前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
204件中 1 - 10件表示
  • トヨタ自動車

    トヨタ自動車から見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    1997年(平成9年)、「21世紀に間に合いました」というフレーズで世界初の動力分割式ハイブリッド車、プリウスを市場に送り出した。業界では時期尚早と見られていた「エコカー」を、他に先駆けて成功させた。また同年発表しヒットモデルとなったハリアーは、クロスオーバー車、高級SUVという新たなジャンルを生むことになり、その後他社がこぞって追随した。また、本田技研工業に続き南米市場向けにフレックスエンジン車を投入する。トヨタ自動車 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・ZRエンジン

    トヨタ・ZRエンジンから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    ZZ型エンジンの後継機として、中型車に搭載されている。2006年後半より、日本市場ではE140系カローラシリーズを皮切りに、ノア・ヴォクシーやウィッシュ、アイシスなどのミドルクラスのミニバン等に搭載されている。アトキンソンサイクル(実際はミラーサイクル)仕様も30系プリウスより採用された。トヨタ・ZRエンジン フレッシュアイペディアより)

  • トップ・ギア

    トップ・ギアから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    しかし「単純にアジアのメーカーだから叩いている」というわけではなく、日本車に対しては、日産・GT-Rを手放しで絶賛し、マツダ・ロードスターは「フェラーリ430スパイダー」と同じ楽しみが安い値段で味わえると高評価を与えられている他、上記のように企画内で欧米メーカーの車と同等、もしくはそれ以上に扱われていることが多い。しかしトヨタ車(レクサス含む)は幾度となくこき下ろされている。例としてレクサス・SC(Z40)に対して「最も醜いデザイン」と言われた上、走りに関してもヒュンダイ・クーペ(GK)との比較インプレでヒュンダイが上とも取れる発言をされてしまった。IS-Fは「糊バケツ」と酷評している。上記LFAのインプレでも炸裂している他、ブランドに対してもかなりきつくこき下ろされている。世界戦略車のカローラも没個性なスタイリングを理由に過激な表現の餌食となった。さらにプリウスには事あるごとにボロボロに貶しており、「忌々しいエコボックス」と言ったり、玄米や肝油に例えて「つまらない」と言ったりするなどと手厳しい。初代型は50口径機関銃で文字通り蜂の巣にしてしまい、2代目は(プリウス側がかなり不利な条件とは言え)BMW M3との燃費対決で負かして酷評している。ただし前述のハイラックス2.4-Dの耐久性を絶賛されたり、トヨタ・86については「スペックは大したことなく、見た目も内装もあまり良くない」としながらも「近年乗った車の中では最高に楽しい一台」「初代MX-5以来の興味深い車」と主に乗り心地の面で高評価を与えられており、単にトヨタ車だからという理由で酷評しているわけではなく、気にいったポイントはきちんと評価している。トップ・ギア フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・オーリス

    トヨタ・オーリスから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    2010年1月21日、欧州で生産開始予定のオーリスハイブリッドにはトヨタ・プリウスと同じ1.8L2ZR-FXE型エンジンが搭載されることが報道され、同時に市販車のプロトタイプがジュネーブモーターショーで発表されることも報道された。トヨタ・オーリス フレッシュアイペディアより)

  • ネッツ店

    ネッツ店から見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    2009年5月 プリウスがフルモデルチェンジに伴い、取り扱いを開始。これに伴い、ネッツトヨタ店で一旦取扱いを休止していたセダンの取扱いが再開した。ネッツ店 フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー

    ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    まず単純投票により最終候補として7車種を選定、そのなかから5車種以上に最高10点まで配点する。この投票方法では受賞決定に要する支持の多寡に大きな差が出ることが問題として指摘されている。例えば2005年にはトヨタ・プリウスが37人からの最高得点を得て計406点で1位を受賞したのに対し、2006年にはルノー・クリオが235点の得票で1位となったが、同車に10点満点を投票したジャーナリストは僅か一人であった。ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー フレッシュアイペディアより)

  • 比較広告

    比較広告から見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    2009年には、トヨタの“新型プリウス”のカタログで、ホンダの“インサイト”(具体的な車名は載せてはいないが、比較対象となる市販のハイブリッド車は他には無いのですぐにわかる)との優位性を強調したものがあったが、あまりにも露骨かつ蔑ました内容(自車の優位性を自転車に例えてトヨタはアスリート2人、“他社”の方は普通のお父さんと子どもが漕いでいる、というもの)のため、ホンダ側の申し入れにより刷り直し分からは特に通知もなく削除された。比較広告 フレッシュアイペディアより)

  • プリウスエコドライブα

    プリウスエコドライブαから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    「クドチカ」こと「工藤智佳」が「トヨタ・プリウス」に乗って、青森県内の観光施設を巡り、紹介する番組である。プリウスエコドライブα フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のSUPER GT

    2012年のSUPER GTから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    カテゴリーB車両(BRZとプリウスなど)に限り、14インチ幅のタイヤ、パドルシフトおよびトラクションコントロールシステムの使用が認められ、FIA-GT車両とのバランスを取る為に、リストリクター径拡大等の措置も同時に行われている。当初は2011年限りでエントリー不可とされていたカテゴリーCおよびD車両については、新規の参戦は認められず、前年度までエントリーしていたチーム及び車両のみ参加が可能となっている(リストリクター径の拡大はされているが、基本的にほぼ2011年と同じレギュレーションで走らなければいけないとされる)。2012年のSUPER GT フレッシュアイペディアより)

  • 豊田章男

    豊田章男から見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    2010年1月、新型プリウスをめぐる世界規模でのリコール問題が拡大するなか、ダボス会議への出席を優先。表舞台での対応は佐々木真一副社長らに委ね、豊田が記者会見を開いたのは2月5日であった。就任以来、一度も単独インタビュ?に応じたことがなく、こうした豊田の対応は「製品品質ではなく、経営者の質の問題」「世界標準を満たしていない」と問題視されており、夕刊フジでは豊田を「こども社長」(トヨタのCMシリーズこども店長になぞらえたもの)と揶揄するネット掲示板での評価を伝えている。2月24日にはアメリカ合衆国下院監視・政府改革委員会の公聴会に出席し、リコール問題についての質疑応答が実施された。なお、豊田は英語で応じることもできたが、この時は正確に意味を伝えるためにあえて通訳を介して質問に答えた。豊田章男 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
204件中 1 - 10件表示

「プリウス」のニューストピックワード