322件中 91 - 100件表示
  • プロレス

    プロレスから見た浅野起州

    一方で「背広組の社長がレスラーになる」ケースもある。WWEでは、会長であるビンス・マクマホンが(時期によるが)自ら試合に出る。彼は元々「背広組」であったが、演出の必要上レスラーとしての訓練を積んだ例である。またかつてFMWの社長をしていた荒井昌一は、レスラーとしての訓練は積んでいなかったが、演出としてリングでレスラーとの乱闘を演じたことがある。IWAジャパン社長の浅野起州も元々はプロモーター出身の背広組だが、2000年の「レスラーデビュー」以後時折試合に出ている。ハッスルMAN'Sワールドの草間政一CEOの場合、アマチュアレスリング経験者ということもあり、2010年に「プロレスラーデビュー」して勝利を収めた。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た越中詩郎

    タイツタイプの裾だけが広がってる物と、道着のような全体に絞めつけのない物とがあり、膝サポーターをコスチュームの下に隠してしまえる利点がある。蹴り技を得意とする選手や軽量級の選手に着用者が多い。また、日本の袴を連想し東洋的なイメージを演出するためにザ・グレート・カブキ、グレート・ムタ、越中詩郎(道着)、新崎人生=白使(ハクシ)、TAJIRIの他、前者のタイツタイプは橋本真也、小林邦昭、初代タイガーマスクなどが着用していた、現在はタイガーマスク (4代目)が着用している。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た上田馬之助 (プロレスラー)

    腰から膝下・または足首付近までを覆うタイツ。こちらも古くから使用されており、日本では力道山が使用していたコスチュームとしても有名。リングシューズ、膝サポーターをデザインの一部に組み込むことができるのが特徴。膝下までのタイプは俗に「田吾作タイツ」と呼ばれ、上田馬之助、ドン荒川や、矢野通などジャパニーズヒールの代名詞となっている。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たプラム麻里子

    1997年、JWP女子プロレスのプラム麻里子が試合中の事故により死亡。日本プロレス史上、初めてのリング禍であった。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たフランク・ゴッチ

    1890年代にはカーニバル・レスリング出身のマーティン・ファーマー・バーンズがイバン・ストラングラー・ルイス、トム・ジェンキンスらとの試合で人気を集めた。その後、バーンズはフランク・ゴッチを始めとする多くのレスラーを育て、レスリングの通信教育も行った。バーンズもまた「アメリカン・レスリングの父」と呼ばれる。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たエイブラハム・リンカーン

    1830年代にはアメリカにレスリング勝者に懸賞金が与えられるという興行が伝えられエイブラハム・リンカーンも行っていた。キャッチ・アズ・キャッチ・キャンとグレコローマンのミックスマッチ(3本勝負で混ぜる)や、更に腰から下へのキックを認めるというような変則的なルールが各地・各試合毎に行われていた。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たソラキチ・マツダ

    最初の日本人プロレスラーはソラキチ・マツダとされている。戦前にはハワイでキラー・シクマ(志熊俊一)が日本人初の重量級プロレスラーとして活躍したことが、プロレス系の個人サイトに遺族が投稿したのを機に近年、明らかになった(後に週刊ゴングで漫画化されている)。その他、数名の日本人・日系人が主にアメリカでプロレスラーとして活動していたことが確認されている。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た矢野通

    腰から膝下・または足首付近までを覆うタイツ。こちらも古くから使用されており、日本では力道山が使用していたコスチュームとしても有名。リングシューズ、膝サポーターをデザインの一部に組み込むことができるのが特徴。膝下までのタイプは俗に「田吾作タイツ」と呼ばれ、上田馬之助、ドン荒川や、矢野通などジャパニーズヒールの代名詞となっている。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たドン荒川

    腰から膝下・または足首付近までを覆うタイツ。こちらも古くから使用されており、日本では力道山が使用していたコスチュームとしても有名。リングシューズ、膝サポーターをデザインの一部に組み込むことができるのが特徴。膝下までのタイプは俗に「田吾作タイツ」と呼ばれ、上田馬之助、ドン荒川や、矢野通などジャパニーズヒールの代名詞となっている。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た平成維震軍

    柔道や空手で使用されているものとほぼ同一で、それらの出身の選手が自身のバックボーンをアピールする目的で着用するが、上衣や帯は首を絞めるための凶器にもなり得るため、ズボンのみ着用する選手も多い。平成維震軍はチームコスチュームとして使用した。プロレス フレッシュアイペディアより)

322件中 91 - 100件表示

「プロレス」のニューストピックワード