2512件中 131 - 140件表示
  • せがれいじり

    せがれいじりから見たPlayStation (ゲーム機)PlayStation (ゲーム機)

    『せがれいじり』は1999年(平成11年)にエニックス(現:スクウェア・エニックス)から発売されたPlayStation用ゲームである。原作者の秋元きつねは『ウゴウゴルーガ』でCGを担当していたことでも知られる。せがれいじり フレッシュアイペディアより)

  • テクノソフト (ゲーム会社)

    テクノソフト (ゲーム会社)から見たPlayStation (ゲーム機)PlayStation (ゲーム機)

    1994年12月3日 - 『熱血親子』でプレイステーション向けゲームソフトの制作・販売に参入。テクノソフト (ゲーム会社) フレッシュアイペディアより)

  • あすか120%

    あすか120%から見たPlayStation (ゲーム機)PlayStation (ゲーム機)

    続いて1996年には、PlayStation(PS)版へと機種を変えた『スペシャル』を発売。『マキシマ』で発覚していた各部員の性能差を埋めるべくゲームバランスの調整、同じくハードの制約から欠損が発生していたスプライトの修正、一部の声優陣の交代などが行われた。更にはバランスを再調整したバージョン『スペシャルVer.2』が発売された。1997年には『スペシャル』の続編として『エクセレント』が発売されるが、内容的にドラスティックな変化を欠き、AVG要素を取り入れたストーリーモードの導入以外は『スペシャル』のマイナーチェンジに留まった。同年にはセガサターン(SS)に機種を移した『リミテッド』も発売されており、グラフィックを大幅に刷新してキャラクターを大型化するなど意欲的な面も見られたが、家庭用ゲーム機としてのSS自体の低迷もあって、人気には至らなかった。なお、この『リミテッド』は当初アーケード版が先行してカネコより発売される予定であったが、発売中止となった。そして1999年には、『リミテッド』のグラフィックを流用しつつ独自のシステムを取り入れた『ファイナル』が、PSで販売された。同年には、『ファイナル』のグラフィックをもとにしたWindows(Win)版『リターン』も発売された。あすか120% フレッシュアイペディアより)

  • スーパーFXチップ

    スーパーFXチップから見たPlayStation (ゲーム機)PlayStation (ゲーム機)

    このような特殊な三次元描画により、スーパーファミコンは、ハードウェア性能は初代のプレイステーションやセガサターンに劣りながらも、擬似的にテクスチャマッピングを施した「擬似的三次元グラフィック」を実現できた。スーパーFXチップ フレッシュアイペディアより)

  • 卒業III 〜Wedding Bell〜

    卒業III 〜Wedding Bell〜から見たPlayStation (ゲーム機)PlayStation (ゲーム機)

    『卒業III 〜Wedding Bell〜』(そつぎょうスリー・ウェディング ベル)は、小学館プロダクションより発売されたプレイステーションおよびセガサターン用育成シミュレーションゲーム。キャラクターデザインは菊地洋子、開発はマーカスおよびウエストン。プレイステーション版の発売日は1998年4月2日、セガサターン版の発売日は同年4月9日、定価は共に税別6800円。卒業III 〜Wedding Bell〜 フレッシュアイペディアより)

  • 新谷さなえ

    新谷さなえから見たPlayStation (ゲーム機)PlayStation (ゲーム機)

    元々コナミの開発部門のアシスタントであったが、当時サウンド部署に勤務していた桐岡麻季にデモテープの仮歌を頼まれた際、当時の『BEMANIシリーズ』のサウンド・プロデューサーである藤後浩之の耳に入り、その才能を見出され1998年にプレイステーション版『beatmania』の楽曲のボーカリストとしてデビュー。その後、『BEMANI』シリーズの音楽ゲームを中心に数十曲もの作品に携わり、「コナミの歌姫」と称され、男女問わず国内外のリスナーから支持される。ボーカルの他、初期の頃から作詞も行っており、2003年には自身が作詞・作曲を手掛けた楽曲を発表。新谷さなえ フレッシュアイペディアより)

  • 風のクロノア

    風のクロノアから見たPlayStation (ゲーム機)PlayStation (ゲーム機)

    1997年12月11日にプレイステーション用ゲームソフトとして第1作『風のクロノア door to phantomile』が発売。以降、対応プラットフォームを拡大し、多数のジャンルでシリーズ化されて発売された。風のクロノア フレッシュアイペディアより)

  • デイト・オブ・バース

    デイト・オブ・バースから見たPlayStation (ゲーム機)PlayStation (ゲーム機)

    また、重藤賢一はCGクリエイターとしても活躍しており、「Dob君」というキャラクターを創作しているが、この名前はもちろんDate of Birthの略称に由来している。1999年には、「Dob君」が登場するプレイステーション用ソフト「PLANET DOB」も発売された。なお、村上隆のキャラクターDOB君は重藤のDob君を元にしたものだとの説もあるが、以前、Date of Birthの公式サイト(現在は閉鎖)で、Noricoが村上とは面識がなく偶然の産物であると語っていた。デイト・オブ・バース フレッシュアイペディアより)

  • クレイジー・クライマー

    クレイジー・クライマーから見たPlayStation (ゲーム機)PlayStation (ゲーム機)

    ムーンクレスタ、フリスキー・トムと本作を3本収録して発売。サウンド関連の権利関係を考慮してか、微妙にアレンジしたものになっておりアーケード版とはBGMが異なる。スーパーファミコン版は1995年5月26日に発売。同年にPlayStation版も12月29日発売されたが、こちらには『クレイジークライマー'85』が収録されている。クレイジー・クライマー フレッシュアイペディアより)

  • ミニゲーム

    ミニゲームから見たPlayStation (ゲーム機)PlayStation (ゲーム機)

    『リッジレーサー』(PS/レースゲーム) - 『ギャラクシアン』ミニゲーム フレッシュアイペディアより)

2512件中 131 - 140件表示

「プレイステーション」のニューストピックワード

  • アケアカNEOGEO ザ・キング・オブ・ファイターズ 2001

  • アサシン クリード オデッセイ

  • アサシン クリード オデッセイ(ACOD)