170件中 71 - 80件表示
  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見たトヨタ・カローラアクシオ

    2012年よりSUPER GTのGT300クラスにカローラアクシオの後継マシンとしてRV8Kエンジンをリアに搭載し、助手席にハイブリッドシステムが搭載されたマシンがaprから出場している。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見たトヨタ・エスティマ

    なお、トヨタのハイブリッドシステムはこの他にもクラウン(JZS170系セダンほか)などに搭載されていた簡易ハイブリッドユニットである「THS-M (マイルドハイブリッド・・・現在は搭載車種なし)」、エスティマやアルファードに搭載された「THS-C」などのバリエーションがある。またパナソニックEVエナジー(現 プライムアースEVエナジー)のニッケル水素電池は小型トラック(日野・デュトロ)や大型路線バス(日野・ブルーリボンシティ)のハイブリッド車にも採用されている。後述のも参照。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見たテスラ・ロードスター

    ハリウッドスターのみならず日本の芸能界でも2代目モデル以降は多くの芸能人が所有しており、「環境負荷の低いハイブリッドカー」という高級輸入車とはまた一味違った“ステイタス”のクルマとしてプリウスは認知されている。ただ、ハリウッドではプリウスよりもCO2排出量の少ない電気自動車のスポーツカーであるテスラ・ロードスターや燃料電池車ホンダ・FCXクラリティ(リースのみ)などに乗り換える動きも既にある。現に、プリウスを購入したレオナルド・ディカプリオは、後にテスラ・ロードスターへと乗り換えた。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見たトヨタ・コロナ

    先代の4ドアセダンからワンモーションスタイルの5ドアハッチバックへと、ボディ形状が大きく変更される(ちなみに、自動車の同一モデルのフルモデルチェンジで、ボディ形状が変化するケースは多くはない)。また2代目からは日本国外での市場を考慮してやや大型化され、ホイールベースも2,700mmとなり、車格はプレミオ/アリオン(旧コロナ/カリーナ)クラスとなった。車幅が1,725mmと拡大されたため、日本市場では3ナンバー登録となる。ホイールハブのスタッドボルト数は、初代の4本から5本に変更された(PCDは100のまま)。目標月間販売台数は3,000台。これは、先代の直近の販売実績の3倍であった。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見たトヨタ・ハリアー

    インテリアの最大の特徴としてセンターメーターがあるが、当時はまだ採用車種が少なく話題を呼んだ。また、5.8インチマルチインフォメーションディスプレイ(運転席と助手席の間に埋め込まれた液晶画面で、オーディオやカーナビゲーション、エアコンなどの機能を表示、制御できる。セルシオ、ソアラ、クラウンのエレクトロマルチビジョンで実用化済み。)を始めからインテリアデザインに盛り込む設計がされたのも、同時期にデビューしたハリアーとともに初めての試みである。これらは後の乗用車全般のインテリアデザインに大きな影響を与えた。なお独特の駆動方式(走行中でもエンジンが停止するなど)から、タコメーターと水温計が省かれている。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見た貨物自動車

    なお、トヨタのハイブリッドシステムはこの他にもクラウン(JZS170系セダンほか)などに搭載されていた簡易ハイブリッドユニットである「THS-M (マイルドハイブリッド・・・現在は搭載車種なし)」、エスティマやアルファードに搭載された「THS-C」などのバリエーションがある。またパナソニックEVエナジー(現 プライムアースEVエナジー)のニッケル水素電池は小型トラック(日野・デュトロ)や大型路線バス(日野・ブルーリボンシティ)のハイブリッド車にも採用されている。後述のも参照。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見た日野・デュトロ

    なお、トヨタのハイブリッドシステムはこの他にもクラウン(JZS170系セダンほか)などに搭載されていた簡易ハイブリッドユニットである「THS-M (マイルドハイブリッド・・・現在は搭載車種なし)」、エスティマやアルファードに搭載された「THS-C」などのバリエーションがある。またパナソニックEVエナジー(現 プライムアースEVエナジー)のニッケル水素電池は小型トラック(日野・デュトロ)や大型路線バス(日野・ブルーリボンシティ)のハイブリッド車にも採用されている。後述のも参照。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見た日野・ブルーリボン

    なお、トヨタのハイブリッドシステムはこの他にもクラウン(JZS170系セダンほか)などに搭載されていた簡易ハイブリッドユニットである「THS-M (マイルドハイブリッド・・・現在は搭載車種なし)」、エスティマやアルファードに搭載された「THS-C」などのバリエーションがある。またパナソニックEVエナジー(現 プライムアースEVエナジー)のニッケル水素電池は小型トラック(日野・デュトロ)や大型路線バス(日野・ブルーリボンシティ)のハイブリッド車にも採用されている。後述のも参照。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見たトヨタ・プリウスα

    トヨタ・プリウスα - プリウスのワゴン・ミニバンモデルトヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見たトヨタ・セリカ

    サイズは小型5ナンバー4ドアセダンで、デザインは歴代セリカなどを手がけたトヨタのアメリカのデザイン拠点である「CALTY」が担当し「未来からやってきた車」のイメージに相応しいエクステリアを構築する。外観は当時としては珍しいフロントグリルとボンネットをシームレスにつないだデザインを採用した。これは単にデザインだけではなく、空気抵抗の減少にも大きく寄与している。また、車両の全高を大きくとって着座位置を高くすることにより、乗降を容易に、かつ車内の居住空間を有効に使えるようにしているが、これは当時のセダンとしては革新的なパッケージングであった。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

170件中 71 - 80件表示

「プリウス」のニューストピックワード