322件中 81 - 90件表示
  • プロレス

    プロレスから見たボクサー (スポーツ)

    現在のプロレスに直接つながっているのは、19世紀後半のアメリカに広まったカーニバル・レスリングとされる。カーニバル・レスリングは、"athletic show"あるいは短く"at show"と呼ばれた、いわゆるサーカスの出し物の一つとして行われ、その中では、レスラーは観客の挑戦を受けて試合(いわゆる"all comers")をしたり、レスラー同士、あるいはボクサーとの模範試合を披露していた。19世紀末まではレスリングのみのショーは試合数が限られていたため、レスリングを職業として生活するためには、このようなカーニバル・レスリングに参加するか、一人で旅芸人として巡業する必要があった。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た木村政彦

    日本の大手プロレス団体は力道山がデビューした1951年を日本におけるプロレス元年としている。プロレス興行が根付いたのは戦後、力道山が1953年に日本プロレスを旗揚げしてからのことである。しかし戦前にもいくつかのプロレス興行があったことが確認されている。また、戦後連合国軍最高司令官総司令部GHQ/SCAPによる武道の禁止指令により柔道が禁止されていたため柔道家の牛島辰熊が1950年(昭和25年)2月に国際柔道協会(プロ柔道)を設立し木村政彦、山口利夫、坂部保幸らが参加したプロ柔道として力道山より早くプロ柔道興行を始めていたが、4か月10回の興行後、木村政彦、山口利夫、坂部保幸が日本プロレスに移籍し最終的には力道山の手によって統一される。戦後間もない頃で多くの日本人が反米感情を募らせていた背景から、力道山が外国人レスラーを空手チョップで痛快になぎ倒す姿は街頭テレビを見る群集の心を大いに掴み、プロ野球、大相撲と並び国民的な人気を獲得した。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た古舘伊知郎古舘 伊知郎

    スポーツ面に掲載されることはほとんどない。著名レスラーの死去、興行会社の倒産、関係者が刑事事件を起こす、といった場合に報道される程度である。珍しい例として、ジャイアント馬場が新聞の聞き書き欄に登場したり、死去した際に追悼コラムが掲載されたりした例はある。しかし2007年8月下旬から10回に渡り朝日新聞夕刊一面でプロレスの特集が組まれ、レスラー(現役、元)、関係者、古舘伊知郎、プロレスファンである内館牧子など、約30名のインタビューが掲載された。一般紙でこれだけ長期に渡り、さらに一面でプロレスの特集が組まれたのは異例中の異例である。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た冬木弘道

    イレギュラーなものとしては、人望のあった選手などが重い病気や重度の負傷、リング内外の事故により事実上の廃業を余儀なくされた時、その選手やその家族のために、闘病費用などの一助にしようと、選手有志や縁のあった団体などの協力という形で選手のための興行が行われ、観戦料などの収益がその選手に渡されることもある(ガンで引退した冬木弘道の引退試合など)。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たショーン・マイケルズ

    モントリオール事件によってWWEとの関係が亀裂したブレット・ハートが2010年1月4日放送のRAWにゲストホストとして12年ぶりにWWEに登場。事件のもう一人の当事者であるショーン・マイケルズと和解。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たルー・テーズ

    大仁田厚は自身が設立したFMWへの批判に対して「プロレスの起源はサーカスの見世物」と反論し、大仁田とは対照的な正統派ルー・テーズも、自伝においてカーニバル・レスリングと旅芸人がプロレスの起源と述べている。カーニバル・レスリングをプロレスの起源とする考えはアメリカでは一般的であり、kayfabe(ケーフェイ)、mark(マーク)、boy(プロレスラー)、bump(受け身)といったプロレスの隠語も、カーニバル・レスリングで用いられた言葉とされる。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たブルーノ・サンマルチノ

    観覧者や視聴者から度々「プロレスは痛くなさそう」と口にされるが、これは多くの場合、実状とは異なる感想である。例えば蹴り技では、K1などの格闘技のように相手選手の急所を狙う(膝へのローキックなど)のではなく、鍛えた筋肉で守られ怪我をする恐れが少ない部分をめがけ、力を込めて蹴っているのであり、同様の技を常人が受けた場合は危険が生じる(それに対しパンチの場合は、拳骨部を当てると顔が腫れ上がったり、骨折などの怪我を誘発する恐れがあり危険であるため寸止めが普通である)。プロレスラーが受けてもタイミングの狂いなどから危険が生じることは時々ある。スタン・ハンセンはブルーノ・サンマルチノの首をボディスラムのかけ損ないで骨折させたことがあり、またハンセン、ミスター珍、マリオ・ミラノなど試合中に失神してしまった例も多い。三沢光晴は業界一の受身の達人といわれていたが、バックドロップの受け損ないで死亡している。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た落合裕介

    太陽のドロップキックと月のスープレックス(原作:ミスター高橋、作画:落合裕介プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たTAJIRI

    タイツタイプの裾だけが広がってる物と、道着のような全体に絞めつけのない物とがあり、膝サポーターをコスチュームの下に隠してしまえる利点がある。蹴り技を得意とする選手や軽量級の選手に着用者が多い。また、日本の袴を連想し東洋的なイメージを演出するためにザ・グレート・カブキ、グレート・ムタ、越中詩郎(道着)、新崎人生=白使(ハクシ)、TAJIRIの他、前者のタイツタイプは橋本真也、小林邦昭、初代タイガーマスクなどが着用していた、現在はタイガーマスク (4代目)が着用している。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た仲田龍

    2005年7月18日のプロレスリング・ノア東京ドーム大会で5年ぶりに実現した三沢vs川田の試合後の川田のマイクにノア取締役の仲田龍が大激怒し「もうノアのマットに二度と上げることはない」と断言し川田はノアと絶縁状態になったが、2009年6月13日に三沢が亡くなったことにより状況が変わり、その年の10月3日大阪府立体育会館で行われた三沢の追悼大会に川田は4年ぶりにノアマットに上がった。仲田龍が川田をリングコールした。プロレス フレッシュアイペディアより)

322件中 81 - 90件表示

「プロレス」のニューストピックワード