165件中 11 - 20件表示
  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見たソニー・ミュージックエンタテインメント (日本)

    ソニーだけの規格では市場が広がらないと判断されたことから、スーパーファミコン互換機は開発を中断することになり、既にゲームソフトの製作を進めていたソニー・ミュージックエンタテインメントは、マーク・フリントによる『フォルテッサ』(5億円を投じていた)、『沈黙の艦隊』『フック』などを没企画にし、15億円の損失を出したとされる。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見たナムコ

    ソフトの獲得については、発売時に「全てのゲームは、ここに集まる」とのキャッチフレーズを標榜し、上記の『リッジレーサー』のナムコを初め、参入当初の大々的なサードパーティー獲得戦略が実施され、ゲームソフトの圧倒的な数によってゲーム市場の主導権を握った。特に日本を代表するRPGシリーズである『ファイナルファンタジー』シリーズ、『ドラゴンクエスト』シリーズがPlayStation陣営に移行し、これがPlayStationの寡占市場を作り上げる起爆剤となったといわれる。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見た荒川實

    ソニーはスーパーファミコンとCD-ROMの一体型マシンを発売することになり、CD-ROMアダプタは玩具流通で任天堂ブランドで発売し、プレイステーションは家電流通によりソニーブランドで発売する計画で、プレイステーションの価格は49800円を予定していた。スーパーファミコンCD-ROMソフトはスーパーディスクと名付けられ、任天堂ではなくソニーがライセンスを有した。当時のコンシューマー機はゲームソフトをROMカセットで提供する事が主体であり、CD-ROMは付属的な立場のメディアとして認識されていたため、任天堂はCD-ROMの権利を重視していなかった。しかし、任天堂米国法人社長だった荒川實がアメリカのコンピューター業界でのCD-ROMの躍進ぶりを目の当たりにしており、この契約のままだと任天堂がソニーの従属的立場になると危機感を抱き、山内溥にソニーとの提携を止めるように口説いたとされている。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見たマーク・フリント

    ソニーだけの規格では市場が広がらないと判断されたことから、スーパーファミコン互換機は開発を中断することになり、既にゲームソフトの製作を進めていたソニー・ミュージックエンタテインメントは、マーク・フリントによる『フォルテッサ』(5億円を投じていた)、『沈黙の艦隊』『フック』などを没企画にし、15億円の損失を出したとされる。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見た岡田徹

    起動時のサウンドロゴはムーンライダーズのメンバーである岡田徹が担当した。また同機のCMで流れたサウンドロゴもムーンライダーズが関わっており、同グループの手掛けたCMソングなどを収めた『MOONRIDERS CM WORKS 1977-2006』にCM始めとCM終わりの2つのサウンドロゴが収録された。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見た久夛良木健

    ファミリーコンピュータにPCM音源を提供する事業の仕掛け人だった久夛良木健(当時情報処理研究所所属)が、同事業に引き続き、任天堂のスーパーファミコンの発売にあたり、CD-ROMドライブ拡張機器「スーパーファミコン CD-ROMアダプタ」の共同開発事業の約束を取り付けたのに端を発する。当時ソニー内では「ソニーのイメージを損なう」としてゲーム事業へ進出に反対する社員が多く、久夛良木自身も「異端児」と呼ばれていた。この事業にゴーサインを出したのが当時社長の大賀典雄である。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見た盛田昭夫

    仕事で使うコンピュータを「ワークステーション」と呼ぶことに対して、遊びで使うコンピュータという意味で「プレイステーション」に決めたというのが名前の由来とされている。ユーザー間では「プレステ」と略されることが多いが、CMや自社製品内での記載では一貫して「PS(ピーエス)」と略されている。週刊ファミ通の記事によると盛田昭夫がプレステの「ステ」が「捨て」に通じることを避けさせた。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見たダブルミリオン

    PlayStationの絶頂期は1996年から1999年であり、特に『FFVII』を発売した1997年は、本体の日本国内出荷台数が1月時点で500万台を突破するも年末までには更に500万台を上乗せして1000万台突破を達成、ソフトでもスクウェアのゲームをはじめミリオンセラーが5本と続発し、SCEのソフトではロングヒットにより最終的にダブルミリオンを達成するソフトも出てきた(『グランツーリスモ』、『みんなのGOLF』)。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見たみんなのGOLF

    PlayStationの絶頂期は1996年から1999年であり、特に『FFVII』を発売した1997年は、本体の日本国内出荷台数が1月時点で500万台を突破するも年末までには更に500万台を上乗せして1000万台突破を達成、ソフトでもスクウェアのゲームをはじめミリオンセラーが5本と続発し、SCEのソフトではロングヒットにより最終的にダブルミリオンを達成するソフトも出てきた(『グランツーリスモ』、『みんなのGOLF』)。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見たコピーガード

    非正規ソフトの対応については、CD-ROMのコピープロテクトを解除するための「MODチップ」と呼ばれるICチップが世界規模で出回り、それに対してソニー・コンピュータエンタテインメントは「レッドハンドプロテクト」で対抗した。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

165件中 11 - 20件表示

「プレイステーション」のニューストピックワード