207件中 11 - 20件表示
  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見た英国放送協会

    だが、一部の自動車好きからは否定的な意見も多く、英国放送協会のテレビ番組『トップ・ギア』では、プリウスが「退屈」と酷評されている。そのため4代目では走りの楽しさが追求され、結果谷口信輝も走りを賞賛し購入するまでになった。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見た日産自動車

    その発言通り、2代目発売から、3年後の2006年10月4日、北米日産のアルティマハイブリッドにハイブリッドシステムを供給したものの、日産製のエンジンとハイブリッドシステムの組み合わせをトヨタが担当した際に手間が掛かりすぎてしまったため、自社で開発してくれる相手を探す方向に向かう。そして、THS-II登場の10年後の2013年11月にマツダのアクセラに「SKYACTIV-HYBRID」としてTHS-II(厳密にはリダクション機構付THS-II)が搭載された。トヨタから供給されたシステムを使い、マツダがハイブリッドシステムを開発。システムプログラムのわからない箇所をトヨタ側に問い合わせるうちに、トヨタの技術者がバスでマツダに見学に来るという事態も発生した。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見たマツダ

    その発言通り、2代目発売から、3年後の2006年10月4日、北米日産のアルティマハイブリッドにハイブリッドシステムを供給したものの、日産製のエンジンとハイブリッドシステムの組み合わせをトヨタが担当した際に手間が掛かりすぎてしまったため、自社で開発してくれる相手を探す方向に向かう。そして、THS-II登場の10年後の2013年11月にマツダのアクセラに「SKYACTIV-HYBRID」としてTHS-II(厳密にはリダクション機構付THS-II)が搭載された。トヨタから供給されたシステムを使い、マツダがハイブリッドシステムを開発。システムプログラムのわからない箇所をトヨタ側に問い合わせるうちに、トヨタの技術者がバスでマツダに見学に来るという事態も発生した。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見たミシュラン

    先代後期モデルに初設定された「ユーロパッケージ」をさらに昇華させ、走行性能を大幅に向上させた上級のオプションパッケージで、車体底部にフロアアンダーカバーとリアバンパースポイラーを装着し、リアゲート部に大型リアスポイラーを装備して空気抵抗を低減。初採用の16インチアルミホイールと195/55R16サイズの高性能タイヤ(ミシュラン・Pilot Primacy)を組み合わせ、さらに専用サスペンションを装着することで、高速走行時の直進安定性を向上させた。他には、ディスチャージ・ヘッドランプ、フロント・フォグランプが標準装備されている。2005年以降の後期モデルでは、Gツーリングにはアルカンターラのシートを採用した他、モデル初の本革シートが追加された「G TOURING selection LEATHER package」も設定された。なお低燃費タイヤではないため他のグレードよりも燃費性能はやや劣る。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見たゼネラルモーターズ

    ゼネラルモーターズのダニエル・アカーソンCEOは「さえない車」「おたくの車 (geek-mobile)、私だったら絶対に乗らない」とこき下ろした。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見たロッテ

    日本でフルモデルチェンジ(なお、3代目ベースのプリウスPHVは4代目へ移行後も継続販売)。キャッチフレーズは「PRIUS! IMPOSSIBLE」で、CMキャラクターは福山雅治と大泉洋を起用。その他にも、「TRY!PRIUS」キャンペーンを展開。プリウス試乗○○シリーズ(例 プリウス試乗味ガム(ロッテとコラボレーション)、プリウス試乗ソング(水曜日のカンパネラとコラボレーション)を展開した。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見た本田技研工業

    なおこの車両のハイブリッドシステムはレース専用品ではなく、アクア用のモーター、プリウスα用のバッテリー、カムリ用のECUと市販車と同じパーツを使用して構成されている。そのため同じハイブリッドカーでも、レース専用に開発したハイブリッドでGT300に参戦していたホンダのCR-Zと比較して、システムの重量が倍近く重くなっている。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見た横浜ゴム

    大阪トヨペットグループでは、レーシングドライバーの片山右京と共同開発したカスタマイズカーである「ENERGY MASTER」を発売。「究極の環境性能を誇るエコカー」をテーマに、環境問題にも執心であるプロデューサーの片山の意見を取り入れて足回りの軽量化のため、専用の超軽量アルミホイールを開発した(ちなみに、17インチサイズで1本5Kgの軽量化に成功している)。タイヤには横浜ゴムのエコタイヤである「DNA Earth-1」が採用され、さらに空気抵抗を低減し燃費をさらに向上させるエアロパーツセット(オプション品)も用意されている。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見た日本のナンバープレート

    サイズは小型5ナンバー4ドアセダンで、デザインは歴代セリカなどを手がけたトヨタのアメリカのデザイン拠点であるCALTYが担当し「未来からやってきた車」のイメージに相応しいエクステリアを構築する。外観は当時としては珍しいフロントグリルとボンネットをシームレスにつないだデザインを採用した。これは単にデザインだけではなく、空気抵抗の減少にも大きく寄与している。また、車両の全高を大きくとって着座位置を高くすることにより、乗降を容易に、かつ車内の居住空間を有効に使えるようにしているが、これは当時のセダンとしては革新的なパッケージングであった。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見た東京箱根間往復大学駅伝競走

    第93回箱根駅伝に運営車両として投入された。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

207件中 11 - 20件表示

「プリウス」のニューストピックワード