277件中 81 - 90件表示
  • Saints Row: The Third

    Saints Row: The Thirdから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    Solar (よく見かける5ドアのハッチバックセダン。モデルはトヨタ・プリウス)Saints Row: The Third フレッシュアイペディアより)

  • ハイブリッド・バトル

    ハイブリッド・バトルから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    とある家庭で、クルマの買い換えに関する話が挙がった。その家庭の父親である半沢俊介(はんざわ しゅんすけ:石井正則)は自らのAE86レビンを手放すことを拒むものの、妻と子は独断でプリウスを購入してハチロクを下取りに出してしまった。そのせいで夜に俊介は妻と険悪なムードになるものの、妻子の胸中を聞いた結果仲直りした。数日後、プリウスで湾岸を走っていてZ33に煽られたことをきっかけに走り屋の血が目覚めてしまい、プリウスのチューニングを開始する。ハイブリッド・バトル フレッシュアイペディアより)

  • イエローキャブ (タクシー)

    イエローキャブ (タクシー)から見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    2005年には、ハイブリッド車を積極的に導入する政策が始まり、これまでにフォード・エスケープ、トヨタ・プリウス、同ハイランダー、レクサス・RXなどのハイブリッド車が採用されている。イエローキャブ (タクシー) フレッシュアイペディアより)

  • 排気再循環

    排気再循環から見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    ガソリン機関では本格的なクールドEGRを採用することはあまり多くはなかったが、日本車ではトヨタ・プリウス(ZVW30)の2ZR-FXE型、レクサス・RX(GYL1#)の2GR-FXE型、マツダ・デミオ(DE)のP3-VPS型など燃費を重視した車両から採用されはじめ、後には軽自動車を含め多くの機種に採用されるようになった。また、クールドEGRではない外部EGRにおいても本格的な熱交換部位はなくとも、EGR装置に簡易的な熱交換部位を設けたり、流入経路を工夫するなど、クールドEGRとは言えないまでも何らかの形でガス温度の低下を図っている場合も多い。クールドEGRはノッキング対策にも有効であり、従来は点火時期を遅角(熱効率悪化)させることでノッキングを回避していた領域においても点火時期を維持する事ができ、省燃費性の向上には欠かせない技術となっている。排気再循環 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱・ミニカスキッパー

    三菱・ミニカスキッパーから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    ミニカ スキッパーは、三菱自動車工業が製造・販売していた軽自動車である。軽自動車ハイパワー競争の時代に三菱自動車から誕生したファーストバックスタイルのリトルスポーツ車、競合車はホンダ・Z、ダイハツ・フェローMAXハードトップ、スズキ・フロンテクーペなど。同社のギャランGTOを彷彿させるファーストバック&カットオフテール(カムテール)を採用し、リアエンドを大胆に切り落としている。リアコンビランプ上にはスクープドウインドウを装着している。これは日本車初のもので後方視界が損なわれやすいクーペの弱点を解消するために設けられたものであり、トランク内部が車外から見えないようにスモークガラスを採用、後のホンダ・CR-Xやホンダ・インサイト、トヨタ・プリウス(2代目以降)などがこの方式を採用している。三菱・ミニカスキッパー フレッシュアイペディアより)

  • 大衆車

    大衆車から見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    大衆向けでも家族3人以上で出かけることの多いニーズに向け、実用性と経済性に優れ、乗り降りしやすい3ボックススタイルのノッチバックセダン型の小型乗用車として開発され、のちにクーペ、ステーションワゴン、ライトバン、ハッチバックなどの派生モデルも追加され 幅広いニーズに応えた。元来、トヨタ自動車が国民車構想に反応して作られたのはパブリカであったが、コスト削減から全般的に省略され過ぎていたため、生き残ったのはこのカローラであった。しかしパブリカの販売戦略における経験はカローラに活かされ、同社の低価格帯車両は直接のパブリカ派生(事実上の後継)車種であるスターレット 、およびターセル・コルサ・カローラIIを経てヴィッツ及びそのセダンであるプラッツ→ベルタ、トールワゴン仕様のファンカーゴ→ラクティスと、パッソとアクアが受け継いでいった。カローラは高信頼かつ高品質なファミリーカーへ確実に進化しているが、E140型以降は国内市場向けセダンはカローラアクシオという5ナンバーサイズの専用ボディが用意され海外市場モデルから完全に独立 し、販売の主力もアクシオ・フィールダー共にプリウス・プリウスα(7人乗り仕様を除く)に移りつつある。大衆車 フレッシュアイペディアより)

  • HY戦争

    HY戦争から見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    PI戦争 - プリウスとインサイトの販売合戦。プリウスの圧勝とインサイトの生産終了で幕を閉じている。HY戦争 フレッシュアイペディアより)

  • パナソニック ドラマシアター

    パナソニック ドラマシアターから見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    ドラマの劇中の車は警察車両はトヨタ自動車製が多く、犯人が使用する車などはニッポンレンタカーのレンタカーを使用し多くは日産車などにエンブレムを隠す処置を行って使用していた。ちなみにパナソニックは、トヨタ自動車向けに純正カーオーディオやカーナビゲーション機器などを供給したり(パナソニック オートモーティブシステムズ社が担当)、プリウスなどのハイブリッドカーに使用されるニッケル水素電池を製造する「パナソニックEVエナジー(現・プライムアースEVエナジー)」を合弁で設立している関係もある。パナソニック ドラマシアター フレッシュアイペディアより)

  • 新小岩自動車学校

    新小岩自動車学校から見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    平成22年にAT車すべてをプリウスに変えてハイブリッド車での教習を実施し、時代に合わせた教習を行っている。新小岩自動車学校 フレッシュアイペディアより)

  • 国瑞汽車

    国瑞汽車から見たトヨタ・プリウストヨタ・プリウス

    プリウス(ZVW50のみ、日本仕様の「A」に相当する単一グレード設定)国瑞汽車 フレッシュアイペディアより)

277件中 81 - 90件表示

「プリウス」のニューストピックワード