170件中 81 - 90件表示
  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見たレーシングカー

    2代目モデルをベースとしてトヨタ自動車が「サーキットバージョン」を製作。外装はトヨタF1をイメージしたカラーリングが施され、内装は遮音材などの快適装備を撤去して大幅な軽量化を図り、ボディ剛性と安全性の向上のためロールケージを組むなど、一般のレーシングカー(グループN準拠)と同じ方法で製作された。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見たトヨタ・アルファード

    なお、トヨタのハイブリッドシステムはこの他にもクラウン(JZS170系セダンほか)などに搭載されていた簡易ハイブリッドユニットである「THS-M (マイルドハイブリッド・・・現在は搭載車種なし)」、エスティマやアルファードに搭載された「THS-C」などのバリエーションがある。またパナソニックEVエナジー(現 プライムアースEVエナジー)のニッケル水素電池は小型トラック(日野・デュトロ)や大型路線バス(日野・ブルーリボンシティ)のハイブリッド車にも採用されている。後述のも参照。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見た普通自動車

    先代の4ドアセダンからワンモーションスタイルの5ドアハッチバックへと、ボディ形状が大きく変更される(ちなみに、自動車の同一モデルのフルモデルチェンジで、ボディ形状が変化するケースは多くはない)。また2代目からは日本国外での市場を考慮してやや大型化され、ホイールベースも2,700mmとなり、車格はプレミオ/アリオン(旧コロナ/カリーナ)クラスとなった。車幅が1,725mmと拡大されたため、日本市場では3ナンバー登録となる。ホイールハブのスタッドボルト数は、初代の4本から5本に変更された(PCDは100のまま)。目標月間販売台数は3,000台。これは、先代の直近の販売実績の3倍であった。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見たトヨタ・カリーナ

    先代の4ドアセダンからワンモーションスタイルの5ドアハッチバックへと、ボディ形状が大きく変更される(ちなみに、自動車の同一モデルのフルモデルチェンジで、ボディ形状が変化するケースは多くはない)。また2代目からは日本国外での市場を考慮してやや大型化され、ホイールベースも2,700mmとなり、車格はプレミオ/アリオン(旧コロナ/カリーナ)クラスとなった。車幅が1,725mmと拡大されたため、日本市場では3ナンバー登録となる。ホイールハブのスタッドボルト数は、初代の4本から5本に変更された(PCDは100のまま)。目標月間販売台数は3,000台。これは、先代の直近の販売実績の3倍であった。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見たホンダ・インサイト

    初代はトヨタ店のみであったが、2代目からはトヨペット店が加わり、2チャンネル併売となった。また、販売台数も2代目からは格段に増え、発売後半年経っても、購入から納車まで数か月待ちという事態も起きた。3代目ではカローラ店とネッツ店にも販売網を広げ、レクサス専売店を除くトヨタの全販売店で販売を開始した。トヨタの全販売店で販売する車種の登場は、トヨタが現体制になった1982年以降では2000年に限定生産されたオリジンの例があったのみで、限定生産車以外では初めてとなる。なお、2代目モデルもグレード体系などを見直し、ビジネスユーザー向け新グレード「EX」に一本化し2011年12月26日まで継続販売された(取扱いは従来どおりトヨタ店とトヨペット店)。低価格路線を打ち出しているホンダ・インサイトに対抗するため、「EX」の車両本体価格はインサイトの「G」と同じ189万円に設定。3代目モデルも205万円からの価格設定にしていた。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見たBMW・M3

    エコカーに厳しい評価を下すことで有名なBBCの自動車番組『トップ・ギア』が専用サーキットで行った2代目とBMW・M3の燃費比較テストを行っている。「プリウスが全開でサーキットを攻め、M3がその後をぴったり追走する」と言う内容で、M3の方が燃費が良かったとしているが、M3は終始スリップストリームに入っており、欧州モード燃費値からも計測の正当性には疑問があるが、排気量や車体重量に大きな違いがある上での結果であり、疑問以上のものではない。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見たフォグランプ

    3代目モデル発表と同時に設定された法人ユーザー向けの新グレードである。「S スタンダードパッケージ」をベースに、ボディカラーをスーパーホワイトII・シルバーメタリック・ブラックの3色とし、内装色をグレーのみに絞ってフロントグリルをボディ同色に変更。また、フロントフォグランプやホイールキャップをオプション設定にして装備を厳選し189万円という超低価格を実現した。なお、運転席・助手席デュアルステージSRSエアバッグ等の安全装備やCDオーディオや温度センサー付電動インバーターエアコンなどの快適装備は従来どおり装備される。1クラス下のセグメントにアクアが登場したため、2011年12月をもって生産が終了した。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見たトヨタ・RV8K

    2012年よりSUPER GTのGT300クラスにカローラアクシオの後継マシンとしてRV8Kエンジンをリアに搭載し、助手席にハイブリッドシステムが搭載されたマシンがaprから出場している。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見たラテン語

    PRIUS ラテン語で「?に先立って」の意味。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見たJC08モード

    一部改良。新燃費基準の試験方法となる燃費表示「JC08モード(29.6km/L)」の認可を受ける。同時に「2015年度燃費基準」を達成した。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

170件中 81 - 90件表示

「プリウス」のニューストピックワード