322件中 71 - 80件表示
  • プロレス

    プロレスから見たマリオ・ミラノ

    観覧者や視聴者から度々「プロレスは痛くなさそう」と口にされるが、これは多くの場合、実状とは異なる感想である。例えば蹴り技では、K1などの格闘技のように相手選手の急所を狙う(膝へのローキックなど)のではなく、鍛えた筋肉で守られ怪我をする恐れが少ない部分をめがけ、力を込めて蹴っているのであり、同様の技を常人が受けた場合は危険が生じる(それに対しパンチの場合は、拳骨部を当てると顔が腫れ上がったり、骨折などの怪我を誘発する恐れがあり危険であるため寸止めが普通である)。プロレスラーが受けてもタイミングの狂いなどから危険が生じることは時々ある。スタン・ハンセンはブルーノ・サンマルチノの首をボディスラムのかけ損ないで骨折させたことがあり、またハンセン、ミスター珍、マリオ・ミラノなど試合中に失神してしまった例も多い。三沢光晴は業界一の受身の達人といわれていたが、バックドロップの受け損ないで死亡している。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た後藤洋央紀

    「荒武者」のニックネームで知られる後藤洋央紀は、2011年から黒い袴を着用してリングに上がっている。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たエル・サムライ

    タッグマッチ中にエル・サムライが大谷晋二郎による顔面への攻撃に本気で怒り、大谷を追い掛け回した挙句、味方である獣神サンダー・ライガーにそれを止められている。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た牛島辰熊

    日本の大手プロレス団体は力道山がデビューした1951年を日本におけるプロレス元年としている。プロレス興行が根付いたのは戦後、力道山が1953年に日本プロレスを旗揚げしてからのことである。しかし戦前にもいくつかのプロレス興行があったことが確認されている。また、戦後連合国軍最高司令官総司令部GHQ/SCAPによる武道の禁止指令により柔道が禁止されていたため柔道家の牛島辰熊が1950年(昭和25年)2月に国際柔道協会(プロ柔道)を設立し木村政彦、山口利夫、坂部保幸らが参加したプロ柔道として力道山より早くプロ柔道興行を始めていたが、4か月10回の興行後、木村政彦、山口利夫、坂部保幸が日本プロレスに移籍し最終的には力道山の手によって統一される。戦後間もない頃で多くの日本人が反米感情を募らせていた背景から、力道山が外国人レスラーを空手チョップで痛快になぎ倒す姿は街頭テレビを見る群集の心を大いに掴み、プロ野球、大相撲と並び国民的な人気を獲得した。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たビル・ロビンソン

    アンドレ・ザ・ジャイアントやビル・ロビンソンが体重の増加でショートタイツからショルダータイツに変えたように、その経歴において複数のタイプを使った例も多い。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たジャイアント・キマラ

    マスクと共にレスラーのキャラクター形成を行うためのアイテムで、顔面ペイントはザ・グレート・カブキが元祖。ジャイアント・キマラ、サイバー・コングのようにボディペイントを施すレスラーも存在する。汗や衝撃によって試合時間が経過するごとに剥がれていくのが難点。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た桜井康雄

    プロレス・スターウォーズ(原作:原康史、作画:みのもけんじ)プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たマスカラ・サグラダ

    上半身、下半身両方を覆うタイツ。体全体をデザインとするため、獣神サンダー・ライガー、マスカラ・サグラダなど覆面レスラーに着用者が多い。MVPは上半身がロングスリーブ、下半身がハーフタイツの自転車競技用のスキンスーツに近いデザインの変型タイツを着用している。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たアジャ・コングアジャコング

    日本の場合は団体自らが台本の存在を公言したことは無い。芸能人やタレントも試合を行うハッスルのように「エンターテインメント」をキャッチコピーとして用いる団体は存在する。日本のプロレスで台本の存在が公になったのは法廷である。大仁田厚と渡辺幸正の試合終了後の乱闘で渡辺が負傷したことについての裁判では、東京地方裁判所が「通常のプロレス興行で、事前の打ち合わせ無しに相手に攻撃を仕掛けることは許容されておらず、観客に見せるプロレス興行としては異質の暴行」との裁判例を示した。また、女子プロレス(アルシオン)でもアジャ・コングとロッシー小川(小川宏)社長間の名誉毀損や肖像権をめぐる裁判で、台本の存在を認定した上で判決が行われた。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た闘魂三銃士

    新日本では闘魂三銃士(蝶野正洋、武藤敬司、橋本真也)、全日本ではプロレス四天王(三沢光晴、川田利明、田上明、小橋健太)が台頭し、後にまで業界を牽引してゆく。一方、第2次UWFはリングス、UWFインターナショナル、藤原組に分裂(藤原組はその後さらにパンクラス、格闘探偵団バトラーツに分裂)し、細分化が進む。1990年代後半に入るとK-1、PRIDEなど総合格闘技が台頭し、それまでプロレスが請け負っていた異種格闘技としての側面を奪われる形となった。古くからアントニオ猪木が「プロレス最強」を掲げていた背景から、これを受けて多くのプロレスラーが総合のリングに参戦するが、結果を残したレスラーは少なく人気低迷に拍車をかけた。プロレス フレッシュアイペディアより)

322件中 71 - 80件表示

「プロレス」のニューストピックワード