1670件中 41 - 50件表示
  • アントニオ・バレンシア

    アントニオ・バレンシアから見たプレミアリーグプレミアリーグ

    ルイス・アントニオ・バレンシア・モスケラ(Luis Antonio Valencia Mosquera, 1985年8月4日 - )は、エクアドル・ヌエバ・ロハ出身のサッカー選手。プレミアリーグ・マンチェスター・ユナイテッドFC所属。ポジションはMF、DF。エクアドル代表。アントニオ・バレンシア フレッシュアイペディアより)

  • GOLDEN★AGE

    GOLDEN★AGEから見たFAプレミアリーグプレミアリーグ

    その後、中学3年生時にイギリスのFAプレミアリーグ・ニューカッスル・ユナイテッドのスカウトを受け、卒業後に渡英。16歳でプレミア史上最年少ゴールを決める活躍をし、日本代表に選出、日本代表エースとして君臨する唯と国立競技場で再会した。GOLDEN★AGE フレッシュアイペディアより)

  • アルナ・コネ

    アルナ・コネから見たプレミアリーグプレミアリーグ

    2006-07シーズンのUEFAチャンピオンズリーグではチームのフォワード陣最多の9試合に出場し、ホームとアウェーのガラタサライSK戦でそれぞれ1得点ずつを決めた。3トップの頂点や3トップのウイング、2トップの一角など様々なポジションで起用され、チームのベスト8に貢献した。2007年冬の移籍期間にはイングランドのアストン・ヴィラFC、ウクライナのFCシャフタール・ドネツクなどから興味を持たれた。3月には練習中に膝を負傷し、クラブや代表の重要な試合を何試合も欠場した。PSVが2位との間に築いた勝ち点差は決して追いつくことができない差のように思えたが、負傷中にじわじわと勝ち点差が縮まっていった。21節終了時点で18勝2分1敗と首位を独走していたが、22節からの10試合は3勝3分4敗と苦しみ、最終的には2位のアヤックスと勝ち点差なしでのリーグ優勝であった。欠場する試合も多かったが、31試合に出場して10得点8アシストの記録を残した。UEFAチャンピオンズリーグでは決勝トーナメント1回戦でアーセナルFCを下したが、アルナとブラジル人DFアレックスは準々決勝のリヴァプールFC戦に出場できず、2試合合計0-4で完敗した。アルナ・コネ フレッシュアイペディアより)

  • エイドゥル・グジョンセン

    エイドゥル・グジョンセンから見たプレミアリーグプレミアリーグ

    プレミアリーグのボルトン・ワンダラーズFCで頭角を現し、その後チェルシーFC、スペインのFCバルセロナといったビッグクラブでプレーした。代表では、監督がになるまでキャプテンを務めた。グズヨンセンは、プロキャリアを通してクラブや代表など全試合で160ゴールを記録した。オランダ、イングランド、スペイン、そしてUEFAチャンピオンズリーグでタイトルを獲得したことから、偉大なアイスランド人サッカー選手の一人だと考えられている。エイドゥル・グジョンセン フレッシュアイペディアより)

  • セント・メリーズ・スタジアム

    セント・メリーズ・スタジアムから見たプレミアリーグプレミアリーグ

    ヒルズボロの悲劇を受けて1990年1月29日に発表されたは、フットボールリーグディビジョン1及びディビジョン2に所属するクラブに対し、1994年8月までに全席座席のスタジアムを整備するよう要求した。当初、クラブはザ・デルを全席座席のスタジアムとして改装することとし、1993年に工事が完了したが、改装されたスタジアムはわずか15,000人しか収容できず、一方、クラブは1992年から新設されたFAプレミアリーグに残留し続けたことから、移転への模索は続いた。セント・メリーズ・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・ダイク

    ショーン・ダイクから見たプレミアリーグプレミアリーグ

    ショーン・マーク・ダイク (Sean Mark Dyche , 1971年6月28日 - )は、イングランド・ノーサンプトンシャー州ケタリング出身の元サッカー選手。現指導者。現在はプレミアリーグのバーンリーFC監督を務めている。ショーン・ダイク フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・キャメロン

    ジェフ・キャメロンから見たプレミアリーグプレミアリーグ

    ジェフリー・スコット"ジェフ"・キャメロン(Geoffrey Scott "Geoff" Cameron, 1985年7月11日 - )は、アメリカ合衆国・マサチューセッツ州アッテルボロ出身のサッカー選手、アメリカ代表。プレミアリーグのストーク・シティFC所属。ポジションはセンターバック及び右サイドバック、セントラルミッドフィルダー。ジェフ・キャメロン フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝から見たプレミアリーグプレミアリーグ

    チェルシーがPK戦の末にバイエルン・ミュンヘンを破ってUEFAチャンピオンズリーグ初優勝を果たし、2012年8月にモナコで開催される2012 UEFAスーパーカップの出場権、及び2012年12月に日本で開催されるFIFAクラブワールドカップ2012の出場権を獲得した。また、国内リーグでは今季6位に終わり来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得できなかったチェルシーは、この優勝により前年優勝クラブ枠で来季もチャンピオンズリーグに出場可能となった。UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・マクリーシュ

    アレックス・マクリーシュから見たプレミアリーグプレミアリーグ

    1994年、マザーウェルFCの監督に就任して指導者の道を歩み始め、レンジャーズFC監督時代には2度のスコティッシュ・プレミアリーグ優勝と計5度のスコティッシュ・カップ / スコティッシュ・リーグカップ優勝を果たした。2007年、UEFA EURO 2008予選を戦っている最中のスコットランド代表監督に就任したが、あと一歩のところでUEFA EURO 2008本大会出場を逃し、予選終了後の同年11月に退任。その後すぐ、イングランド・プレミアリーグのバーミンガム・シティFC監督に就任した。バーミンガムは2007-08シーズン終了後にフットボールリーグ・チャンピオンシップ降格となったが、2008-09シーズン終了後にプレミアリーグ返り咲きを決めた。2010-11シーズンにはフットボールリーグカップで優勝したが、再びチャンピオンシップ降格となった。降格決定後にバーミンガム監督を辞任し、ライバルのアストン・ヴィラFC監督に就任。マクリーシュはバーミンガムから直接アストン・ヴィラの監督に就任した初の監督となり、両クラブで指揮経験のある2人目(1人目はロン・サウンダース)の監督となった。2011-12シーズンはかろうじて降格を回避する順位に終わり、シーズン終了後に解任された。スコットランドのサッカー界に対する顕著な功績が認められ、2008年にアバディーン大学の名誉博士号を授与された。アレックス・マクリーシュ フレッシュアイペディアより)

  • ナイアル・クイン

    ナイアル・クインから見たプレミアリーグプレミアリーグ

    現役時代は、1980年代、1990年代、2000年代とプレミアリーグのアーセナルFC、マンチェスター・シティFC、サンダーランドでプレー。アイルランド代表としては、92試合21得点を記録し、その間にUEFA欧州選手権1988、1990 FIFAワールドカップ、2002 FIFAワールドカップに出場した。ナイアル・クイン フレッシュアイペディアより)

1670件中 41 - 50件表示

「プレミアリーグ」のニューストピックワード