28件中 11 - 20件表示
  • 東京経営短期大学

    東京経営短期大学から見たプルデンシャル生命保険プルデンシャル生命保険

    アイフル・青森銀行・朝日生命保険・アドバンス・イトーヨーカ堂・イトキン・茨城銀行・城北信用金庫・オリックス・アルファ・オンワード樫山・柏木工機・関東天然瓦斯開発・清原・クボタ・軽急便・京葉銀行・楽天KC・コジマ・小松川信用金庫・桜井グラフィックスシステムズ・三協アルミニウム工業・システムコンサルタント・新日本建設・ジャックス・新光証券・住信ビジネスサービス・住友不動産販売・セントラル警備保障・みずほ銀行・だいこう証券ビジネス・日本製紙・大日本商事・太平紙業・みずほ情報総研・高島屋クレジット・武富士・メトロコマース・千葉銀行・千葉興業銀行・ダイハツ千葉販売・千代田生命保険・中央三井信託銀行・東急リバブル・めいらくグループ・東京リーガルマインド・東芝機械・東洋冷蔵・トランスコスモス・ドコモエンジニアリング・トヨタレンタリース埼玉・トヨタレンタリース千葉・ナルミヤ・インターナショナル・西川産業・日研工作所・日産自動車・日本航空インターナショナル・日本食研・三菱UFJニコス・日本生命保険・日本通運・日本テクノ開発・橋本総業・白十字・八戸信用金庫・東日本旅客鉄道・ヒゲタ醤油・日立製作所・ビックカメラ・ファイブフォックス・アルフレッサ・富国生命保険・プルデンシャル生命保険・藤倉商事・富士通システムソリューションズ・フレック・平和不動産・丸井・ミツワ電機・NECグループ・モリト・八洲電機・豊商事・ヨネックス・ヨドバシカメラ・淀川製鋼所・菱光産業・菱食・ランドロームジャパンほか多数あり。東京経営短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 保険金不払い事件

    保険金不払い事件から見たプルデンシャル生命保険プルデンシャル生命保険

    今回の調査で不払いが判明したのは、明治安田生命保険(新たに700件以上)、日本生命保険、朝日生命保険、アメリカンファミリー生命保険、アリコジャパン、損保ジャパン・ディー・アイ・ワイ生命保険、第一生命保険、オリックス生命保険、アクサ生命保険、大同生命保険、アクサグループライフ生命保険、マニュライフ生命保険、AIGスター生命保険、損保ジャパンひまわり生命保険、チューリッヒ生命、プルデンシャル生命保険、三井住友海上きらめき生命保険、富国生命保険、三井生命保険、住友生命保険、東京海上日動あんしん生命保険、ソニー生命保険、AIGエジソン生命保険、T&Dフィナンシャル生命保険、日本興亜生命保険、共栄火災しんらい生命保険、東京海上日動フィナンシャル生命保険、あいおい生命保険、富士生命保険(保険金、給付金の不払い合計件数が多い順)保険金不払い事件 フレッシュアイペディアより)

  • プルデンシャル・ファイナンシャル

    プルデンシャル・ファイナンシャルから見たプルデンシャル生命保険プルデンシャル生命保険

    日本での「プルデンシャル」という商標権は現在、米国・Prudential Financialが保有しており、日本のプルデンシャル生命保険は、米国プルデンシャルの子会社である。また在日会社としてはジブラルタ生命保険(旧協栄生命保険)等がある。2011年2月、同業大手のAIGから、AIGエジソン生命保険及びAIGスター生命保険を継承債務込みの48億ドルで買収。2012年1月にジブラルタ生命がAIGエジソン生命とAIGスター生命を統合。国内の外資系生保としては資産規模・保険料収入・保有契約ともに最大手グループとなった。プルデンシャル・ファイナンシャル フレッシュアイペディアより)

  • ジブラルタ生命保険

    ジブラルタ生命保険から見たプルデンシャル生命保険プルデンシャル生命保険

    2009年には、経営破綻した「大和生命保険株式会社」(ヤマト生命、旧あざみ生命保険の承継会社)をプルデンシャルが買収し、「プルデンシャル ファイナンシャル ジャパン生命保険」(現・プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険)へ社名変更。ジブラルタ生命の完全子会社としている。現在は、銀行窓販チャネルに特化した営業を行っている。なお、プルデンシャル生命保険 (POJ) とは同一グループで、当社の一部保険製品において募集代理店の委託契約を締結しているが、資本関係はない。ジブラルタ生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 千代田生命保険

    千代田生命保険から見たプルデンシャル生命保険プルデンシャル生命保険

    プルデンシャルタワー - 当社が開発に着手していたが、破綻後にスポンサーのAIGから切り離されプルデンシャル生命保険へ売却。千代田生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 小林一光

    小林一光から見たプルデンシャル生命保険プルデンシャル生命保険

    1988年株式会社日本交通公社(現株式会社ジェイティービー)に入社。1994年、プルデンシャル生命保険株式会社に入社にし、2002年に営業マンとして売上成績日本一、2005年に営業マネージャーとしてチームを業績日本一に導く。退社後、2010年1月株式会社アイ・タッグを設立、同社代表取締役に就任。小林一光 フレッシュアイペディアより)

  • 仙南交通

    仙南交通から見たプルデンシャル生命プルデンシャル生命保険

    その他、宮城県内のバス事業者としては初となる日野・ポンチョを、コミュニティバス『なとりん号』で運行している。(自家用としてはプルデンシャル生命が仙台市泉区のドライデンカスタマーセンターの送迎用として先に導入し、みちのく観光に運転・車両管理を委託している。また七ヶ宿町でも町営バス用として導入している)仙南交通 フレッシュアイペディアより)

  • 横井英樹

    横井英樹から見たプルデンシャル生命プルデンシャル生命保険

    一方、横井は焼けたホテルを放置し、敷地を担保に巨額の融資を引き出した。最大の債権者だった千代田生命がバブル崩壊後の1995年に自己競落し、火災から14年後の1996年に解体した。その後千代田生命が破綻したため、プルデンシャル生命が買収した。横井英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 対米従属

    対米従属から見たプルデンシャル生命保険プルデンシャル生命保険

    2004年 プルデンシャル生命保険があおば生命保険(旧日産生命保険)を買収。対米従属 フレッシュアイペディアより)

  • メイク・ア・ウィッシュ

    メイク・ア・ウィッシュから見たプルデンシャル生命保険プルデンシャル生命保険

    日本における活動のごく初期、ある少女の夢を叶える為に、数人の社員が手伝ったことをきっかけに、各拠点や役員人事等、運営の多くの面においてプルデンシャル生命保険が深くかかわっている。メイク・ア・ウィッシュ フレッシュアイペディアより)

28件中 11 - 20件表示

「プルデンシャル生命保険」のニューストピックワード