348件中 41 - 50件表示
  • プロレス

    プロレスから見た小橋建太

    プロ野球やサッカーにおいては、解説者は必ずしもその球団のOBではない。異なるリーグで一度も対戦経験の無かった、元選手が解説をすることも珍しくはない。しかし、プロレスの場合、引退後にフリーの技術解説者になって様々な団体の中継で解説を行うことは珍しい。旧WRESTLE-1解説の蝶野正洋や、WRESTLE-1の旗揚げ戦、2015年G1クライマックスで解説を行なった小橋建太、FIGHTING TV サムライにおいて女子全般を担当するブル中野は極めて稀なケースと言える。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た田上明

    新日本では闘魂三銃士(蝶野正洋、武藤敬司、橋本真也)、全日本ではプロレス四天王(三沢光晴、川田利明、田上明、小橋健太)が台頭して後にまで業界を牽引してゆく。一方、第2次UWFはUWFインターナショナル、プロフェッショナルレスリング藤原組、リングスに分裂(藤原組はその後さらにパンクラス、格闘探偵団バトラーツに分裂)して細分化が進む。1990年代後半に入るとK-1、PRIDEなど総合格闘技が台頭し、それまでプロレスが請け負っていた異種格闘技としての側面を奪われる形となった。古くからアントニオ猪木が「プロレス最強」を掲げていた背景から、これを受けて多くのプロレスラーが総合のリングに参戦するが準備期間の短さなどから結果を残したレスラーは少なく人気低迷に拍車をかけた。一方で、UWFインター、キングダム出身の桜庭和志や新日本プロレス出身の藤田和之など、総合格闘技のリングで大変優秀な戦績を収めた者もいる。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たブル中野

    プロ野球やサッカーにおいては、解説者は必ずしもその球団のOBではない。異なるリーグで一度も対戦経験の無かった、元選手が解説をすることも珍しくはない。しかし、プロレスの場合、引退後にフリーの技術解説者になって様々な団体の中継で解説を行うことは珍しい。旧WRESTLE-1解説の蝶野正洋や、WRESTLE-1の旗揚げ戦、2015年G1クライマックスで解説を行なった小橋建太、FIGHTING TV サムライにおいて女子全般を担当するブル中野は極めて稀なケースと言える。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た中邑真輔

    2011年には東日本大震災復興支援を目的として新日本、全日本、ノアによる合同興行ALL TOGETHERが開催され、翌2012年には新日本・全日本が旗揚げ40周年記念興行を合同で開催するなど団体同士の連携を強めている。2000年代に低迷してゲーム会社のユークスの傘下となっていた新日本プロレスは2012年にエンターテイメント企業「ブシロード」の子会社となり同社のコンテンツビジネスとの連携を深め、観客数と売り上げを大きく増やし、2016年には団体史上最高額の事業利益を達成している。ノアは三沢亡き後の団体をまとめきれず主力選手の離脱が相次いでいる。ノアを離脱した秋山準らはベンチャー企業のスピードパートナーズ(後の八丁堀投資)の傘下となっていた古巣の全日本に復帰する。しかし全日本のオーナーとなったスピードパートナーズ社長(当時)の白石伸生の運営に反発した武藤らが全日本を退団して、新たにWRESTLE-1を旗揚げ。一方、全日本は親会社の経営破綻により秋山を社長とした新体制で再出発。各団体で主力選手の退団、移籍が発生した他、インディー団体出身のレスラーによる地方団体旗上げが相次ぐなど、細分化も進んでいる。また現在、日本のプロレス市場はWWEを始めとする海外団体が強く関心を寄せており中邑真輔、小林健太、戸澤陽らがWWEへ進出した他、新日本やDRAGON GATEに参戦していた外国人選手が相次いでWWEへ移籍しており、WWE進出を狙う選手やWWEを解雇された選手が相次いで日本の団体に参戦するなど、移籍市場として一定の価値を獲得している。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たグレート・ムタ

    マスクと共にレスラーのキャラクター形成を行うためのアイテムで、顔面ペイントはザ・グレート・カブキが元祖。ジャイアント・キマラ、サイバー・コングのようにボディペイントを施すレスラーも存在する。汗や衝撃によって試合時間が経過するごとに剥がれていくのが難点。そのため現在のグレート・ムタは、塗料に加え合成樹脂やラバー製の特殊メイクを貼り付けることによってペイントの代わりとし剥がれを防いでいる。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た全日本プロレス

