2023件中 81 - 90件表示
  • 林家しん平

    林家しん平から見たプロレスプロレス

    プロレスマニアとして知られ、1998年にはプロレスショップ『SHINPEI SPORTS』を開業、プロレスのマスクなどのデザイナーとして活動している。また、特撮マニアでもあり怪獣グッズや落語の書籍収集家でもある。林家しん平 フレッシュアイペディアより)

  • ハードコア・レスリング

    ハードコア・レスリングから見たプロレスプロレス

    ハードコア・レスリング(Hardcore wrestling)は、プロレスにおける一種の形態を表す英称で、過激な試合を特徴とするプロレスを指す。プロレスそれ自体の世界の二大柱であるアメリカ合衆国と日本において盛んに見られ、これを提供するプロレス団体としては、日本の大日本プロレスおよびアメリカ合衆国のコンバット・ゾーン・レスリング(CZW)が特に有名という状況にある。ハードコア・レスリング フレッシュアイペディアより)

  • プロレスリング華☆激

    プロレスリング華☆激から見たプロレスプロレス

    プロレスリング華☆激(プロレスリングかげき)は、福岡県福岡市を拠点とし、福岡と名古屋を中心に活動するプロレス団体。福岡を拠点として1997年6月に設立された。団体代表はアステカ。福岡市博多区雑餉隈にある小会場・さざんぴあ博多をホームグラウンドとしている。プロレスリング華☆激 フレッシュアイペディアより)

  • ディーヴァ (プロレス)

    ディーヴァ (プロレス)から見たプロレスプロレス

    プロレスにおけるディーヴァ (DIVA) は、アメリカのプロレス団体WWEに登場する女性の総称である。その役割は男子レスラーのマネージャー役や、プロレスの試合を行うレスラーなど幅広い。なお、J SPORTSの字幕においては「ディーバ」と表記される。1990年代前半の全日本女子プロレスでレスラーのことをディーヴァと呼んだのが最初である。ディーヴァ (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • ピート・フィフィタ

    ピート・フィフィタから見たインディー団体プロレス

    ピート・フィフィタ(Alipate "Pate" Fifita、男性、1982年 - )は、アメリカ合衆国のプロレスラー。アメリカ・フロリダ州インディー団体を経て、現在はタマ・トンガ(Tama Tonga)のリングネームで新日本プロレスにて活動中。ピート・フィフィタ フレッシュアイペディアより)

  • 横浜文化体育館

    横浜文化体育館から見たプロレスプロレス

    1962年5月23日に開館。関内駅・伊勢佐木長者町駅に近く、卓球大会・プロレス・ボクシング・ボリショイサーカスなど、さまざまな用途で使われている。横浜文化体育館 フレッシュアイペディアより)

  • カール・ゴッチ

    カール・ゴッチから見たプロレスプロレス

    カール・ゴッチ(Karl Gotch、1924年8月3日 - 2007年7月28日)は、プロレスラー、プロレスコーチ。本名はカール・イスターツ(Karl Istaz)。1961年まではリングネームとしてカール・クラウザー(Karl Krauser)と名乗っていた。プロフィール上はドイツ・ハンブルク出身とされているが、実際はベルギー出身と言われている。得意技はジャーマン・スープレックス。カール・ゴッチ フレッシュアイペディアより)

  • はちゅねミクの日常 ろいぱら!

    はちゅねミクの日常 ろいぱら!から見たプロレスプロレス

    作中にも登場しているが、その度にもはやカィト以上にとんでもない扱いを受けている。ねぎの46では泥棒や誘拐を試みてぼかろ荘に侵入するが「プロレスごっこ」としてミクに仕掛けられたチョークスリーパーで気絶。気がつくと土の中に首から下を埋められた挙句金属バットで殴られそうになった(後述)。ねぎの53では雪山に閉じ込められた挙句ミクたちが乗っていたソリが激突してしまう。はちゅねミクの日常 ろいぱら! フレッシュアイペディアより)

  • マーク・メロ

    マーク・メロから見たプロレスプロレス

    プロレス転向前はボクシングで活躍し、ニューヨーク州のゴールデングローブを3回獲得。レーザー・ラドックのスパーリング・パートナーを務めたこともあるという。1990年にプロレスラー転向を決意、タンパのマレンコ・ファミリーのもとでトレーニングを積み、フロリダのインディー団体でデビュー後、アンダーカードのジョバー要員としてWCWに出場。マーク・メロ フレッシュアイペディアより)

  • アナボリックステロイド

    アナボリックステロイドから見たプロレスプロレス

    エンターテインメントの世界にも深く浸透している。1980年代より米国の『筋肉スター』の象徴としてその座を二分してきた映画俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーとシルベスター・スタローンは両者ともステロイド使用者であり、同時期の米国のプロレスにおける『筋肉スター』の象徴であった『ミスター・アメリカ』ことハルク・ホーガンもステロイドの常用者であった。アナボリックステロイド フレッシュアイペディアより)

2023件中 81 - 90件表示

「プロレス」のニューストピックワード