前へ 1 2 3 4 5 6 7
68件中 1 - 10件表示
  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見た昭和天皇

    長きに亘ってアジアにおける数少ない独立国であり続け、共に君主制を採り続けてきたタイの王室と日本の皇室は歴史的に縁が深く、国王自身も1963年5月に初来日し、当時の皇居仮宮殿で昭和天皇と会談を行っている他、今上天皇と皇后とも数度に渡り会談を行っている。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たエリザベス2世

    2008年8月22日の米経済誌『フォーブス』(アジア版)の『「世界で最も裕福な王族」ランキング(日本の皇室は除く)』の示すところによると、2008年にタイ王室がバンコクに所有する土地などの資産が公開されたため、前年推定額の約7倍となり〔前年1位のアラブ首長国連邦 (UAE) のアブダビ首長国のハリファ首長(推定230億ドル)を2位に後退させ、以下、サウジアラビアのアブドラ国王を3位(210億ドル)、ブルネイのボルキア国王を4位(200億ドル)、UAEのドバイ首長国のムハンマド首長を5位(180億ドル)と産油国の王族を始め、欧州リヒテンシュタインのアダム2世を6位(50億ドル)、モナコのアルベール2世を9位(14億ドル)、英国のエリザベス女王を12位(6.5億ドル)と抑えて、推定資産額350億ドル(約3兆8000億円)のラーマ9世が一躍世界の頂点に躍り出ることとなった。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たヤマハ

    なお、日本製品を日常に数多く使用することでも知られ、一時期王宮内の移動用にホンダ・アコードを3代に渡り使用していた他、キヤノンの一眼レフカメラを長年愛用している。また日本楽器製造(現ヤマハ)はサクソフォーンを献上したことがある。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たキヤノン

    なお、日本製品を日常に数多く使用することでも知られ、一時期王宮内の移動用にホンダ・アコードを3代に渡り使用していた他、キヤノンの一眼レフカメラを長年愛用している。また日本楽器製造(現ヤマハ)はサクソフォーンを献上したことがある。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たサリット・タナラット

    サリット政権下で共産主義への対抗上、王室の政治利用が進められたことも影響しているという意見もあるが、いずれにしても様々な功績が評価され、国民の自発的な尊敬を集めているとして国内外から評価されているといわれる。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見た秋篠宮文仁親王

    また、タイを公式、非公式で訪れることの多い秋篠宮文仁親王を「我が子と同様」であるとして懇意にしている。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たスチンダー・クラープラユーン

    民政化途上に起きた「暗黒の5月事件」に際しては、軍を背景にするスチンダー首相と民主化運動グループの民間人指導者、チャムロンを玉座の前に等しく正座させ、「そんな事で国民のためになると思うか、双方ともいい加減にせよ」と叱りつけ、騒乱を一夜にして沈静化させた。「人間性が高く慈悲深い人物である」という、タイ国王が伝統的に行うべきとされるノブレス・オブリージュに一層の真実味を与えた一方で、ラーマ9世自身の政治的な成熟を見せつけ、権力のバランサーとしての側面を強調するものとなった。結果スチンダー内閣は解散し、同年の選挙以降タイ王国は民主主義国家となった。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たチャムロン・シームアン

    民政化途上に起きた「暗黒の5月事件」に際しては、軍を背景にするスチンダー首相と民主化運動グループの民間人指導者、チャムロンを玉座の前に等しく正座させ、「そんな事で国民のためになると思うか、双方ともいい加減にせよ」と叱りつけ、騒乱を一夜にして沈静化させた。「人間性が高く慈悲深い人物である」という、タイ国王が伝統的に行うべきとされるノブレス・オブリージュに一層の真実味を与えた一方で、ラーマ9世自身の政治的な成熟を見せつけ、権力のバランサーとしての側面を強調するものとなった。結果スチンダー内閣は解散し、同年の選挙以降タイ王国は民主主義国家となった。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見た皇后美智子

    長きに亘ってアジアにおける数少ない独立国であり続け、共に君主制を採り続けてきたタイの王室と日本の皇室は歴史的に縁が深く、国王自身も1963年5月に初来日し、当時の皇居仮宮殿で昭和天皇と会談を行っている他、今上天皇と皇后とも数度に渡り会談を行っている。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たアブダビ首長国

    2008年8月22日の米経済誌『フォーブス』(アジア版)の『「世界で最も裕福な王族」ランキング(日本の皇室は除く)』の示すところによると、2008年にタイ王室がバンコクに所有する土地などの資産が公開されたため、前年推定額の約7倍となり〔前年1位のアラブ首長国連邦 (UAE) のアブダビ首長国のハリファ首長(推定230億ドル)を2位に後退させ、以下、サウジアラビアのアブドラ国王を3位(210億ドル)、ブルネイのボルキア国王を4位(200億ドル)、UAEのドバイ首長国のムハンマド首長を5位(180億ドル)と産油国の王族を始め、欧州リヒテンシュタインのアダム2世を6位(50億ドル)、モナコのアルベール2世を9位(14億ドル)、英国のエリザベス女王を12位(6.5億ドル)と抑えて、推定資産額350億ドル(約3兆8000億円)のラーマ9世が一躍世界の頂点に躍り出ることとなった。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
68件中 1 - 10件表示

「プミポン国王」のニューストピックワード