121件中 71 - 80件表示
  • 秋篠宮文仁親王

    秋篠宮文仁親王から見たラーマ9世ラーマ9世

    前年7月18日に死去したタイ国王ラーマ9世生母シーナカリンの葬儀参列のため。秋篠宮文仁親王 フレッシュアイペディアより)

  • 日泰関係

    日泰関係から見たプミポンラーマ9世

    1963年6月4日、プミポン国王の内意によりタイ政府関係者が靖国神社を代理参拝。タイ海軍の練習艦隊乗組員(士官候補生)によって靖国神社の正式参拝も行われている。日泰関係 フレッシュアイペディアより)

  • 大楠道代

    大楠道代から見たラーマ9世ラーマ9世

    1968年、タイの首都バンコクで2月11日から15日まで開催された「バンコク日本映画週間」に、同じ女優のいしだあゆみ、大原麗子、早瀬久美、山本陽子と一緒に出席した。初日には同国のプミポン国王とシリキット王妃が出席して、『日本のいちばん長い日』(1967年、東宝)を鑑賞した。大楠道代 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国陸軍

    タイ王国陸軍から見たラーマ9世ラーマ9世

    2006年9月20日、ソンティ陸軍司令官を中心とする「民主改革評議会」がクーデターを起こしてタイ全土を掌握した。憲法及び憲法裁判所と上下議会は停止され、ラーマ9世を評議会の議長に、またソンティ司令官を暫定首相に据えた暫定政権が発足した。ソンティ暫定首相は国民にできるだけ早く主権を返還するとして暫定政権を発足させた。民政移管後も政治勢力としての影響力をほぼ回復している。タイ王国陸軍 フレッシュアイペディアより)

  • ジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク

    ジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュクから見たラーマ9世ラーマ9世

    ブータンの王子として、2006年6月12日から13日にかけてタイのバンコクを訪問し、ラーマ9世国王の在位60周年式典に25ヶ国の王族と共に出席した。端正な容姿と気さくな振舞いでタイ女性の間で人気となり、彼が去った後もタイの新聞社は数週間に渡って彼を「理想の男性」と呼んで、彼に関する毎日の話題や写真とブータンの観光に関する記事を掲載した。また、タイでは彼の写真集も発売されている。ジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク フレッシュアイペディアより)

  • シーナカリンウィロート大学

    シーナカリンウィロート大学から見たラーマ9世ラーマ9世

    1949年(昭和24年)に教員養成のための国立師範学校を母体に設立。名称は現プミポン国王の母親であるシーナカリンタラー=ボーロマラーチャチョンナニー王太后にちなんでいる。シーナカリンウィロート大学 フレッシュアイペディアより)

  • 8月16日

    8月16日から見たラーマ9世ラーマ9世

    1983年 - プム・ジェンセン、タイ国王ラーマ9世の孫(+ 2004年)8月16日 フレッシュアイペディアより)

  • スマトラ島沖地震 (2004年)

    スマトラ島沖地震 (2004年)から見たラーマ9世ラーマ9世

    アンダマンに面する地域はリゾート地として知られており、津波の起こった地域では高級リゾート地などで多くの著名人の死亡が確認されている。ラーマ9世(プーミポン・アドゥンラヤデート)の孫であるプム・ジェンセンも津波に巻き込まれ、遺体で発見されている。スマトラ島沖地震 (2004年) フレッシュアイペディアより)

  • 12月5日

    12月5日から見たラーマ9世ラーマ9世

    タイ国王ラーマ9世の誕生日。12月5日 フレッシュアイペディアより)

  • ダム

    ダムから見たラーマ9世ラーマ9世

    シーナカリンダム(タイ):映画『戦場に架ける橋』の舞台となったクワイ川(クワイヤイ川)に、水力発電と治水を目的とした河川総合開発・クワイヤイ第一計画の中心事業として1980年に完成した高さ140メートルのロックフィルダム。日本の円借款および電源開発の技術協力で建設された。ダム名はタイ国王ラーマ9世の母であるシーナカリン王太后の名が冠され、計画名自体も途中からシーナカリン開発計画と改められた。ダム フレッシュアイペディアより)

121件中 71 - 80件表示

「プミポン国王」のニューストピックワード