165件中 51 - 60件表示
  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見たスプライト (映像技術)

    一方、旧来のゲーム機では常識であったラインバッファ方式のスプライトやBG機能は搭載していないため、既存の2次元的なゲーム作品で多用された表現の再現性に関しては決して高いとはいえない。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見たデータ

    ソフトウェア媒体として採用したCD-ROMは従来の家庭用テレビゲームで用いられていたROMカートリッジと比較してデータへのアクセス速度が劣るが(ローディング時間が生ずる)、大容量、低価格、量産時間の短縮といった利点があり、コンピュータゲームの表現方法から流通にまで幅広く影響を与えた。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見たPS one

    2000年3月4日には次世代機であるPlayStation 2が、また同年7月7日には本体をスリム化したPS oneが発売された。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見たステレオ

    同時発音数:2.0chステレオ 24チャンネルPlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見たムービー

    業務用ビデオゲームの分野でポリゴンによる3Dグラフィックスのゲームタイトルが流行の兆しを見せ、従来の2Dグラフィックスのゲーム機においても一部で3Dを指向したゲームソフトが出始めていた時代に、リアルタイム3DCGを家庭に持ち込み、ローンチタイトルである『リッジレーサー』や初期に発売された『闘神伝』といったゲームタイトルにより、3Dゲームの方向性を示した。また『ファイナルファンタジーVII』を代表とする3DCGムービーを多用した物語性の強いゲームソフトが新しいジャンルとして台頭してきた。その結果、同時期に発売された株式会社セガ・エンタープライゼス(現・株式会社セガ)のセガサターンや、1980年代以降ゲーム機市場を独占していた任天堂株式会社が約1年半後に発売したNINTENDO64等と市場競争を繰り広げ、最終的に主導権を握った。結果として本機の成功で初めて任天堂独占状態を崩すライバルメーカーとしての快挙を成し遂げSCEはゲーム機の世代にして2世代、年数にして10年以上の間、覇権を取った。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見たロムカセット

    ソフトウェア媒体として採用したCD-ROMは従来の家庭用テレビゲームで用いられていたROMカートリッジと比較してデータへのアクセス速度が劣るが(ローディング時間が生ずる)、大容量、低価格、量産時間の短縮といった利点があり、コンピュータゲームの表現方法から流通にまで幅広く影響を与えた。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見たドラゴンクエストシリーズ

    ソフトの獲得については、発売時に「全てのゲームは、ここに集まる」とのキャッチフレーズを標榜し、上記の『リッジレーサー』のナムコを初め、参入当初の大々的なサードパーティー獲得戦略が実施され、ゲームソフトの圧倒的な数によってゲーム市場の主導権を握った。特に日本を代表するRPGシリーズである『ファイナルファンタジー』シリーズ、『ドラゴンクエスト』シリーズがPlayStation陣営に移行し、これがPlayStationの寡占市場を作り上げる起爆剤となったといわれる。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見たアプリケーションソフトウェア

    音楽CD再生機能が更新され、新たに『サウンドスコープ』というアプリケーションがハードウェアに搭載される。これは1997年6月20日に発売されたゲームソフト『BABY UNIVERSE』の一部機能を取り込んだものである。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見たワークステーション

    仕事で使うコンピュータを「ワークステーション」と呼ぶことに対して、遊びで使うコンピュータという意味で「プレイステーション」に決めたというのが名前の由来とされている。ユーザー間では「プレステ」と略されることが多いが、CMや自社製品内での記載では一貫して「PS(ピーエス)」と略されている。週刊ファミ通の記事によると盛田昭夫がプレステの「ステ」が「捨て」に通じることを避けさせた。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation (ゲーム機)

    PlayStation (ゲーム機)から見たアメリカ合衆国

    2002年 - アメリカ合衆国イマージョン社がPlayStation、およびPlayStation 2のコントローラ振動技術(バイブレーション機能デュアルショック)の特許権をめぐる訴訟を起こす。PlayStation (ゲーム機) フレッシュアイペディアより)

165件中 51 - 60件表示

「プレイステーション」のニューストピックワード