させ、後部ハッチを開けたまま潜航を命じた。海水が流入して火災は鎮火し、サーゴは海峡で着底した。クレーン船によってサーゴは引き揚げられ、乾ドックで3ヶ月の修理が行われた。サーゴ (原子力潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • バンコク交響楽団

    バンコク交響楽団から見たラーマ9世ラーマ9世

    ラーマ9世の息子ワチラーロンコーン親王の庇護下にあるバンコク交響楽財団が運営するプロオーケストラ。財団ディレクターはスクム・ナワパン博士(??. ????? ???????)。クラシック音楽から、ポップ、タイの伝統曲に対応できる70名の所属のプロ団員を抱える。タイ国内のクラシック音楽普及、青少年への音楽教育も熱心に行っている。毎年フリーコンサート『コンサートインザパーク』をバンコク市内の公園で開催し、1993年には、ルンピニー公園で2500名の聴衆を集めた。 財政面では、王国からの支援を受けていないため、主に財団資産、個人企業からの寄付に頼っている。バンコク交響楽団 フレッシュアイペディアより)

  • プッタタート

    プッタタートから見たラーマ9世ラーマ9世

    1950年、タイ南部のボロマタートチャイヤー寺にて、ラーマ9世王の聖水注頂礼の祭主をつとめる。プッタタート フレッシュアイペディアより)

  • 柴沢民

    柴沢民から見たラーマ9世ラーマ9世

    1975年、中華人民共和国はタイ王国と国交を樹立し、柴澤民は初代駐タイ王国大使に就任した。柴澤民は2年半の在任期間中、総選挙を2回、クーデターを3回、首相を4名、政権を5つ、経験した。このような激動の環境下で職務を遂行したことについて、タイ国王ラーマ9世は外交上の偉大な成果として評価し、白象勲章を下賜した。柴沢民 フレッシュアイペディアより)

  • ウィマーンメーク宮殿

    ウィマーンメーク宮殿から見たラーマ9世ラーマ9世

    1982年、シリキット王妃の求めによりラーマ9世の勅許が下され、ウィマーンメーク宮殿は、写真類や由緒の品々などを展示してラーマ5世を顕彰する博物館として、また、タイの国家的文化遺産として公開されるべく、改装されることになった。ウィマーンメーク宮殿 フレッシュアイペディアより)

  • 松葉剛

    松葉剛から見たプミポン国王ラーマ9世

    1992年より1年間、タイのマヒドン大学ASEAN保健開発研究所に留学。プミポン国王よりプライマリ・ヘルス・ケア管理学修士授与(1993年)。松葉剛 フレッシュアイペディアより)

  • トンチャイ・メーキンタイ

    トンチャイ・メーキンタイから見たラーマ9世ラーマ9世

    『キング・プーミポンズ・ゴールデン・ジュビリー ()』1996年 プーミポン国王即位50周年記念*トンチャイ・メーキンタイ フレッシュアイペディアより)

  • 七角形

    七角形から見たラーマ9世ラーマ9世

    2011年12月、タイで国王ラーマ9世の誕生日を祝い、世界初の七角形の切手が発売された。七角形 フレッシュアイペディアより)

  • 総帥

    総帥から見たラーマ9世ラーマ9世

    ラーマ9世 - タイ軍総帥(タイ国王が兼任する旨定められている)総帥 フレッシュアイペディアより)

  • タイ国立天文学研究所

    タイ国立天文学研究所から見たラーマ9世ラーマ9世

    2004年7月20日、内閣は科学技術省に、2004年のバンコク・ラタナコーシン王朝開朝200年、2007年の国王80歳を記念し、国立天文学研究所の設立を指示する。学術と観光の振興を目指し、タイ国の最高地点であるチエンマイ県インタノン山山頂に国立天文台の建設を計画した。タイ国立天文学研究所 フレッシュアイペディアより)

121件中 51 - 60件表示

「プミポン国王」のニューストピックワード