148件中 91 - 100件表示
  • マット・ベスラー

    マット・ベスラーから見たドラフト会議ドラフト会議

    2009年のMLSドラフト会議で、一巡目(全体8人目)にスポルティング・カンザスシティに指名された。3月28日のコロラド・ラピッズ戦でプロデビュー。2011年3月26日のシカゴ・ファイアー戦でプロ初ゴール。2011年7月10日、サポーター投票によるオールスターゲーム2012参加選手に初めて選ばれた。2012年はチームの主力としてオープンカップ優勝に貢献。自身もMLS最優秀ディフェンダーとベストイレブンのダブル受賞を果たした。この活躍からクイーンズ・パーク・レンジャーズFC、サウサンプトンFC、バーミンガム・シティFCなどイングランドの複数クラブがオファーを送ったが、12月にカンザスシティとの契約を更新した。マット・ベスラー フレッシュアイペディアより)

  • ストッパー毒島

    ストッパー毒島から見たドラフト会議ドラフト会議

    プロ野球入りを目指す高校生・毒島大広は、非凡な才能を持ちながらも素行不良から野球部に入れてもらえず、学外での乱闘事件をきっかけに高校も退学になった。しかし毒島を中学生の頃から見ていたパ・リーグの弱小球団・京浜アスレチックスの木暮スカウトの働きもあり、1995年のドラフト会議でアスレチックスから8位指名を受ける。入団を渋る周囲の人間を自慢の剛速球で捻じ伏せた毒島は、チームのストッパー(抑え投手/クローザー)を志願し、シーズン60セーブとチームのリーグ優勝を目指して1年目から大暴れする。ストッパー毒島 フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫県立北須磨高等学校

    兵庫県立北須磨高等学校から見たドラフト会議ドラフト会議

    桜井俊貴 (2015年度ドラフト会議にて、読売ジャイアンツより一位指名・読売ジャイアンツ入団)兵庫県立北須磨高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • チャド・ブラッドフォード

    チャド・ブラッドフォードから見たドラフト会議ドラフト会議

    ハインズコミュニティー大学へ進学し、1994年末にはシカゴ・ホワイトソックスは来年の権利を獲得するために同年6月のドラフト34巡目で指名されたことを電報で知らせるも、財政的に苦しく指名されず、南ミシシッピー大学へ進学。にホワイトソックスから13巡目での指名を受け、大学かマイナーリーグか悩んだ末に契約。チャド・ブラッドフォード フレッシュアイペディアより)

  • バトルスタディーズ

    バトルスタディーズから見たドラフト会議ドラフト会議

    遊撃手。右投左打。東台寺シニア出身。DL学園野球部第78代主将。学年内では小柄な体格。スキンヘッドで眉毛がない。通称「カラス」。俊足巧打の1番打者で、選抜大会では6割4分の打率だった。打席に入る際に、バットを握らずに摘まむようにして引きずりながらバッターボックスに入るルーティーンが特徴。寮内にいる際は和装が多い。DL学園の将来を憂い、体罰に反対するなど、改革路線を打ち出している。普段は温厚だが、感情が昂ると口が悪くなり、また頭頂部に血管が浮き出る。DL学園卒業後はドラフト1位でヤクルートに入団。バトルスタディーズ フレッシュアイペディアより)

  • WILD PITCH!!!

    WILD PITCH!!!から見たドラフト会議ドラフト会議

    しかし、ドラフト会議当日に青流高校からスパローズに指名されたのは拓馬ではなく、控え右腕投手の内山正人であった。拓馬はどの球団からも指名されず自暴自棄を起こすが、(陽の画策による)親友・安部の説得によって再び野球への情熱を取り戻す。高校卒業後、猪俣と正人はプロ球界へ進み、拓馬はBPリーグ(日本の独立リーグ)の『レディバグズ』に入団し、いつか猪俣達と同じ舞台に立つためにプロ野球入団を目指して白球を追うのだった。WILD PITCH!!! フレッシュアイペディアより)

  • NFLドラフト全体1位指名選手

    NFLドラフト全体1位指名選手から見たドラフト会議ドラフト会議

    NFLドラフトの歴代全体1位選手の一覧である。NFLは世界で最初にドラフト制度を導入したスポーツリーグである。戦力の均衡を保つために全ラウンドで前年度シーズンの最下位チームから成績が悪い順に指名を行っていくウェーバー制が採用されている。オーナー会議の決定によって2010年のNFLドラフトからプレーオフの成績も考慮されるようになり、プレーオフに出場したチームはプレーオフの出場を逃したチームの後の指名権を獲得することになった。NFLドラフト全体1位指名選手 フレッシュアイペディアより)

  • 外国人枠 (日本プロ野球)

    外国人枠 (日本プロ野球)から見たドラフト会議ドラフト会議

    ここでいう「外国人選手」とは、日本国籍を有しない選手のことであるが、例外として、次の項目に該当する選手は外国人選手とはみなされず、日本国籍を有する選手と同等の扱いを受けることができる(野球協約第82条)。反面、選手契約に当たってはドラフト会議での指名を受ける必要がある(4.は除く)。外国人枠 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • タブ・ラモス

    タブ・ラモスから見たドラフト会議ドラフト会議

    1984年に北米サッカーリーグ(NASL)のニューヨーク・コスモスがドラフト会議1巡目(10番目)で引き当てたが、彼は大学へ進学することを選んだ。NASLはその約半年後にリーグを打ち切った。タブ・ラモス フレッシュアイペディアより)

  • 犬飼知三郎

    犬飼知三郎から見たドラフト会議ドラフト会議

    高校卒業後、地元の室戸大学に進学。しかし、理事長の息子が権力をバックに野球部のエースになっていたことに失望し中退、プロ入りを志す。岩鬼を尊敬していたことと兄・小次郎がいることから、彼らが所属するダイエーへの入団を希望し、入団テストを受け合格していたが、ドラフト会議でダイエーのみならず近鉄、阪神、西武からも指名を受け、西武が交渉権を獲得する。山田、岩鬼から説得されても浪人して来年ダイエーに入ると言い張ったが、愛犬・嵐の死で気持ちが変わり、山田が在籍する西武ライオンズに入団した。犬飼知三郎 フレッシュアイペディアより)

148件中 91 - 100件表示

「プロ注目のドラフト候補選手」のニューストピックワード