前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
165件中 1 - 10件表示
  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見たムーンライダーズ

    起動時のサウンドロゴはムーンライダーズのメンバーである岡田徹が担当した。また同機のCMで流れたサウンドロゴもムーンライダーズが関わっており、同グループの手掛けたCMソングなどを収めた『MOONRIDERS CM WORKS 1977-2006』にCM始めとCM終わりの2つのサウンドロゴが収録された。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見た山内溥

    1989年10月から共同開発が始まり、翌1990年1月には大賀典雄(ソニー)と山内溥(任天堂)の間で両社の締結を確認する合意文書が作られた。開発コードネームは「プレイステーション」。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見た任天堂

    業務用ビデオゲームの分野でポリゴンによる3Dグラフィックスのゲームタイトルが流行の兆しを見せ、従来の2Dグラフィックスのゲーム機においても一部で3Dを指向したゲームソフトが出始めていた時代に、リアルタイム3DCGを家庭に持ち込み、ローンチタイトルである『リッジレーサー』や初期に発売された『闘神伝』といったゲームタイトルにより、3Dゲームの方向性を示した。また『ファイナルファンタジーVII』を代表とする3DCGムービーを多用した物語性の強いゲームソフトが新しいジャンルとして台頭してきた。その結果、同時期に発売された株式会社セガ・エンタープライゼス(現・株式会社セガ)のセガサターンや、1980年代以降ゲーム機市場を独占していた任天堂株式会社が約1年半後に発売したNINTENDO64等と市場競争を繰り広げ、最終的に主導権を握った。結果として本機の成功で初めて任天堂独占状態を崩すライバルメーカーとしての快挙を成し遂げSCEはゲーム機の世代にして2世代、年数にして10年以上の間、覇権を取った。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見たソニー・コンピュータエンタテインメント

    PlayStation (プレイステーション)とは、1994年12月3日に株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)より発売された家庭用ゲーム機である。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見たソニー

    一般的なCD-ROMメディアとは異なり記録面が黒いことが特徴である(光に透かすとわかるが厳密には濃い青色である)。ソニーによると、子供が誤ってオーディオ機器で再生しないように、通常の音楽CDとPlayStation専用のCD-ROMを見分けやすくしたという(同様の理由でPlayStation 2用CD-ROMは青色である。同DVD-ROMは通常の銀色)。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見たYouTube

    PlayStation® 公式チャンネル - YouTubePlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見たコナミ

    ハイパーブラスター(コナミ株式会社PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見た大賀典雄

    ファミリーコンピュータにPCM音源を提供する事業の仕掛け人だった久夛良木健(当時情報処理研究所所属)が、同事業に引き続き、任天堂のスーパーファミコンの発売にあたり、CD-ROMドライブ拡張機器「スーパーファミコン CD-ROMアダプタ」の共同開発事業の約束を取り付けたのに端を発する。当時ソニー内では「ソニーのイメージを損なう」としてゲーム事業へ進出に反対する社員が多く、久夛良木自身も「異端児」と呼ばれていた。この事業にゴーサインを出したのが当時社長の大賀典雄である。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見た公正取引委員会

    これに対して、 公正取引委員会が1998年1月20日より「プレイステーション用ソフトウェアの販売について、小売業者に対し希望小売価格で販売するように、圧力を加えた」として独占禁止法に基づく排除勧告を受けた。しかしソニー・コンピュータエンタテインメントは一貫して容疑を否認。2001年8月1日、ソニー・コンピュータエンタテインメントが圧力を加えていた事実を認定する審決が下され、2001年11月20日に排除勧告を受諾したが、排除勧告の対象はPlayStation用ソフトウェアにまつわるものであり、この当時既に販売戦略の中心はPlayStation 2へとシフトしていたため、ソニー・コンピュータエンタテインメントにとってこの排除勧告の受諾は経営的にもPlayStationやPlayStation 2市場にも何ら影響を与えなかった。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見たアーケードゲーム

    業務用ビデオゲームの分野でポリゴンによる3Dグラフィックスのゲームタイトルが流行の兆しを見せ、従来の2Dグラフィックスのゲーム機においても一部で3Dを指向したゲームソフトが出始めていた時代に、リアルタイム3DCGを家庭に持ち込み、ローンチタイトルである『リッジレーサー』や初期に発売された『闘神伝』といったゲームタイトルにより、3Dゲームの方向性を示した。また『ファイナルファンタジーVII』を代表とする3DCGムービーを多用した物語性の強いゲームソフトが新しいジャンルとして台頭してきた。その結果、同時期に発売された株式会社セガ・エンタープライゼス(現・株式会社セガ)のセガサターンや、1980年代以降ゲーム機市場を独占していた任天堂株式会社が約1年半後に発売したNINTENDO64等と市場競争を繰り広げ、最終的に主導権を握った。結果として本機の成功で初めて任天堂独占状態を崩すライバルメーカーとしての快挙を成し遂げSCEはゲーム機の世代にして2世代、年数にして10年以上の間、覇権を取った。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
165件中 1 - 10件表示

「プレイステーション」のニューストピックワード

  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント

  • PlayStation

  • PlayStation Experience 2016