322件中 31 - 40件表示
  • プロレス

    プロレスから見た輪島大士輪島 大士

    かつては、東京スポーツ(とその系列)とデイリースポーツのみが扱った(女子プロレスも掲載するのはデイリースポーツのみ)。1986年、大相撲の元横綱輪島大士のプロレス参戦と同時に、各スポーツ紙が掲載するようになった。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た前田日明

    前田日明はアンドレ・ザ・ジャイアントが本気で危険な技をかけてきたのに対し、関節部への危険な蹴りを多発した(無効試合)。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た佐竹雅昭

    1・2の三四郎(空手家・佐竹雅昭 主演で実写化)プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た佐々木健介佐々木 健介

    新日本と全日本の対抗戦が実現。川田利明が新日本マットに参戦し、当時の新日本トップ佐々木健介と対戦。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た小橋健太

    新日本では闘魂三銃士(蝶野正洋、武藤敬司、橋本真也)、全日本ではプロレス四天王(三沢光晴、川田利明、田上明、小橋健太)が台頭し、後にまで業界を牽引してゆく。一方、第2次UWFはリングス、UWFインターナショナル、藤原組に分裂(藤原組はその後さらにパンクラス、格闘探偵団バトラーツに分裂)し、細分化が進む。1990年代後半に入るとK-1、PRIDEなど総合格闘技が台頭し、それまでプロレスが請け負っていた異種格闘技としての側面を奪われる形となった。古くからアントニオ猪木が「プロレス最強」を掲げていた背景から、これを受けて多くのプロレスラーが総合のリングに参戦するが、結果を残したレスラーは少なく人気低迷に拍車をかけた。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た田上明

    新日本では闘魂三銃士(蝶野正洋、武藤敬司、橋本真也)、全日本ではプロレス四天王(三沢光晴、川田利明、田上明、小橋健太)が台頭し、後にまで業界を牽引してゆく。一方、第2次UWFはリングス、UWFインターナショナル、藤原組に分裂(藤原組はその後さらにパンクラス、格闘探偵団バトラーツに分裂)し、細分化が進む。1990年代後半に入るとK-1、PRIDEなど総合格闘技が台頭し、それまでプロレスが請け負っていた異種格闘技としての側面を奪われる形となった。古くからアントニオ猪木が「プロレス最強」を掲げていた背景から、これを受けて多くのプロレスラーが総合のリングに参戦するが、結果を残したレスラーは少なく人気低迷に拍車をかけた。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た蝶野正洋

    新日本では闘魂三銃士(蝶野正洋、武藤敬司、橋本真也)、全日本ではプロレス四天王(三沢光晴、川田利明、田上明、小橋健太)が台頭し、後にまで業界を牽引してゆく。一方、第2次UWFはリングス、UWFインターナショナル、藤原組に分裂(藤原組はその後さらにパンクラス、格闘探偵団バトラーツに分裂)し、細分化が進む。1990年代後半に入るとK-1、PRIDEなど総合格闘技が台頭し、それまでプロレスが請け負っていた異種格闘技としての側面を奪われる形となった。古くからアントニオ猪木が「プロレス最強」を掲げていた背景から、これを受けて多くのプロレスラーが総合のリングに参戦するが、結果を残したレスラーは少なく人気低迷に拍車をかけた。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たモハメド・アリ

    その後、日本国内においては力道山の率いる日本プロレスの独占市場であったが、力道山の死去後、東京プロレス・国際プロレス(いずれも現在は消滅)が相次いで旗揚げし、さらに力道山死去後の日本のプロレスを支えていた、アントニオ猪木が新日本プロレスを、そして、ジャイアント馬場が全日本プロレスを旗揚げし、両エースを失った日本プロレスは崩壊する。それ以降しばらくの間、上記の2団体と当時は健在だった国際プロレス、そして女子プロレス団体である全日本女子プロレスの4団体時代が続くことになる。1970年代以降、猪木はプロレス最強を掲げてウィレム・ルスカ、モハメド・アリらと異種格闘技戦を行い、馬場もNWAとのコネクションから多くの大物外国人レスラーを招聘しそれぞれ人気を獲得した。国際プロレスもヨーロッパ路線・デスマッチ路線を展開し独自のファン層を開拓した。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た高田延彦

    金子達仁による高田延彦を扱った書籍『泣き虫』において、高田が台本の存在を明示している記述がある。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た引退

    喫茶店やレストランの事業収入。全日本女子プロレスやDDTプロレスリングなど、新人を中心とした所属選手や引退した元選手がスタッフとして働く店を経営する例もあった。また大阪プロレスのように常設会場にカフェを併設しているケースもある。プロレス フレッシュアイペディアより)

322件中 31 - 40件表示

「プロレス」のニューストピックワード