322件中 21 - 30件表示
  • プロレス

    プロレスから見た内館牧子

    スポーツ面に掲載されることはほとんどない。著名レスラーの死去、興行会社の倒産、関係者が刑事事件を起こす、といった場合に報道される程度である。珍しい例として、ジャイアント馬場が新聞の聞き書き欄に登場したり、死去した際に追悼コラムが掲載されたりした例はある。しかし2007年8月下旬から10回に渡り朝日新聞夕刊一面でプロレスの特集が組まれ、レスラー(現役、元)、関係者、古舘伊知郎、プロレスファンである内館牧子など、約30名のインタビューが掲載された。一般紙でこれだけ長期に渡り、さらに一面でプロレスの特集が組まれたのは異例中の異例である。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た中西学

    ビキニ型のパンツ。最も一般的なリングコスチュームで、黎明期から現在に至るまでほとんどの団体の選手で見られる。伝統的に新日本プロレスでは黒、全日本プロレスでは赤、青、黄、緑などカラータイツが好んで着用され、新人選手の多くは無地のこのタイプを着用している。黒色無地のタイツに肘・膝のサポーター類を一切着用しないスタイルはストロングスタイルの象徴とされ、現役では藤波辰爾、長州力、中西学、西村修らが実践している。一定のキャリアを積んだ選手の中には柄付きやロゴ付きのものを着用しオリジナリティを演出する者もいる。他のタイプのコスチュームを着用する時もアンダーウェアとして着用されるほか、三沢光晴などのようにロングタイツの上から着用するパターンもある。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た小島聡

    かつてインターネットオークションでZERO-ONEの興行「ZERO-ONE USA」のテレビ放送進行用台本が出品されることがあった。また日本では、FEGと全日本プロレスが中心になって開催されたイベント、「WRESTLE-1」において、小島聡の叫び声と同じ言葉「いっちゃうぞバカヤロー」が電光掲示板に表示され、レスラーと会場スタッフ間での段取り決めがあることを示した。もっとも、小島の「いっちゃうぞバカヤロー」は殆どの試合で見られる小島の得意の(1)対角線エルボー(2)「いっちゃうぞバカヤロー」(3)ダイビングエルボーの流れの中で出されるものであり、段取り決め等を行っていない観客も一緒に叫ぶことが通例となっている。また、日本の週刊誌(アサヒ芸能)が、「ハッスル2」の会場スタッフ用台本を誌面に掲載したことがあり、それには勝者用のテーマ音楽についてなどの指示が記載されていた。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た小川直也

    小川直也対橋本真也は「シュート」(演劇的要素を無視した試合)に近いものであり、試合中は本気のパンチを当てていた(相手にかけた関節技を自ら解くなど、完全な真剣勝負ではない)。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た大谷晋二郎

    タッグマッチ中にエル・サムライが大谷晋二郎による顔面への攻撃に本気で怒り、大谷を追い掛け回した挙句、味方である獣神サンダー・ライガーにそれを止められている。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た辻仁成

    ACACIA-アカシア- (辻仁成監督、元プロレスラー・大魔神役(アントニオ猪木主演))プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た杉浦貴

    ボクシングや総合格闘技の出身者が着用することが多いが、プロレスでは着用者の絶対数は比較的少ない傾向にある。トニー・ホーム、杉浦貴などが代表例。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た曙太郎

    アマチュアレスリングで使用されているシングレットと基本的には同一のものだが、脚部がロングタイツになっているものや、肩がワンショルダーになっているものもある。アマチュアレスリング出身の選手が着用するほか、アンドレ・ザ・ジャイアント、ベイダー、吉江豊、など上半身の肉が厚い超重量級の選手が体を引き締めて負荷を軽減するために着用する。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た吉江豊

    アマチュアレスリングで使用されているシングレットと基本的には同一のものだが、脚部がロングタイツになっているものや、肩がワンショルダーになっているものもある。アマチュアレスリング出身の選手が着用するほか、アンドレ・ザ・ジャイアント、ベイダー、吉江豊、曙など上半身の肉が厚い超重量級の選手が体を引き締めて負荷を軽減するために着用する。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た永田裕志

    マット・モーガンが海外でのインタビューで、新日本プロレスで永田裕志と試合を行った時、フィニッシュ(決着を付ける技)だけは前もって説明が必要であったが、それ以外は話すことなく試合をさせてくれるので自由で良い団体だ、と語った。近年多く出版されるプロレス内情暴露本では新日本のOBレスラーが、昔は台本はあってもそれ以外の部分は必死に闘っていたのに、今のレスラーは必死さが足りないと嘆く形で、存在が明示された。プロレス フレッシュアイペディアより)

322件中 21 - 30件表示

「プロレス」のニューストピックワード