68件中 41 - 50件表示
  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たラジオ深夜便

    一般的にタイ国民からの敬愛を受け続けているが、反王制派思想やアジア人に対する侮蔑的感情を持つ外国人等による批判を受けることもあり、たとえ自国民でなくても不敬罪を以って処される。2007年に国王のポスターに黒ペンキを塗布したスイス人男性には禁固10年(最高刑は75年)、著書で王室を批判したオーストラリア人男性が今年1月に懲役3年の実刑判決を受けたケースがある。しかしながら諸外国の政府や国民からの評価は高く、NHKラジオ深夜便の海外レポートコーナーなどで紹介する際も、「(タイ国民が)敬愛するプミポン国王」という表現が使われることが多い。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見た皇族

    2006年6月には即位60周年を祝う祝賀行事が国を挙げて執り行われ、ベルギー、サウジアラビア、オランダなど世界24か国の現在君主制を採る国々から国王、皇太子を始めとする王族、日本からも天皇・皇太子ら皇族が参列し、ラーマ9世の即位60年を祝った。一般市民も国王の誕生色である黄色のシャツを着用して街を埋め尽くし、盛大な祭りとなった。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たベトナム

    タイは立憲君主制ではあるものの、1992年まで実質的には軍事政権の国家であり、国王は政権の傀儡に過ぎなかった。ラーマ9世は官僚や軍部の調停役として権威を強化し、国民からも絶大な支持と敬愛を集めていった。また、共産主義化の波を受け、1960年代から1970年代にかけてベトナムやカンボジアなど東南アジア諸国が混乱に陥った時も、タイ情勢の収拾に政治的手腕を見せた。ラーマ9世によってタイ王家はラーマ7世以来失墜した地位を大きく回復したといえる。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たタイ王国

    ラーマ9世(、1927年12月5日 - )は、チャクリー王朝第9代のタイ国王(在位:1946年6月9日 - )。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見た立憲君主制

    タイは立憲君主制ではあるものの、1992年まで実質的には軍事政権の国家であり、国王は政権の傀儡に過ぎなかった。ラーマ9世は官僚や軍部の調停役として権威を強化し、国民からも絶大な支持と敬愛を集めていった。また、共産主義化の波を受け、1960年代から1970年代にかけてベトナムやカンボジアなど東南アジア諸国が混乱に陥った時も、タイ情勢の収拾に政治的手腕を見せた。ラーマ9世によってタイ王家はラーマ7世以来失墜した地位を大きく回復したといえる。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見た皇室

    長きに亘ってアジアにおける数少ない独立国であり続け、共に君主制を採り続けてきたタイの王室と日本の皇室は歴史的に縁が深く、国王自身も1963年5月に初来日し、当時の皇居仮宮殿で昭和天皇と会談を行っている他、今上天皇と皇后とも数度に渡り会談を行っている。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見た外国人

    一般的にタイ国民からの敬愛を受け続けているが、反王制派思想やアジア人に対する侮蔑的感情を持つ外国人等による批判を受けることもあり、たとえ自国民でなくても不敬罪を以って処される。2007年に国王のポスターに黒ペンキを塗布したスイス人男性には禁固10年(最高刑は75年)、著書で王室を批判したオーストラリア人男性が今年1月に懲役3年の実刑判決を受けたケースがある。しかしながら諸外国の政府や国民からの評価は高く、NHKラジオ深夜便の海外レポートコーナーなどで紹介する際も、「(タイ国民が)敬愛するプミポン国王」という表現が使われることが多い。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見た皇太子

    2006年6月には即位60周年を祝う祝賀行事が国を挙げて執り行われ、ベルギー、サウジアラビア、オランダなど世界24か国の現在君主制を採る国々から国王、皇太子を始めとする王族、日本からも天皇・皇太子ら皇族が参列し、ラーマ9世の即位60年を祝った。一般市民も国王の誕生色である黄色のシャツを着用して街を埋め尽くし、盛大な祭りとなった。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見た暗黒の5月事件

    民政化途上に起きた「暗黒の5月事件」に際しては、軍を背景にするスチンダー首相と民主化運動グループの民間人指導者、チャムロンを玉座の前に等しく正座させ、「そんな事で国民のためになると思うか、双方ともいい加減にせよ」と叱りつけ、騒乱を一夜にして沈静化させた。「人間性が高く慈悲深い人物である」という、タイ国王が伝統的に行うべきとされるノブレス・オブリージュに一層の真実味を与えた一方で、ラーマ9世自身の政治的な成熟を見せつけ、権力のバランサーとしての側面を強調するものとなった。結果スチンダー内閣は解散し、同年の選挙以降タイ王国は民主主義国家となった。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見た仏教

    1950年4月、フランス滞在中に出会ったシリキット・キッティヤーコーンと結婚する。彼女も王族であり、ラーマ9世の従姉妹にあたる。同年5月6日に戴冠。その後1956年にはタイの仏教の伝統に基づき、仏門に入り一時的に俗世間を離れ、還俗(再び俗世に復帰)した。この期間はシリキット王妃が摂政として一部公務を代行した。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

68件中 41 - 50件表示

「プミポン国王」のニューストピックワード

  • のりピーAV

  • LIVE EGG BUDOKAN 〜shibuya eggman 35周年大感謝祭〜

  • MBSヤングタウン土曜日