322件中 61 - 70件表示
  • プロレス

    プロレスから見たDRAGON GATE

    多くの団体はレスラーの体重を基準にヘビー級とジュニアヘビー級(クルーザー級、ミッドヘビー級)に区分される。ほとんどの団体の基準は概ね100kg未満であるが、ヤード・ポンド法が用いられ、全日本プロレスでは232lbs(105kg)までがジュニアヘビー級として扱われる。基本的数値の基準としては海外や新日本プロレスの220lbs(99.8kg≒100kg未満)が用いられている。ボクシングと違い公式な計量は存在しないことが殆ど(メキシコを除けば必要に応じて行われるのみ)。階級を超えたマッチメイクもしばしば行われ、軽量級に在籍しながらヘビー級戦線で活躍するレスラーも少なくない、近年ではシャープな肉体の選手が増えた為105kg以下のヘビー級戦士も多く、全日本のようにヘビー級の体重制限を事実上廃止した団体も存在する。旧ZERO-ONEは巨漢レスラーが多く参戦していたためにヘビー級の上に130kg以上のスーパーヘビー級を置いたことがある。力道山時代の日本プロレスではジュニアヘビー級の下に190lbs(86.28kg)未満のライトヘビー級を置いていた。NWAはその下にさらにミドル級、ウェルター級を設置してより詳細な階級区分を行っている。ルチャ系の団体では全体的に体重の軽い選手が多いため、ミドル級、ウェルター級などで分類されることもある。DRAGON GATEの軽量級に当たるオープン・ザ・ブレイブゲート王座は180lbs(82kg)以下を対象としており、ウェルター級に該当する。インディー団体では体格に優れたレスラーが少ない傾向にあるため、階級区分が行われていない団体が多い。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た辻なおき

    タイガーマスク、タイガーマスク二世、ジャイアント台風(原作:梶原一騎、作画:辻なおきプロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たサイバー・コング

    マスクと共にレスラーのキャラクター形成を行うためのアイテムで、顔面ペイントはザ・グレート・カブキが元祖。ジャイアント・キマラ、サイバー・コングのようにボディペイントを施すレスラーも存在する。汗や衝撃によって試合時間が経過するごとに剥がれていくのが難点。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た新崎人生

    タイツタイプの裾だけが広がってる物と、道着のような全体に絞めつけのない物とがあり、膝サポーターをコスチュームの下に隠してしまえる利点がある。蹴り技を得意とする選手や軽量級の選手に着用者が多い。また、日本の袴を連想し東洋的なイメージを演出するためにザ・グレート・カブキ、グレート・ムタ、越中詩郎(道着)、新崎人生=白使(ハクシ)、TAJIRIの他、前者のタイツタイプは橋本真也、小林邦昭、初代タイガーマスクなどが着用していた、現在はタイガーマスク (4代目)が着用している。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たザ・ロック (プロレスラー)

    WWEの内幕を描いたドキュメンタリー映画『BEYOND THE MAT』では、ザ・ロックとミック・フォーリーが場外乱闘時の観客席の移動ルートや、パイプ椅子での殴打回数などを打合せするシーンが見られる。またWWEは税制上の理由(スポーツよりショービジネスとして登録する方が税金・保険料が低くなる)から台本の存在を公言した。また、所属レスラーが死亡した際に、物語上で対立していたレスラーが「対立はあくまでもエンターテインメントであり、リング外では家族の様な関係であった」と自身のWebサイトで弔意コメントを出した。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たビンス・マクマホン

    一方で「背広組の社長がレスラーになる」ケースもある。WWEでは、会長であるビンス・マクマホンが(時期によるが)自ら試合に出る。彼は元々「背広組」であったが、演出の必要上レスラーとしての訓練を積んだ例である。またかつてFMWの社長をしていた荒井昌一は、レスラーとしての訓練は積んでいなかったが、演出としてリングでレスラーとの乱闘を演じたことがある。IWAジャパン社長の浅野起州も元々はプロモーター出身の背広組だが、2000年の「レスラーデビュー」以後時折試合に出ている。ハッスルMAN'Sワールドの草間政一CEOの場合、アマチュアレスリング経験者ということもあり、2010年に「プロレスラーデビュー」して勝利を収めた。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た馬場元子

