204件中 31 - 40件表示
  • 愛知万博の入場者数問題

    愛知万博の入場者数問題から見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスG-ツーリングセレクション愛知万博の入場者数問題 フレッシュアイペディアより)

  • 和田明広

    和田明広から見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    1956年、名古屋大学工学部卒業。同年、トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)に入社。主にボディー設計のエンジニアとしてコロナ、セリカなどの車種開発に従事。1986年トヨタ自動車取締役、1994年同社副社長に就任。トヨタ自動車副社長の時には、プロジェクトの最高責任者として、プリウスの開発を指揮した。その後、1999年アイシン精機代表取締役会長に就任。2005年からは相談役に就任している。和田明広 フレッシュアイペディアより)

  • 高以 亜希子

    高以亜希子から見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    プリウス(トヨタ自動車) 2005年-2005年8月 (WEBムービー)高以亜希子 フレッシュアイペディアより)

  • ガソリンエンジン

    ガソリンエンジンから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    通常はクランク機構で回転軸に出力する。燃焼は混合気の体積が最小になる付近の短時間に一気に行われるため、容積がほぼ一定で燃焼する。このため定積燃焼サイクル、または開発者の名前からオットーサイクルと呼ばれる。なお、一時期日本のマツダがリショルム・コンプレッサと組み合わせたミラーサイクル機関を量産していた。また、 トヨタのハイブリッドカーであるプリウスのエンジンはアトキンソンサイクル機関と称しているがミラーサイクル機関そのものである。また、2ストロークエンジンはクラークサイクルである。ガソリンエンジン フレッシュアイペディアより)

  • 杭瀬自動車学校

    杭瀬自動車学校から見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウス(路上教習用)杭瀬自動車学校 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井 千夏

    藤井千夏 (声優)から見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    トヨタ プリウス(2007年)ナレーター藤井千夏 (声優) フレッシュアイペディアより)

  • モデル事業

    モデル事業から見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    経済産業省モデル事業「長崎県EV・PHVタウン」- 主要プロジェクト,トヨタ・プリウス貸出モデル事業 フレッシュアイペディアより)

  • RechargeIT

    RechargeITから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    Google従業員が変換プラグインで運転した2年間の収集データに加えて、RechargeITは、従来型ガソリン車3台、通常のハイブリッド車2台、プラグインに変換したフォード・エスケープ・ハイブリッドとトヨタ・プリウスの2台を使用して、管理された試験を開始した。変換したプラグインの7週間にわたる走行実験の結果によると、全走行を通した平均燃費はUSガロンあたり93.5マイル (2.52 L/100 km; 112.3 mpg-imp)、市街地走行はUSガロンあたり115.1マイル (2.044 L/100 km; 138.2 mpg-imp) であり、それは実験をした全ての走行条件の最大値に達した。 以下は7週間にわたる走行実験の結果の概要。RechargeIT フレッシュアイペディアより)

  • ハイブリッド・バトル

    ハイブリッド・バトルから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    とある家庭で、クルマの買い換えに関する話が挙がった。その家庭の父親である半沢俊介(はんざわ しゅんすけ:石井正則)は自らのAE86レビンを手放すことを拒むものの、妻と子は独断でプリウスを購入してハチロクを下取りに出してしまった。その直後に俊介は妻と険悪なムードになるものの、すぐに仲直り。数日後、プリウスで湾岸を走っていてZ33に煽られたことをきっかけに走り屋の血が目覚めてしまい、プリウスのチューニングを開始する。ハイブリッド・バトル フレッシュアイペディアより)

  • 伏木悦郎

    伏木悦郎から見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    最初に購入したのは、ホンダ・シビック(初代、SB系)。その後ホンダ・プレリュードを経て、メルセデス・ベンツ190E(日本国内仕様では希少な5速MT)でFR車の良さを実感する。国産の小型車がほぼFF駆動かそれをベースにした4輪駆動で占められ、FR駆動は重量級の大型セダンばかりとなっていた1990年代、この事態に嘆いて「2,000cc程度の自然吸気エンジン搭載で、FR駆動の安価なスポーツカーを国内メーカーは出すべき」という提案を雑誌媒体などで繰り出した急先鋒となった。そして1999年にはその提案に適って発売されたばかりのトヨタ・アルテッツァとホンダ・S2000を連続して購入する意気込みを示した。その後、アルテッツァから2代目トヨタ・プリウスに乗り換える。2009年夏にはS2000も手放すが、自身のブログの自己紹介欄では現在も“FR絶対主義”を掲げているなどして、その信念は変わりない。伏木悦郎 フレッシュアイペディアより)

204件中 31 - 40件表示

「プリウス」のニューストピックワード