277件中 11 - 20件表示
  • トヨタ・オーリス

    トヨタ・オーリスから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    また、2010年からハイブリッド仕様のオーリスハイブリッドが発売された。ハイブリッド仕様では、エクステリアを一部変更することにより、空力性能を高めており、基本的にプリウスと同じシステムを採用している。トヨタ・オーリス フレッシュアイペディアより)

  • ヒュンダイ・アイオニック

    ヒュンダイ・アイオニックから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    独自開発の新型ハイブリッドシステム、「DCT-TMED」を採用。ハイブリッドカーとの組み合わせとしては世界初となる専用設計の軽量デュアルクラッチトランスミッションを独自のハイブリッドシステムと組み合わせ、空気抵抗を極限まで減少させたデザイン(Cd値:0.24)などによって、燃費は韓国政府共同告示基準では史上最高の22.4km/Lに達し、同じ韓国基準での新型(4代目)プリウスの21.9km/Lを上回っている。またアメリカでも、米環境保護庁(EPA)基準の燃費は58MPGで、同じEPA基準の4代目プリウスの公表値(56MPG)を上回った。ヒュンダイ・アイオニック フレッシュアイペディアより)

  • レクサス・LSハイブリッド

    レクサス・LSハイブリッドから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    ハイブリッドのメカニズムはトヨタ「プリウス」などと基本的には同じものであり、動力分割機構・モーター・ジェネレーター(発電機)で構成されたトランスミッションに、2段変速式リダクション機構(副変速機)を有している。この動力分割機構をによってジェネレーターの回転を自在に変化させ、ギヤ比を無段階にコントロールし、滑らかな走りを実現する電気式の「無段変速機(CVT)」として機能させているのが特徴である。また、トランスミッションに組み込まれた2段変速式リダクション機構はGS450hと同様、低速域から高速域までの幅広い速度域で、モーターの効率の良い領域を使用できる。発進時や低速域での加速時は、2段変速式のローギヤを使用することで、力強い加速性能を実現するとともに、中・高速域では、2段変速式のハイギヤを使用し、高速クルージングに対応するのとともに、効率のよいエネルギー回生が可能になった。AWDのLS600hでは、FRのGS450hやFFのプリウス等に対して、4輪全てで回生を行うため高効率と安定した制動性能を実現することが可能となった。GS450hでは採用されなかったEVモードも採用され、フル充電状態では約1 km程度(約40 km/h以下)でモーターのみでの走行が可能となり、早朝や深夜の住宅街などでさらに静かに走ることができる。レクサス・LSハイブリッド フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・SAI

    トヨタ・SAIから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    トヨタブランドとしてはプリウスの発売以来12年ぶり、2車種目のハイブリッド専用モデルとして2009年に発売された。プリウスの上位クラスに位置するアッパーミドルクラス版のハイブリッドカーとして販売されており、先に発売されていたレクサスブランドのハイブリッドカー、HS250h(以下HS)とは姉妹車の関係にある。なお、当モデルは日本国内専売である。トヨタ・SAI フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ・メビウス

    ダイハツ・メビウスから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    「メビウス」はダイハツでは2車種目となるハイブリッドカーで、プリウスシリーズのステーションワゴン「プリウスα」の同型車種となる。なお、ダイハツで(2列・3列問わずに)乗用ワゴンを取り扱うのは、2012年3月に販売を終了したブーンルミナス(小型ミニバン)以来、1年1か月振りである。ただし、純粋なステーションワゴンに限定すれば、1963年4月に登場し、1969年4月に販売を終了したコンパーノワゴン以来、実に44年振りとなる。ダイハツ・メビウス フレッシュアイペディアより)

  • ドラGO!

    ドラGO!から見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    ただし、レンタル車両の「P5」(クラウン、クラウン・マジェスタ)、「HV3」(SAI、カムリ)、「HV4」(クラウン・アスリート&ロイヤルハイブリッド)、「SP1」(トヨタ・86)クラスの車両は使用されず、また一部地域のトヨタレンタカーで扱われるアベンシス、FJクルーザー、プリウスPHVなどは原則として使われない。ドラGO! フレッシュアイペディアより)

  • トヨペット店

    トヨペット店から見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    プリウス(全てのトヨタ取扱販売店で扱う)トヨペット店 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・インサイト

    ホンダ・インサイトから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    スタイルはライバルの「トヨタ・プリウス」に対抗するために5ドアハッチバックになった。プリウスが3ナンバーなのに対し、こちらは5ナンバーに留まった。コストダウンのため初代のアルミフレームボディを採用せず、既存のフィットなどのコンポーネントをベースに極限まで軽量化を施した。同社他機種と部品をおよそ1万点共通化し、ニッケル水素バッテリーは初代の20本(7.2V×20本=144V)、2代目シビックハイブリッドの11本(14.4V×11本=158V)に対し、性能を向上させた結果7本(14.4V×7本=100V)までに削減するなど徹底した効率化を図った。その結果、価格は北米市場でベースモデルで2万ドル、日本市場でベースグレードとなる「G」はオーディオ・レスながら車体価格180万円(消費税込189万円)で発売された。ホンダ・インサイト フレッシュアイペディアより)

  • 愛知トヨタ自動車

    愛知トヨタ自動車から見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    2011年に初開催された「プリウスカップ」全国大会にて2011年(第1回)、2013年(第2回)、2016年(第3回)と3連覇を達成している。愛知トヨタ自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 頭文字D ARCADE STAGE

    頭文字D ARCADE STAGEから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    2011年3月3日に稼動。「AA」は「ダブルエース」と読む。使用基板がRINGEDGEに変更され、新たにタッグマッチ機能も搭載される。2010年8月27日、『頭文字D Arcade Stage 5』公式ホームページにてロケテスト実施を発表した。追加車種は初期はホンダ・NSX、日産・フェアレディZ Z33、三菱・ランサーエボリューションXの三台。さらに5月16日からトヨタ・FT-86 G Sports Conceptが、8月10日には日産・GT-Rが追加された。さらに2012年8月9日にプリウスS"TOURING selection"(ZVW30)が追加された。この3台については隠し車両であるため、それぞれある条件を果たせば使用可能となる。条件については公式サイトを参照。新コースに「碓氷」、「椿ライン」が追加された。そして6月20日からArcade Stage Ver.3に登場した「秋名・雪」が復活。さらに12月15日から「定峰」が登場。2013年8月30日の18:00をもってオンラインサービスが終了した。頭文字D ARCADE STAGE フレッシュアイペディアより)

277件中 11 - 20件表示

「プリウス」のニューストピックワード