前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
322件中 1 - 10件表示
  • プロレス

    プロレスから見た三沢光晴

    しかし、個人商店化し、ワンマン体制や血縁・同族企業になりがちな点や、プロレスと経営の能力は別物であるため、優秀なブレーンとなる存在が無ければ維持することは難しい。また、(特に主力選手が社長を務めるケースにおいて)選手専任であればトレーニング、休息、リハビリなどに充てられる時間を経営に割かなければならないため、選手としてのコンディションの維持が困難になり、三沢光晴の死亡事故を機に問題視する声も出ている。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た橋本真也

    タイツタイプの裾だけが広がってる物と、道着のような全体に絞めつけのない物とがあり、膝サポーターをコスチュームの下に隠してしまえる利点がある。蹴り技を得意とする選手や軽量級の選手に着用者が多い。また、日本の袴を連想し東洋的なイメージを演出するためにザ・グレート・カブキ、グレート・ムタ、越中詩郎(道着)、新崎人生=白使(ハクシ)、TAJIRIの他、前者のタイツタイプは橋本真也、小林邦昭、初代タイガーマスクなどが着用していた、現在はタイガーマスク (4代目)が着用している。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た長州力

    ビキニ型のパンツ。最も一般的なリングコスチュームで、黎明期から現在に至るまでほとんどの団体の選手で見られる。伝統的に新日本プロレスでは黒、全日本プロレスでは赤、青、黄、緑などカラータイツが好んで着用され、新人選手の多くは無地のこのタイプを着用している。黒色無地のタイツに肘・膝のサポーター類を一切着用しないスタイルはストロングスタイルの象徴とされ、現役では藤波辰爾、長州力、中西学、西村修らが実践している。一定のキャリアを積んだ選手の中には柄付きやロゴ付きのものを着用しオリジナリティを演出する者もいる。他のタイプのコスチュームを着用する時もアンダーウェアとして着用されるほか、三沢光晴などのようにロングタイツの上から着用するパターンもある。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た武藤敬司武藤 敬司

    タイツタイプの裾だけが広がってる物と、道着のような全体に絞めつけのない物とがあり、膝サポーターをコスチュームの下に隠してしまえる利点がある。蹴り技を得意とする選手や軽量級の選手に着用者が多い。また、日本の袴を連想し東洋的なイメージを演出するためにザ・グレート・カブキ、グレート・ムタ、越中詩郎(道着)、新崎人生=白使(ハクシ)、TAJIRIの他、前者のタイツタイプは橋本真也、小林邦昭、初代タイガーマスクなどが着用していた、現在はタイガーマスク (4代目)が着用している。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た大阪プロレス

    一つの地域に重点を置く地域密着型(みちのくプロレス・大阪プロレス・KAIENTAI-DOJO等)と都市圏を中心に全国を回る巡業型がある。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た藤波辰爾藤波 辰爾

    ビキニ型のパンツ。最も一般的なリングコスチュームで、黎明期から現在に至るまでほとんどの団体の選手で見られる。伝統的に新日本プロレスでは黒、全日本プロレスでは赤、青、黄、緑などカラータイツが好んで着用され、新人選手の多くは無地のこのタイプを着用している。黒色無地のタイツに肘・膝のサポーター類を一切着用しないスタイルはストロングスタイルの象徴とされ、現役では藤波辰爾、長州力、中西学、西村修らが実践している。一定のキャリアを積んだ選手の中には柄付きやロゴ付きのものを着用しオリジナリティを演出する者もいる。他のタイプのコスチュームを着用する時もアンダーウェアとして着用されるほか、三沢光晴などのようにロングタイツの上から着用するパターンもある。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    その後、日本国内においては力道山の率いる日本プロレスの独占市場であったが、力道山の死去後、東京プロレス・国際プロレス(いずれも現在は消滅)が相次いで旗揚げし、さらに力道山死去後の日本のプロレスを支えていた、アントニオ猪木が新日本プロレスを、そして、ジャイアント馬場が全日本プロレスを旗揚げし、両エースを失った日本プロレスは崩壊する。それ以降しばらくの間、上記の2団体と当時は健在だった国際プロレス、そして女子プロレス団体である全日本女子プロレスの4団体時代が続くことになる。1970年代以降、猪木はプロレス最強を掲げてウィレム・ルスカ、モハメド・アリらと異種格闘技戦を行い、馬場もNWAとのコネクションから多くの大物外国人レスラーを招聘しそれぞれ人気を獲得した。国際プロレスもヨーロッパ路線・デスマッチ路線を展開し独自のファン層を開拓した。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た獣神サンダー・ライガー

    上半身、下半身両方を覆うタイツ。体全体をデザインとするため、獣神サンダー・ライガー、マスカラ・サグラダなど覆面レスラーに着用者が多い。MVPは上半身がロングスリーブ、下半身がハーフタイツの自転車競技用のスキンスーツに近いデザインの変型タイツを着用している。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た天龍源一郎

    1980年代に入ると馬場の弟子であるジャンボ鶴田、天龍源一郎、猪木の弟子である藤波辰巳、長州力らいわゆる鶴藤長天が台頭する。また、新日本では佐山聡がタイガーマスクとしてデビューし、それまでヘビー級の過渡期として位置付けられていたジュニアヘビー級をヘビー級から独立した独自のカテゴリーとしてその礎を築く。1984年にはUWFが旗揚げされ、ショー的要素を排除したシュートスタイルのプロレスを確立し、後の総合格闘技の台頭への布石となった。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た川田利明川田 利明

    新日本では闘魂三銃士(蝶野正洋、武藤敬司、橋本真也)、全日本ではプロレス四天王(三沢光晴、川田利明、田上明、小橋健太)が台頭し、後にまで業界を牽引してゆく。一方、第2次UWFはリングス、UWFインターナショナル、藤原組に分裂(藤原組はその後さらにパンクラス、格闘探偵団バトラーツに分裂)し、細分化が進む。1990年代後半に入るとK-1、PRIDEなど総合格闘技が台頭し、それまでプロレスが請け負っていた異種格闘技としての側面を奪われる形となった。古くからアントニオ猪木が「プロレス最強」を掲げていた背景から、これを受けて多くのプロレスラーが総合のリングに参戦するが、結果を残したレスラーは少なく人気低迷に拍車をかけた。プロレス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
322件中 1 - 10件表示

「プロレス」のニューストピックワード