68件中 51 - 60件表示
  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たカンボジア

    タイは立憲君主制ではあるものの、1992年まで実質的には軍事政権の国家であり、国王は政権の傀儡に過ぎなかった。ラーマ9世は官僚や軍部の調停役として権威を強化し、国民からも絶大な支持と敬愛を集めていった。また、共産主義化の波を受け、1960年代から1970年代にかけてベトナムやカンボジアなど東南アジア諸国が混乱に陥った時も、タイ情勢の収拾に政治的手腕を見せた。ラーマ9世によってタイ王家はラーマ7世以来失墜した地位を大きく回復したといえる。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たベルギー

    2006年6月には即位60周年を祝う祝賀行事が国を挙げて執り行われ、ベルギー、サウジアラビア、オランダなど世界24か国の現在君主制を採る国々から国王、皇太子を始めとする王族、日本からも天皇・皇太子ら皇族が参列し、ラーマ9世の即位60年を祝った。一般市民も国王の誕生色である黄色のシャツを着用して街を埋め尽くし、盛大な祭りとなった。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たフワヒン

    2009年9月19日に発熱などのため再びシリラート病院に入院、翌10月中旬には容態に関する噂が流れたためタイ王室庁が国王は快方に向かっていると強調するなど、タイ国民の間で不安が高まっているとされている。2012年5月に一時退院し、アユタヤ県の洪水対策工事の視察に出かけ健在をアピールした。現在、世界で最も在位期間の長い国王であり、タイ史上においても稀にみる長い期間王位に就いている。現在は高齢のため普段はフワヒンにあるクライカンウォン宮殿に居し、公務の数を減らしている。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たサクソフォン

    留学時代よりジャズを好み、自らサクソフォンを演奏するほか自ら作曲も行う。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たフランス

    1950年4月、フランス滞在中に出会ったシリキット・キッティヤーコーンと結婚する。彼女も王族であり、ラーマ9世の従姉妹にあたる。同年5月6日に戴冠。その後1956年にはタイの仏教の伝統に基づき、仏門に入り一時的に俗世間を離れ、還俗(再び俗世に復帰)した。この期間はシリキット王妃が摂政として一部公務を代行した。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たタイの国王

    ラーマ9世(、1927年12月5日 - )は、チャクリー王朝第9代のタイ国王(在位:1946年6月9日 - )。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たヨット

    若い時にはヨットを嗜み、東南アジア競技大会において優勝するほど熱中した。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見た共産主義

    タイは立憲君主制ではあるものの、1992年まで実質的には軍事政権の国家であり、国王は政権の傀儡に過ぎなかった。ラーマ9世は官僚や軍部の調停役として権威を強化し、国民からも絶大な支持と敬愛を集めていった。また、共産主義化の波を受け、1960年代から1970年代にかけてベトナムやカンボジアなど東南アジア諸国が混乱に陥った時も、タイ情勢の収拾に政治的手腕を見せた。ラーマ9世によってタイ王家はラーマ7世以来失墜した地位を大きく回復したといえる。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たイギリス

    2008年8月22日の米経済誌『フォーブス』(アジア版)の『「世界で最も裕福な王族」ランキング(日本の皇室は除く)』の示すところによると、2008年にタイ王室がバンコクに所有する土地などの資産が公開されたため、前年推定額の約7倍となり〔前年1位のアラブ首長国連邦 (UAE) のアブダビ首長国のハリファ首長(推定230億ドル)を2位に後退させ、以下、サウジアラビアのアブドラ国王を3位(210億ドル)、ブルネイのボルキア国王を4位(200億ドル)、UAEのドバイ首長国のムハンマド首長を5位(180億ドル)と産油国の王族を始め、欧州リヒテンシュタインのアダム2世を6位(50億ドル)、モナコのアルベール2世を9位(14億ドル)、英国のエリザベス女王を12位(6.5億ドル)と抑えて、推定資産額350億ドル(約3兆8000億円)のラーマ9世が一躍世界の頂点に躍り出ることとなった。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たチットラダー宮殿

    2007年10月中旬には、右半身の不調を訴えたためにシリラート病院に入院し、脳血流障害の診断が下された。その後投薬治療を受け急速に回復に向かい、11月7日に退院した際には、病院前からチットラダー宮殿までの沿道に、黄色の服を着た数万人の市民が集まって退院を祝ったほか、記帳者の数も100万人を超えたと報じられた。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

68件中 51 - 60件表示

「プミポン国王」のニューストピックワード