68件中 31 - 40件表示
  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見た日本

    2006年6月には即位60周年を祝う祝賀行事が国を挙げて執り行われ、ベルギー、サウジアラビア、オランダなど世界24か国の現在君主制を採る国々から国王、皇太子を始めとする王族、日本からも天皇・皇太子ら皇族が参列し、ラーマ9世の即位60年を祝った。一般市民も国王の誕生色である黄色のシャツを着用して街を埋め尽くし、盛大な祭りとなった。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たアラブ首長国連邦

    2008年8月22日の米経済誌『フォーブス』(アジア版)の『「世界で最も裕福な王族」ランキング(日本の皇室は除く)』の示すところによると、2008年にタイ王室がバンコクに所有する土地などの資産が公開されたため、前年推定額の約7倍となり〔前年1位のアラブ首長国連邦 (UAE) のアブダビ首長国のハリファ首長(推定230億ドル)を2位に後退させ、以下、サウジアラビアのアブドラ国王を3位(210億ドル)、ブルネイのボルキア国王を4位(200億ドル)、UAEのドバイ首長国のムハンマド首長を5位(180億ドル)と産油国の王族を始め、欧州リヒテンシュタインのアダム2世を6位(50億ドル)、モナコのアルベール2世を9位(14億ドル)、英国のエリザベス女王を12位(6.5億ドル)と抑えて、推定資産額350億ドル(約3兆8000億円)のラーマ9世が一躍世界の頂点に躍り出ることとなった。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たスイス

    学業はスイスのローザンヌ大学で修めた。学業中にいったん休学し、第二次世界大戦終結後の1945年にタイへ帰国するが、翌年の1946年6月9日に兄・ラーマ8世が怪死したため、兄王の死の12時間後にタイ国王に即位。その後すぐにローザンヌ大学へ復帰し、1952年に帰国した。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たホンダ・アコード

    なお、日本製品を日常に数多く使用することでも知られ、一時期王宮内の移動用にホンダ・アコードを3代に渡り使用していた他、キヤノンの一眼レフカメラを長年愛用している。また日本楽器製造(現ヤマハ)はサクソフォーンを献上したことがある。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たタイ語

    『奇跡の名犬物語・世界一賢いロイヤル・ドッグ トーンデーン』タイ語??????ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たアメリカ合衆国

    1927年12月5日に、アメリカのマサチューセッツ州ケンブリッジに生まれる。ラーマ5世の69番目の子息、ソンクラーナカリン王子を父に持つ。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見た国王

    2006年6月には即位60周年を祝う祝賀行事が国を挙げて執り行われ、ベルギー、サウジアラビア、オランダなど世界24か国の現在君主制を採る国々から国王、皇太子を始めとする王族、日本からも天皇・皇太子ら皇族が参列し、ラーマ9世の即位60年を祝った。一般市民も国王の誕生色である黄色のシャツを着用して街を埋め尽くし、盛大な祭りとなった。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たブルネイ

    2008年8月22日の米経済誌『フォーブス』(アジア版)の『「世界で最も裕福な王族」ランキング(日本の皇室は除く)』の示すところによると、2008年にタイ王室がバンコクに所有する土地などの資産が公開されたため、前年推定額の約7倍となり〔前年1位のアラブ首長国連邦 (UAE) のアブダビ首長国のハリファ首長(推定230億ドル)を2位に後退させ、以下、サウジアラビアのアブドラ国王を3位(210億ドル)、ブルネイのボルキア国王を4位(200億ドル)、UAEのドバイ首長国のムハンマド首長を5位(180億ドル)と産油国の王族を始め、欧州リヒテンシュタインのアダム2世を6位(50億ドル)、モナコのアルベール2世を9位(14億ドル)、英国のエリザベス女王を12位(6.5億ドル)と抑えて、推定資産額350億ドル(約3兆8000億円)のラーマ9世が一躍世界の頂点に躍り出ることとなった。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たリヒテンシュタイン

    2008年8月22日の米経済誌『フォーブス』(アジア版)の『「世界で最も裕福な王族」ランキング(日本の皇室は除く)』の示すところによると、2008年にタイ王室がバンコクに所有する土地などの資産が公開されたため、前年推定額の約7倍となり〔前年1位のアラブ首長国連邦 (UAE) のアブダビ首長国のハリファ首長(推定230億ドル)を2位に後退させ、以下、サウジアラビアのアブドラ国王を3位(210億ドル)、ブルネイのボルキア国王を4位(200億ドル)、UAEのドバイ首長国のムハンマド首長を5位(180億ドル)と産油国の王族を始め、欧州リヒテンシュタインのアダム2世を6位(50億ドル)、モナコのアルベール2世を9位(14億ドル)、英国のエリザベス女王を12位(6.5億ドル)と抑えて、推定資産額350億ドル(約3兆8000億円)のラーマ9世が一躍世界の頂点に躍り出ることとなった。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たオーストラリア

    一般的にタイ国民からの敬愛を受け続けているが、反王制派思想やアジア人に対する侮蔑的感情を持つ外国人等による批判を受けることもあり、たとえ自国民でなくても不敬罪を以って処される。2007年に国王のポスターに黒ペンキを塗布したスイス人男性には禁固10年(最高刑は75年)、著書で王室を批判したオーストラリア人男性が今年1月に懲役3年の実刑判決を受けたケースがある。しかしながら諸外国の政府や国民からの評価は高く、NHKラジオ深夜便の海外レポートコーナーなどで紹介する際も、「(タイ国民が)敬愛するプミポン国王」という表現が使われることが多い。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

68件中 31 - 40件表示

「プミポン国王」のニューストピックワード