    2000年代に入ると日本のプロレス界の勢力が一変する。全日本では馬場の死後、社長に就いた三沢光晴と馬場の未亡人として経営の権限を持つ馬場元子が団体運営を巡って対立、三沢は殆どの所属選手と共に団体を退団し、プロレスリング・ノアを旗揚げする。新日本でも橋本真也が団体を解雇され、新たにZERO-ONEを旗揚げし、新たな4団体時代を迎える。一方、所属選手の殆どを失った全日本は団体存続をかけて新日本との交流に踏み切る。2002年に武藤敬司が新日本を退団し全日本に移籍、同年10月に同団体の社長に就任する。メジャー団体とインディー団体の交流は1990年代から頻繁に行われていたが、2000年代以降はメジャー団体同士の交流が盛んに行われている。また、この頃からWWEが日本でも人気を博し、その流れを受けてWRESTLE-1、ハッスルなどエンターテインメント志向のプロレス興行が行われるようになる。2006年には国内初のプロレス統一機構の確立を目指しグローバル・レスリング連盟が発足したが、わずか1年で連盟としての活動は途絶えている。2000年代前半は、いわゆる第三世代が台頭するが人気面で上の世代である三銃士、四天王を凌駕することはできず、依然として旧世代が興行の中心を担う形となった。しかし2005年に橋本真也、2009年に三沢光晴が急逝、他の三銃士、四天王も退団や負傷欠場などによって定期参戦がままならない状態となり、さらに2000年代後半からは第三世代の下にあたる第四世代とも言える新世代の台頭が著しくなり、各団体の勢力図が変革されようとしている。2011年には東日本大震災復興支援を目的として、新日本、全日本、ノアによる合同興行ALL TOGETHERが開催され、翌2012年には新日本・全日本が旗揚げ40周年記念興行を合同で開催するなど団体同士の連携を強めている。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たターザン山本ターザン山本

    全日本プロレスの場合には元週刊プロレス編集長であったターザン山本が、近年自著の中で台本の存在を明らかにした。全日本プロレスからのSWSによる選手の引き抜きに伴い、ジャイアント馬場が山本に裏金を渡した上で誌上でのSWSバッシングを行う様依頼したことが契機となり、山本と癒着に近い関係が生まれ、馬場はその後週刊プロレス誌上で全日本プロレスを優遇する見返りに、ビッグマッチにおける台本を山本および一部記者に決定させる権限を与えていたと山本は述べている。代表的なものとして、後の四天王プロレスの原点とも言われ、三沢光晴が大きく飛躍する契機となったジャンボ鶴田対三沢光晴戦の決着を、ピンフォールではなくフェイスロックでのギブアップとする結末を山本達が決定したことなどが挙げられる(ただし、実際には三沢が鶴田からギブアップ勝ちをしたのは、三沢が飛躍する契機となったシングルマッチではなく、鶴田のライバルとしての地位を確立した後のタッグタイトルマッチである。三沢の対鶴田シングル初勝利はピンフォール勝ち)。また、台本の存在が公表されているアメリカで出版された外人レスラーの伝記に「この時の日本遠征では世界王座が移動する予定はなかった」などの記述が登場することがある。ハーリー・レイスやリック・フレアーの自伝など。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たレオン・ホワイト

    アマチュアレスリングで使用されているシングレットと基本的には同一のものだが、脚部がロングタイツになっているものや、肩がワンショルダーになっているものもある。アマチュアレスリング出身の選手が着用するほか、アンドレ・ザ・ジャイアント、ベイダー、吉江豊、曙など上半身の肉が厚い超重量級の選手が体を引き締めて負荷を軽減するために着用する。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たウィリアム・マルドゥーン

    1880年代に、人気レスラーであり、警察官でもあったウィリアム・マルドゥーンが警察を退職、専業という意味で最初のプロレスラーとなった。マルドゥーンは劇場などの常設施設で行われるレスリング・ショーの発展に努力し、後に「アメリカン・レスリングの父」とも呼ばれるようになる。プロレス フレッシュアイペディアより)

322件中 61 - 70件表示

「プロレス」のニューストピックワード