63件中 41 - 50件表示
  • プレナス

    プレナスから見たスポンサー

    4月8日 - 2008年から2010年の3年間、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)公式スポンサーおよび日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)のトップパートナーとなることを発表。なでしこリーグについては「プレナスなでしこリーグ」という呼称となる。プレナス フレッシュアイペディアより)

  • プレナス

    プレナスから見た博多駅

    かつては、博多駅において仕出し部門が担当するかしわめしなどの駅弁を販売していた。2011年現在は撤退し、販売されていない。プレナス フレッシュアイペディアより)

  • プレナス

    プレナスから見たレンタル

    株式会社九州トーヨー - 無洗米機械のレンタル。東洋精米機製作所・トーヨーライスの関連会社プレナス フレッシュアイペディアより)

  • プレナス

    プレナスから見たタイ王国

    株式会社プレナス・エムケイ - タイ風しゃぶしゃぶ。タイ・バンコクのエムケイレストラン社との共同出資。プレナス フレッシュアイペディアより)

  • プレナス

    プレナスから見た反訴

    商標権の使用料については、2008年4月25日に、東京地裁が、プレナスに商標権があるが総本部に無償での独占的な商標使用権があることを認め、プレナスの請求を棄却し、総本部の反訴請求を認容する判決をした(控訴せずに確定)。これを踏まえて、プレナスはほっかほっか亭総本部に対し、5月15日付けで商標権の無償の独占的使用権に係る使用権設定の合意を3か月後に解約する旨を通知した。これに対し、総本部は、判決はチェーンが続く限りの独占的使用権であり、解約はできないと主張している。プレナス フレッシュアイペディアより)

  • プレナス

    プレナスから見たオーストラリア

    PLENUS AusT PTY.LTD.(プレナス オーストラリア社) - オーストラリアでやよい軒及びほっともっとを展開。プレナス フレッシュアイペディアより)

  • プレナス

    プレナスから見たフランチャイザー

    1999年4月に、経営再建中だった株式会社ダイエーから株式会社ほっかほっか亭総本部(フランチャイザー)の株式44%と株式会社ほっかほっか亭(東部エリアの地域本部)の全株式を取得。株式会社ほっかほっか亭を子会社化したことにより、東日本に進出する。2004年3月には、プレナスは株式会社ほっかほっか亭を吸収合併する。プレナス フレッシュアイペディアより)

  • プレナス

    プレナスから見たワゴン (荷台)

    また、2007年にはプレナスが東京都の店舗でオフィスビル向けに専用のホットボックスを使用して行っていた出張ワゴン販売について総本部がほっかほっか亭の方針に反するとして販売中止を求め、プレナスが従わないことから10月2日に東京地裁に営業差止請求訴訟を提起する。プレナス フレッシュアイペディアより)

  • プレナス

    プレナスから見た商号

    1976年に株式会社太陽事務機として設立。1980年に、子会社として株式会社ほっかほっか亭九州地域本部を設立して、フランチャイジーとして九州での「ほっかほっか亭」の店舗展開を進める。1987年6月にほっかほっか亭九州地域本部を吸収合併。1990年12月に、商号を現在の株式会社プレナスに変更。プレナス フレッシュアイペディアより)

  • プレナス

    プレナスから見た鹿児島地方裁判所

    さらに、2009年6月23日には、プレナスが「ほっかほっか亭」を運営していたころから、「ほっかほっか亭鹿児島地区本部」である株式会社鹿児島食品サービスより、同社の加盟店に対して「ほっともっと」への引き抜きを行ったことと、加盟店舗の近隣に「ほっともっと」を出店されたことにより、損害を被ったとして、4億2052万1537円の損害賠償の支払を求める訴えを鹿児島地方裁判所に提起されている。この裁判も、2011年2月23日に請求棄却の判決が、2011年11月16日に控訴棄却の判決が、2012年5月18日に上告棄却の決定がそれぞれなされ、プレナスの全面勝訴が確定した。プレナス フレッシュアイペディアより)

63件中 41 - 50件表示

「プレナス」のニューストピックワード