322件中 41 - 50件表示
  • プロレス

    プロレスから見たデイリースポーツ

    かつては、東京スポーツ(とその系列)とデイリースポーツのみが扱った(女子プロレスも掲載するのはデイリースポーツのみ)。1986年、大相撲の元横綱輪島大士のプロレス参戦と同時に、各スポーツ紙が掲載するようになった。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た讀賣テレビ放送

    当時全日本プロレスを中継していた日本テレビ系列のよみうりテレビが製作したアニメ、シティーハンター2の第12話「場外乱闘流血必至!!恋のコブラツイスト☆」(1988年6月24日放送)では「プロレスはショー」という台詞が取り入れられている。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た日本テレビ放送網

    日本の地上波では、日本テレビやテレビ朝日、およびその関連局が大手団体の興行を中継(主に録画)している。かつてはゴールデンまたはプライムタイムに60分の番組枠を持っていたが、日本テレビ系列は30分に縮小後2009年3月に撤退し、現在はテレビ朝日系列のみで深夜に30分と縮小されて放送されている。ケーブルテレビやCSといった有料放送でも放送しており、専門チャンネルも存在する。アメリカでは、USA NetworkやSpike TVが放送を行っている。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たテレビ朝日

    日本の地上波では、日本テレビやテレビ朝日、およびその関連局が大手団体の興行を中継(主に録画)している。かつてはゴールデンまたはプライムタイムに60分の番組枠を持っていたが、日本テレビ系列は30分に縮小後2009年3月に撤退し、現在はテレビ朝日系列のみで深夜に30分と縮小されて放送されている。ケーブルテレビやCSといった有料放送でも放送しており、専門チャンネルも存在する。アメリカでは、USA NetworkやSpike TVが放送を行っている。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た梶原一騎

    チャンピオン太(1962年、週刊少年マガジン連載、原作:梶原一騎、劇画:吉田竜夫)プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たミスター高橋

    台本の存在や取り決め方は新日本プロレスのレフェリーであった、ミスター高橋が自著で詳しく述べている。また、プロレスの台本の存在をトリックに組み込んだミステリー小説『マッチメイク』が江戸川乱歩賞を受賞した。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たウィレム・ルスカ

    その後、日本国内においては力道山の率いる日本プロレスの独占市場であったが、力道山の死去後、東京プロレス・国際プロレス(いずれも現在は消滅)が相次いで旗揚げし、さらに力道山死去後の日本のプロレスを支えていた、アントニオ猪木が新日本プロレスを、そして、ジャイアント馬場が全日本プロレスを旗揚げし、両エースを失った日本プロレスは崩壊する。それ以降しばらくの間、上記の2団体と当時は健在だった国際プロレス、そして女子プロレス団体である全日本女子プロレスの4団体時代が続くことになる。1970年代以降、猪木はプロレス最強を掲げてウィレム・ルスカ、モハメド・アリらと異種格闘技戦を行い、馬場もNWAとのコネクションから多くの大物外国人レスラーを招聘しそれぞれ人気を獲得した。国際プロレスもヨーロッパ路線・デスマッチ路線を展開し独自のファン層を開拓した。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たザ・グレート・カブキ

    タイツタイプの裾だけが広がってる物と、道着のような全体に絞めつけのない物とがあり、膝サポーターをコスチュームの下に隠してしまえる利点がある。蹴り技を得意とする選手や軽量級の選手に着用者が多い。また、日本の袴を連想し東洋的なイメージを演出するためにザ・グレート・カブキ、グレート・ムタ、越中詩郎(道着)、新崎人生=白使(ハクシ)、TAJIRIの他、前者のタイツタイプは橋本真也、小林邦昭、初代タイガーマスクなどが着用していた、現在はタイガーマスク (4代目)が着用している。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た佐山聡

    タイツタイプの裾だけが広がってる物と、道着のような全体に絞めつけのない物とがあり、膝サポーターをコスチュームの下に隠してしまえる利点がある。蹴り技を得意とする選手や軽量級の選手に着用者が多い。また、日本の袴を連想し東洋的なイメージを演出するためにザ・グレート・カブキ、グレート・ムタ、越中詩郎(道着)、新崎人生=白使(ハクシ)、TAJIRIの他、前者のタイツタイプは橋本真也、小林邦昭、初代タイガーマスクなどが着用していた、現在はタイガーマスク (4代目)が着用している。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たジャンボ鶴田

    1980年代に入ると馬場の弟子であるジャンボ鶴田、天龍源一郎、猪木の弟子である藤波辰巳、長州力らいわゆる鶴藤長天が台頭する。また、新日本では佐山聡がタイガーマスクとしてデビューし、それまでヘビー級の過渡期として位置付けられていたジュニアヘビー級をヘビー級から独立した独自のカテゴリーとしてその礎を築く。1984年にはUWFが旗揚げされ、ショー的要素を排除したシュートスタイルのプロレスを確立し、後の総合格闘技の台頭への布石となった。プロレス フレッシュアイペディアより)

322件中 41 - 50件表示

「プロレス」のニューストピックワード