前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
277件中 1 - 10件表示
  • トヨタ・カローラ

    トヨタ・カローラから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    クラウンやランドクルーザー、そして後発のプリウス、ヴィッツと並ぶトヨタの代表的な車種で、日本において特に普及した大衆乗用車シリーズの一つである。2017年2月現在、日本の本格的な小型の大衆乗用車のブランド(商標)としては11代51年(セダンの場合)と最も息が長く、また、2017年2月現在の時点において日本市場に現存する大衆向け小型普通自動車全体のブランドでは1963年登場のマツダ・ファミリア(乗用車は1963年 - 2004年(→アクセラ)、商用車は継続中)に次いで2番目の長命ブランドとなっている。トヨタ・カローラ フレッシュアイペディアより)

  • ネッツ店

    ネッツ店から見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    なお、ネッツ店の専売車種のテレビCM・新聞広告には、改称時からトヨタのシンボルマークである「T」マークを掲載していない。併売車種についても、カタログ表紙のデザインが大幅に異なっていて、たとえプリウス、アクア、SAI等の全店併売車種であってもネッツ店のカタログだけは表紙が異なっている。また、他のトヨタ系列店と比較して併売車種が少ない。色は水色。ネッツ店 フレッシュアイペディアより)

  • タクシー

    タクシーから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    トヨタ・カムリ、トヨタ・シエナ、トヨタ・プリウス、ホンダ・シビック、フォード・トーラスなどタクシー フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ自動車

    トヨタ自動車から見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    奥田は創業家出身の会長の章一?を後ろ盾に、業績が下降していたトヨタを再生させ、積極的な海外販路拡大路線を開始した。1997年に高級SUVの先駆けとなるハリアーと、世界初の量産ハイブリッドカープリウスの販売を開始し、1999年のヴィッツ発売を機に張富士夫に社長の座を譲った。張は奥田の海外販路拡大路線を推進し、2002年 頃以降は年間50万台ものペースで海外販売台数が急拡大し始めた。2003年 に2代目プリウスの販売を開始したが、この成功は「ハイブリッドカーを擁する環境先進企業・トヨタ」のイメージを確立させる事に成功した。2000年から部品の設計開発段階からの原価低減を目指したCCC21活動を開始し、ピーク時の2003年に3,000億円の原価低減を達成した。2003年3月末集計における従業員数は65,551人、トヨタグループの連結子会社の合計は264,096人で日本最大、世界で第三位の企業規模となった。2004年に旧ネッツ店とビスタ店を統合して新生・ネッツ店として再出発した。トヨタ自動車 フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー

    ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    まず単純投票により最終候補として7車種を選定、そのなかから5車種以上に最高10点まで配点する。この投票方法では受賞決定に要する支持の多寡に大きな差が出ることが問題として指摘されている。例えば2005年にはトヨタ・プリウスが37人からの最高得点を得て計406点で1位を受賞したのに対し、2006年にはルノー・クリオが235点の得票で1位となったが、同車に10点満点を投票したジャーナリストは僅か一人であった。ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・ZRエンジン

    トヨタ・ZRエンジンから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    ZZ型エンジンの後継機として、中型車に搭載されている。日本市場では2006年10月以降よりE140系カローラシリーズを皮切りに、ノア・ヴォクシーやウィッシュ、アイシスなどのミドルクラスのミニバン等に順次搭載されている。アトキンソンサイクル仕様も30系プリウスより採用され、50系プリウスでは自動車用の量産ガソリンエンジンとして世界トップの熱効率(40%)を実現した。トヨタ・ZRエンジン フレッシュアイペディアより)

  • トップ・ギア

    トップ・ギアから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    世界戦略車のカローラも、没個性なスタイリングを理由に過激な表現の餌食となった。さらにプリウスには事あるごとにボロボロに貶しており、「忌々しいエコボックス」と言ったり、玄米や肝油に例えて「つまらない」と言ったりするなどと手厳しい。初代型は50口径機関銃で射撃の的にして、文字通り蜂の巣にしてしまい、2代目は(プリウスのスリップストリームを利用する条件の)BMW M3との燃費対決で負かして酷評している。トップ・ギア フレッシュアイペディアより)

  • ハイブリッドカー

    ハイブリッドカーから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    トヨタハイブリッドシステム(THS):1997年にハイブリッド専用車プリウス用として登場。当車の大成功により、スプリット方式は販売台数から現在の主流(主にトヨタ車)となっている。SKYACTIV TECHNOLOGYのひとつとして搭載された「SKYACTIV-HYBRID」はトヨタからTHSの供給を受けて自社エンジンに合わせたものである。ハイブリッドカー フレッシュアイペディアより)

  • セダン

    セダンから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    近年ではクーペとして分類されることもあり、メルセデス・ベンツ・CLSクラス、およびメルセデス・ベンツ・CLAクラスではそれぞれ4ドアクーペとしている。また、マツダ・アテンザスポーツや2代目以降のトヨタ・プリウス、2代目以降のホンダ・インサイト、欧州向け7代目三菱・ランサー(5ドア車)(日本名・ギャランフォルティス スポーツバック)のようにノッチバック(あるいはショートノッチバック)セダン風に見せた5ドアハッチバック車もファストバック(カムバック)セダンと呼ばれる場合がある。なお、2017年現在、新車で販売されているハッチバック機構を持たない純粋なファストバックセダンとしては現時点ではFC型10代目ホンダ・シビックセダンがこれに該当する。セダン フレッシュアイペディアより)

  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー

    日本カー・オブ・ザ・イヤーから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    カー・オブ・ザ・イヤー:プリウス(トヨタ)日本カー・オブ・ザ・イヤー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
277件中 1 - 10件表示

「プリウス」のニューストピックワード