204件中 21 - 30件表示
  • トヨタ・アクア

    トヨタ・アクアから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    アクア(AQUA)は、トヨタ自動車が2011年に製造・販売を開始した小型ハイブリッド専用車(スプリット方式)である。生産はトヨタ自動車東日本岩手工場(岩手県胆沢郡)が担当する。日本国内で「プリウス」を名乗っていないが、事実上、トヨタ・プリウスの派生車種である。トヨタ・アクア フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・エスティマ

    トヨタ・エスティマから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    エスティマハイブリッドは、2001年6月に登場したトヨタ自動車ではプリウスに次いで二番目、ミニバンでは初となる市販のハイブリッドカーである。重量がおよそ1.85トン、排気量2.4Lのガソリンエンジンを搭載する車両ながら10・15モードで18.0km/l(マイナーチェンジ後は18.6km/l)の低燃費を達成している。トヨタ・エスティマ フレッシュアイペディアより)

  • 頭文字D ARCADE STAGE

    頭文字D ARCADE STAGEから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    2011年3月3日に稼動。「AA」は「ダブルエース」と読む。使用基板がRINGEDGEに変更され、新たにタッグマッチ機能も搭載される。2010年8月27日、『頭文字D ARCADE STAGE 5』公式ホームページにてロケテスト実施を発表した。追加車種は初期はホンダ・NSX、日産・フェアレディZ Z33、三菱・ランサーエボリューションXの三台。さらに5月16日からトヨタ・FT-86 G Sports Conceptが、8月10日には日産・GT-Rが追加された。さらに2012年8月9日にプリウスS"TOURING selection"(ZVW30)が追加された。この3台については隠し車両であるため、それぞれある条件を果たせば使用可能となる。条件については公式サイトを参照すること。頭文字D ARCADE STAGE フレッシュアイペディアより)

  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー

    日本カー・オブ・ザ・イヤーから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    カー・オブ・ザ・イヤー:プリウス(トヨタ)日本カー・オブ・ザ・イヤー フレッシュアイペディアより)

  • セダン

    セダンから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    近年ではクーペとして分類されることもあり、メルセデス・ベンツ CLSクラスでは4ドアクーペとして分類している。また、マツダ・アテンザスポーツや2代目トヨタ・プリウス、欧州向け7代目三菱・ランサー(5ドア車)(日本名・ギャランフォルティス スポーツバック)のように3ボックスセダン風に見せた5ドアハッチバック車もファストバックセダンと呼ばれる場合がある。セダン フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・SAI

    トヨタ・SAIから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    トヨタブランドとしてはプリウスの発売以来12年ぶり、2車種目のハイブリッド専用モデルとして2009年に発売された。先に発売されていたレクサスブランドのハイブリッドカー、HS250h(以下、「HS」と表記)とは姉妹車の関係にある。なお、当モデルは日本国内専売である。トヨタ・SAI フレッシュアイペディアより)

  • 愛知トヨタ自動車

    愛知トヨタ自動車から見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    2011年に初開催された「プリウスカップ」全国大会にて総合優勝を果たしている。愛知トヨタ自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 土浦自動車学校

    土浦自動車学校から見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    普通自動車第一種・第二種 - ホンダ・シビック、トヨタ・プリウス、BMW・318i、ホンダ・ステップワゴン、ホンダ・CR-V、ホンダ・ストリーム、ホンダ・オデッセイ土浦自動車学校 フレッシュアイペディアより)

  • 御堀直嗣

    御堀直嗣から見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    「未来カー・新型プリウス―エンジニアたちの挑戦」 (日経BP社、2004年)御堀直嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎 めぐみ

    岡崎めぐみから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    トヨタ プリウス (2005年)押田恵と共演岡崎めぐみ フレッシュアイペディアより)

204件中 21 - 30件表示

「プリウス」のニューストピックワード