    日本のプロレス団体における特徴のひとつとして現役レスラーまたは引退したレスラーが社長業を兼務する、というものがある。日本のプロレス団体運営システムの始祖である力道山から始まった形式。日本プロレスから派生した新日本プロレス(2014年現在は後述する「背広組」の経営)、全日本プロレス(過去に「背広組」経営だった時期あり)もこの形式を踏襲したほか2017年現在もプロレスリングZERO1(ただし代表権は持たない)、DRAGON GATE(ただし選手としては第一線を引いている)、WRESTLE-1、DDTプロレスリングなど、この形式を取る団体は少なくない。女子でもLLPW-X、センダイガールズプロレスリング、OZアカデミー女子プロレス、ワールド女子プロレス・ディアナ、PURE-Jが該当する。引退したレスラーが社長を務める団体としては過去には国際プロレスなど、2017年現在はプロレスリングWAVEなどがある(WAVEについては現役から継続)。主演スターが座長も兼ねる劇団に近い形態といえる。興行の現場を知るものが社長業を行うことで、現場(レスラー)との乖離を避けることが出来たりスポンサーとの営業活動などに利点がある。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たDDTプロレスリング

    団体が運営する喫茶店やレストランの事業収入。全日本女子プロレス、大日本プロレス、DDTプロレスリングなどでは、新人を中心とした所属選手や引退した元選手がスタッフとして働く店を経営する例もある。また、大阪プロレス、スポルティーバエンターテイメントのように常設会場にカフェ・バーなどの飲食店を併設しているケースもある。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た日本テレビ放送網

    日本の地上波では日本テレビやテレビ朝日及び、その関連局が大手団体の興行を中継(主に録画)している。かつてはゴールデンまたはプライムタイムに60分の番組枠を持っていたが、日本テレビ系列は30分に縮小後2009年3月に撤退して、現在はテレビ朝日系列のみで深夜に30分と縮小されて放送されている。ケーブルテレビやCSといった有料放送でも放送しており、専門チャンネルも存在する。アメリカではUSA NetworkやSpike TVが放送を行っている。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たブシロード

    2011年には東日本大震災復興支援を目的として新日本、全日本、ノアによる合同興行ALL TOGETHERが開催され、翌2012年には新日本・全日本が旗揚げ40周年記念興行を合同で開催するなど団体同士の連携を強めている。2000年代に低迷してゲーム会社のユークスの傘下となっていた新日本プロレスは2012年にエンターテイメント企業「ブシロード」の子会社となり同社のコンテンツビジネスとの連携を深め、観客数と売り上げを大きく増やし、2016年には団体史上最高額の事業利益を達成している。ノアは三沢亡き後の団体をまとめきれず主力選手の離脱が相次いでいる。ノアを離脱した秋山準らはベンチャー企業のスピードパートナーズ(後の八丁堀投資)の傘下となっていた古巣の全日本に復帰する。しかし全日本のオーナーとなったスピードパートナーズ社長(当時)の白石伸生の運営に反発した武藤らが全日本を退団して、新たにWRESTLE-1を旗揚げ。一方、全日本は親会社の経営破綻により秋山を社長とした新体制で再出発。各団体で主力選手の退団、移籍が発生した他、インディー団体出身のレスラーによる地方団体旗上げが相次ぐなど、細分化も進んでいる。また現在、日本のプロレス市場はWWEを始めとする海外団体が強く関心を寄せており中邑真輔、小林健太、戸澤陽らがWWEへ進出した他、新日本やDRAGON GATEに参戦していた外国人選手が相次いでWWEへ移籍しており、WWE進出を狙う選手やWWEを解雇された選手が相次いで日本の団体に参戦するなど、移籍市場として一定の価値を獲得している。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たデイリースポーツ

    かつては、東京スポーツ(とその系列)とデイリースポーツのみが扱った(女子プロレスも掲載するのはデイリースポーツのみ)。1986年に大相撲の元横綱輪島大士のプロレス参戦と同時に各スポーツ紙が掲載するようになった。プロレス フレッシュアイペディアより)

348件中 41 - 50件表示

「プロレス」のニューストピックワード

  • 朝食会では話し、会見では話さない、なんてことはないと思いたいが

  • 彼女を比例一位で議員にさせた自民党も説明すべき

  • 税金で納得してくれますか? 予備費を充てることも適当ですか?