359件中 91 - 100件表示
  • 市橋秀彦

    市橋秀彦から見たドラフト会議ドラフト会議

    九州工業高校では、1970年に主戦として全国高校野球選手権大会(第52回)に出場するも、1回戦で小川清一を擁した大分商業高校に敗退した(延長15回、1-5)。夏の予選7試合では75三振を奪う本格派。その年のドラフト会議で、近鉄バファローズから1位指名を受け、入団。入団時はオーバースローの本格派だったが、2年目の秋あたりに中原コーチの指導で、サイドスローに転向した。市橋秀彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中田宗男

    中田宗男から見たドラフト会議ドラフト会議

    上宮高等学校から日本体育大学に進学。首都大学リーグ通算44試合登板し24勝10敗、防御率1.80、185奪三振。2年生の時に春8勝、秋7勝を挙げて2季連続ベストナインを受賞している。1978年にドラフト外にて中日ドラゴンズに入団。中田宗男 フレッシュアイペディアより)

  • 中山孝一

    中山孝一から見たドラフト会議ドラフト会議

    千葉工商高等学校(現:敬愛学園高等学校)時代には、高校野球東関東大会でノーヒットノーランを達成した。1966年の一次ドラフト6位で阪神タイガースに指名されるも拒否し、サッポロビールに入社。1969年にドラフト5位で南海ホークスに入団。速球投手として、主に先発で活躍し、1974年には投手成績8位にランクインした。中山孝一 フレッシュアイペディアより)

  • 井場友和

    井場友和から見たドラフト会議ドラフト会議

    社会人時代は富士重工業に所属し、2000年にはシドニーオリンピック野球の補充選手。また、都市対抗野球で二回戦まで進出した。その後、同年のドラフト会議前に日本ハムファイターズを逆指名した。井場友和 フレッシュアイペディアより)

  • 飯田宏行

    飯田宏行から見たドラフト会議ドラフト会議

    同年9月23日の入団テスト、日南秋季キャンプでの最終テストを経て大学・社会人ドラフトで5巡目に指名され広島東洋カープに入団。同球団初の逆輸入選手となった。しかし入団直後に右肩を痛め、2006年オフ、2軍でも一度も登板することなく戦力外通告を受けた。育成選手として再契約しサイドスローへの転向を試みるも、2007年オフに再び戦力外通告を受け、現役引退した。飯田宏行 フレッシュアイペディアより)

  • 平山英雄

    平山英雄から見たドラフト会議ドラフト会議

    釧路江南高校では、3年時の1966年にチームの主戦として全国高校野球選手権大会に出場したが、1回戦で横山晴久(後、法政大学を経て東映フライヤーズに入団)らがいた小倉工業高校に敗れた(延長12回、スコアは1-3)。同年秋、ドラフト2位で阪神タイガースに指名され、プロ入り。1年目から1軍の試合で投げたが、公式戦デビューは、同期の江夏豊よりも先であった。プロ6年目の1972年には34試合に登板し、自己シーズン最多の7勝を挙げている。その後、1974年オフに鈴木皖武・小川精一・上辻修・森山正義と共に、池辺巌・井上圭一との交換トレードでロッテオリオンズへ移籍。しかしオリオンズでは公式戦登板の機会が無く、翌年限りで引退した。スライダー、カーブ。シュートが武器。平山英雄 フレッシュアイペディアより)

  • 友沢亮

    友沢亮から見たドラフト会議ドラフト会議

    「10」では主人公の後輩として登場し、「11」?「13」は猪狩守に変わる主人公のライバルになっており、野球アカデミーでも主人公を挑発しまくっている(「12」)。ちなみに「13」では、ドラフトで指名されない演出もあった(おそらくスカウト陣が内野手としての評価は一切していなかっただろうと思われる)。友沢亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤秀明

    佐藤秀明から見たドラフト会議ドラフト会議

    秋田市立高等学校(現:秋田県立秋田中央高等学校)から東洋大学へ進学。東都大学リーグ通算30試合に登板し5勝3敗。日立製作所を経て、1984年のドラフト2位で阪神タイガースに入団。左の中継ぎとして1年目から登板した。佐藤秀明 フレッシュアイペディアより)

  • 丸山一仁

    丸山一仁から見たドラフト会議ドラフト会議

    上浮穴高校から近畿大学を経て1982年、ドラフト5位でロッテ入団。丸山一仁 フレッシュアイペディアより)

  • 佐久本昌広

    佐久本昌広から見たドラフト会議ドラフト会議

    1995年のドラフト4位で福岡ダイエーホークスに入団。1年目から中継ぎを中心に一軍で活躍。1997年には一時先発ローテーションの大役も担い、8勝3セーブを挙げた。工藤公康に次ぐ左投手の先発2番手として期待され、1999年には日本シリーズ第5戦に先発登板した。同年オフには、移籍した工藤の自主トレにも参加して鍛え直すなど、ポスト工藤の一番手として期待された。佐久本昌広 フレッシュアイペディアより)

359件中 91 - 100件表示

「プロ注目のドラフト候補選手」のニューストピックワード