77件中 51 - 60件表示
  • 銀行

    銀行から見たプロミスプロミス

    この為、一時期、三井住友銀行はプロミスに、三菱UFJフィナンシャル・グループはアコムといった様に、利益率の高いとされた消費者金融業(サラ金)に出資、グループ傘下にし、連結収益のかさ上げを図った。しかし、近年の出資法改正議論によるグレーゾーン金利撤廃の動きの中、2007年現在、相次いだ過払い金返還請求により、消費者金融業界はビジネスモデルの変更を余儀なくされている。銀行 フレッシュアイペディアより)

  • ビューアルッテ

    ビューアルッテから見たプロミスプロミス

    2001年の「ビューアルッテ」の展開に合わせ、それまでビューカードのみ利用が可能であったものを、UCカードのCD提携網に接続する事によって、UCカードとCD提携をしている信販・クレジットカード各社が発行するカードによるキャッシングが可能となった。その後、UCと提携していない消費者金融専業各社(プロミス・オリックス・クレジット等)がJR東日本と直接提携し、同様にキャッシングが可能となった。ビューアルッテ フレッシュアイペディアより)

  • ターニングポイント

    ターニングポイントから見たプロミスプロミス

    番組スタート当初は自動車メーカーのホンダ1社提供で、ホンダのディーラーにも番組紹介のチラシが置いてあったが、視聴率があまりにも悪かったため、2000年6月30日放送分をもってスポンサーから撤退し、翌週(同年7月7日)放送分から最終回まではプロミスを筆頭に複数社による提供となった。ホンダ1社提供の頃はユースケが提供読みをしていた。ターニングポイント フレッシュアイペディアより)

  • Loppi

    Loppiから見たプロミスプロミス

    三井住友カード・ジェーシービーグループ・オリコ・プロミス・アコム・武富士など提携会社のカードでショッピングリボ払い・キャッシングの各残高の臨時返済・支払が行える。Loppi フレッシュアイペディアより)

  • 日本信用情報機構

    日本信用情報機構から見たプロミスプロミス

    従来は一部の例外を除き原則として専業(武富士、アイフル、アコム、プロミス、レイクなど)のみが会員であったが、1990年代前半からは入会資格が改められ、非専業の信販にも門戸が開けられ、ライフ、セントラルファイナンス(現・セディナ)、アプラス、ソニーファイナンスインターナショナルが加盟し、2005年以降、貸付枠が大型のカードローンを導入したオリエントコーポレーション、クレディセゾン、三菱UFJニコス(旧日本信販)、イオンクレジットサービスも加盟した。ただし、後者の加盟会社では審査時の参照に利用されるものであり、ショッピング利用については借入情報は記載されずキャッシング利用のみ借入情報が記載される。キャッシングの利用のない者は全情連に情報が登録されないので情報開示を求めれば記載されているかが分かる。日本信用情報機構 フレッシュアイペディアより)

  • 三島駅

    三島駅から見たプロミスプロミス

    プロミス(ポケットバンクも利用可)三島駅 フレッシュアイペディアより)

  • 植松 俊介

    シャカ (お笑い)から見たプロミスプロミス

    プロミス「マナー講座」編(2008年)大熊のみシャカ (お笑い) フレッシュアイペディアより)

  • 伊吹文明

    伊吹文明から見たプロミスプロミス

    消費者金融業界大手のプロミスとアイフルからそれぞれ献金を受け取っている。伊吹文明 フレッシュアイペディアより)

  • 過払金

    過払金から見たプロミスプロミス

    自治体が税金の徴収目的で消費者金融に対し過払金の返還を求める訴訟を起こすケースがある。こうした訴訟は、神奈川県、静岡市、兵庫県芦屋市、山口県下関市など30以上の自治体で起こされている。このうち、芦屋市が、市税を滞納している男性がプロミスに返済した過払金について、同市が滞納者に代わって同社に返還を求めて西宮簡裁に訴えた訴訟で、同簡裁は2008年6月10日に同市の主張を認め、過払金約31万円を同市に支払うよう命じる判決を言い渡した。税徴収目的での過払金の返還を命じる判決はこの判決が初のケースとなる。過払金 フレッシュアイペディアより)

  • エム・ユー・フロンティア債権回収

    エム・ユー・フロンティア債権回収から見たプロミスプロミス

    旧UFJグループのフロンティア債権回収株式会社と、旧三菱東京フィナンシャル・グループの東京ダイヤモンド再生・債権回収株式会社が親会社の合併に伴い2005年10月に発足したものである。法人格は他の三菱・UFJ合併事例と異なり、フロンティア債権回収が存続会社となっている。もとは三和銀行の親密信販であったアプラス(現:アプラスフィナンシャル)の子会社「アプラス債権回収」として設立されたが、アプラスの母体が2004年に新生銀行へ異動したためアプラスフィナンシャルとはほぼ無関係となっている。UFJグループに属していた日本信販やプロミスも若干出資している。エム・ユー・フロンティア債権回収 フレッシュアイペディアより)

77件中 51 - 60件表示

「プロミス」のニューストピックワード