322件中 11 - 20件表示
  • プロレス

    プロレスから見たWWE

    WWEを代表とする、台本の存在を公にしているエンターテインメント系団体と、日本の主流である競技性を前面に押し出している団体・興行が存在する。また、女性のプロレスラーの行うプロレスは特に女子プロレスとされ区別される。それ単独での興行は存在しないものの、低身長症のプロレスラーが行うプロレスを「ミゼットプロレス」と呼ぶこともある。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た大仁田厚

    市販の普段着のほか、普段着に似せて作られたコスチュームも存在する。傷や衰えた体を隠す目的で上半身にシャツなどを着用する選手も多い。FMWの大仁田厚が有名。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た力道山

    日本のプロレス団体における特徴のひとつとして、現役レスラーまたは引退したレスラーが社長業を兼務する、というものがある。日本のプロレス団体運営システムの始祖である力道山から始まった形式。日本プロレスから派生した新日本プロレス、全日本プロレスもこの形式を踏襲し、主演スターが座長も兼ねる劇団に近い形態といえる(2012年現在は2団体とも後述する「背広組」の経営に移っている)。興行の現場を知るものが社長業を行うことで、現場(レスラー)との乖離を避けることが出来たり、スポンサーとの営業活動などに利点がある。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たジャイアント馬場

    その後、日本国内においては力道山の率いる日本プロレスの独占市場であったが、力道山の死去後、東京プロレス・国際プロレス(いずれも現在は消滅)が相次いで旗揚げし、さらに力道山死去後の日本のプロレスを支えていた、アントニオ猪木が新日本プロレスを、そして、ジャイアント馬場が全日本プロレスを旗揚げし、両エースを失った日本プロレスは崩壊する。それ以降しばらくの間、上記の2団体と当時は健在だった国際プロレス、そして女子プロレス団体である全日本女子プロレスの4団体時代が続くことになる。1970年代以降、猪木はプロレス最強を掲げてウィレム・ルスカ、モハメド・アリらと異種格闘技戦を行い、馬場もNWAとのコネクションから多くの大物外国人レスラーを招聘しそれぞれ人気を獲得した。国際プロレスもヨーロッパ路線・デスマッチ路線を展開し独自のファン層を開拓した。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たアマチュアレスリング

    アマチュアレスリングで使用されているシングレットと基本的には同一のものだが、脚部がロングタイツになっているものや、肩がワンショルダーになっているものもある。アマチュアレスリング出身の選手が着用するほか、アンドレ・ザ・ジャイアント、ベイダー、吉江豊、曙など上半身の肉が厚い超重量級の選手が体を引き締めて負荷を軽減するために着用する。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た新日本プロレス

    日本のプロレス団体における特徴のひとつとして、現役レスラーまたは引退したレスラーが社長業を兼務する、というものがある。日本のプロレス団体運営システムの始祖である力道山から始まった形式。日本プロレスから派生した新日本プロレス、全日本プロレスもこの形式を踏襲し、主演スターが座長も兼ねる劇団に近い形態といえる(2012年現在は2団体とも後述する「背広組」の経営に移っている)。興行の現場を知るものが社長業を行うことで、現場(レスラー)との乖離を避けることが出来たり、スポンサーとの営業活動などに利点がある。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た全日本プロレス

    日本のプロレス団体における特徴のひとつとして、現役レスラーまたは引退したレスラーが社長業を兼務する、というものがある。日本のプロレス団体運営システムの始祖である力道山から始まった形式。日本プロレスから派生した新日本プロレス、全日本プロレスもこの形式を踏襲し、主演スターが座長も兼ねる劇団に近い形態といえる(2012年現在は2団体とも後述する「背広組」の経営に移っている)。興行の現場を知るものが社長業を行うことで、現場(レスラー)との乖離を避けることが出来たり、スポンサーとの営業活動などに利点がある。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たタイガーマスク (4代目)

    タイツタイプの裾だけが広がってる物と、道着のような全体に絞めつけのない物とがあり、膝サポーターをコスチュームの下に隠してしまえる利点がある。蹴り技を得意とする選手や軽量級の選手に着用者が多い。また、日本の袴を連想し東洋的なイメージを演出するためにザ・グレート・カブキ、グレート・ムタ、越中詩郎(道着)、新崎人生=白使(ハクシ)、TAJIRIの他、前者のタイツタイプは橋本真也、小林邦昭、初代タイガーマスクなどが着用していた、現在はタイガーマスク \(4代目\)が着用している。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た西村修

    ビキニ型のパンツ。最も一般的なリングコスチュームで、黎明期から現在に至るまでほとんどの団体の選手で見られる。伝統的に新日本プロレスでは黒、全日本プロレスでは赤、青、黄、緑などカラータイツが好んで着用され、新人選手の多くは無地のこのタイプを着用している。黒色無地のタイツに肘・膝のサポーター類を一切着用しないスタイルはストロングスタイルの象徴とされ、現役では藤波辰爾、長州力、中西学、西村修らが実践している。一定のキャリアを積んだ選手の中には柄付きやロゴ付きのものを着用しオリジナリティを演出する者もいる。他のタイプのコスチュームを着用する時もアンダーウェアとして着用されるほか、三沢光晴などのようにロングタイツの上から着用するパターンもある。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たサッダーム・フセイン

    またギミックには世相が反映されることが多い。特にアメリカではその傾向が強く、第二次世界大戦後には真珠湾攻撃を連想させる不意打ちを連発する「卑劣なジャップ」風のレスラーや「ナチスの残党」を名乗るレスラーが多数存在し、米ソ冷戦時代はロシア出身を名乗るレスラーが多数いたり、湾岸戦争時にはアラブ人のギミックでサッダーム・フセインの側近を名乗ることで観客のヒート(興奮)を買う、といったことが繰り返された。プロレス フレッシュアイペディアより)

322件中 11 - 20件表示

「プロレス」のニューストピックワード