121件中 81 - 90件表示
  • 黄色

    黄色から見たプミポン国王ラーマ9世

    タイ王国では、プミポン国王の生まれた曜日である月曜日の色であり、月曜日には多くの国民が黄色の服を着用する。黄色 フレッシュアイペディアより)

  • ラッチャダーピセーク

    ラッチャダーピセークから見たラーマ9世ラーマ9世

    特にラーマ9世(プーミポンアドゥンラヤデート)の即位25記念にこの語が用いられ、その後、ラッチャダーピセークを冠する教育施設等が多数誕生した。なおバンコクにはこの語が用いられたラッチャダーピセーク通りがある。ラッチャダーピセーク フレッシュアイペディアより)

  • 君主制廃止論

    君主制廃止論から見たラーマ9世ラーマ9世

    タイ王国では政治家同士の対立によって流血騒動が起きたとき、プミポン国王の鶴の一声によって騒動が一気に鎮静化したため、タイ国民の国王に対する信頼は以前にも増して高まっており、タイでは王制廃止はほとんど唱えられていない。ただし、タイで王政廃止の主張が展開されない理由として、タイでは王制廃止を目指す共産主義政党が最近まで非合法政党とされていたことや、不敬罪規定により王室批判は事実上不可能であることも指摘されている。2007年3月には、YouTubeに投稿された、プミポン国王の顔への落書き映像が“不敬である”として、政府が削除要請を拒否したYouTubeへの接続を遮断した。君主制廃止論 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見たプミポン国王ラーマ9世

    なお、この頃より日本や欧米諸国の大企業の進出を背景にした本格的な工業化へのシフトを進めるとともに、それらを背景にした高度経済成長が始まり、バンコクなどの大都市を中心にインフラストラクチャーの整備も急速に進むこととなる。1992年には5月流血革命が発生したものの、プミポン国王の仲裁により収まった。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災に対するアジア諸国の対応

    東日本大震災に対するアジア諸国の対応から見たラーマ9世ラーマ9世

    :援助を表明。同国外務省は在日タイ人の安否確認などを行う対策本部を設置。プミポン国王夫妻は3月12日に、「地震と津波で甚大な被害が出たことを深く悲しんでいる。両陛下と全ての日本国民に心からの弔意を表す」と弔意を表する書簡を送った。アピシット・ウェーチャチーワ首相は、国民向けテレビ番組で「日本は長年にわたる開発のパートナーであり、重要な友好国」と述べ、支援する姿勢を明確にした。また、毛布や食料など救援物資のために2億バーツ相当の予算を組む予定だと明かした。同月13日にはレスキュー隊員と捜索救助犬の派遣を決め、日本の大学を卒業した医師35人の派遣も検討している。タイ政府は義援金の送付をすでに決めていたが、国民からの援助物資の受付や義捐金を受け付ける銀行口座を設置、3月25日までに政府より500万バーツ、国王夫妻より500万バーツが日本赤十字社に寄付された他、支援物資としてワチラーロンコーン皇太子より毛布2万枚、王女より救助袋15,550セット、寝袋1000式、缶詰9000缶、タイ政府・国民から即席麺2万4000個、缶詰1万9200個、飲料水1万5000本、懐中電灯400個を贈っている。タイ政府は5月9日にも日本語が話せる医療支援チームの派遣を予定しており、被災者の方々、特に小児に対する感染症防御のための支援活動を予定している。東日本大震災に対するアジア諸国の対応 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たラーマ9世ラーマ9世

    HS-TGD :タイ国王ラーマ9世の王位75周年を記念した「ロイヤルバージ」。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • タイの歴史

    タイの歴史から見たラーマ9世ラーマ9世

    アーナンタ・マヒドン王(ラーマ8世)は翌1946年に多少不可解な状況の死に方をしており、公式見解としては銃の手入れ中の暴発事故だという。彼に続いてプーミポン・アドゥンラヤデート(ラーマ9世)が即位し、タイ王国で最も長く王位に就き、タイ国民に非常に人気のある君主となった。日本の敗北以来、米英を支持した自由タイ(Free Thai、???????)というタイ人の団体の支援によって、泰米関係は軍事面に置いて非常に親密な関係を保っていた。タイの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見たプミポン国王ラーマ9世

    ソンティ司令官側のスポークスマンは、タクシンによる非常事態宣言は無効にし、戒厳令、憲法を無効にすること等の布告・声明を発表し、後に2006年9月20日夕刻に、プミポン国王がソンティ司令官の行政改革団の暫定首班就任を承認したことにより、タクシン政権の崩壊と非常事態宣言の無効が確定した。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • ラームカムヘーン

    ラームカムヘーンから見たラーマ9世ラーマ9世

    碑文の中でラームカムヘーンは「ポークン(父)」と呼ばれ、彼の温情主義に基づいた施政は、ラーマ9世(プミポーン)やサリット・タナラットら後世のタイ国王や政治家にも影響を与えた。ラームカムヘーン フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ8世

    ラーマ8世から見たラーマ9世ラーマ9世

    後にこの事件に関してラーマ9世の協力の下で調査した小説家でジャーナリストでもあるウィリアム・スティーブンソンはその著作・革命の王(原題:The Revolutionary King)で証拠を提示し、旧日本軍の参謀・辻政信による犯行の可能性が高いと示唆した。しかしながら辻政信の記録、『潜行三千里』によれば辻は1945年にタイを脱出しており、1946年6月9日は中国にいたことから、わざわざバンコクまで戻りラーマ8世を暗殺するのは不自然であるともいえる。ラーマ8世 フレッシュアイペディアより)

121件中 81 - 90件表示

「プミポン国王」のニューストピックワード

  • のりピーAV

  • LIVE EGG BUDOKAN 〜shibuya eggman 35周年大感謝祭〜

  • MBSヤングタウン土曜日