148件中 101 - 110件表示
  • 愛知ディオーネ

    愛知ディオーネから見たドラフト会議ドラフト会議

    前身の兵庫スイングスマイリーズはリーグ設立当初からの球団で、2009年12月21日に日本女子プロ野球機構の第1回ドラフト会議が行われた際にチーム名が発表された。チーム名の由来は兵庫県神戸市が日本のジャズの発祥地であることから、ジャズの『スイング』とバットを振る『スイング』を掛けたものと、どんなときも笑顔で野球をプレーするという意味の『スマイリーズ』を合わせて『スイングスマイリーズ』としたものである。愛知ディオーネ フレッシュアイペディアより)

  • 友沢亮

    友沢亮から見たドラフト会議ドラフト会議

    「10」では主人公の後輩として登場し、「11」?「13」は猪狩守に変わる主人公のライバルになっており、野球アカデミーでも主人公を挑発しまくっている(「12」)。ちなみに「13」では、ドラフトで指名されない演出もあった(おそらくスカウト陣が内野手としての評価は一切していなかっただろうと思われる)。友沢亮 フレッシュアイペディアより)

  • ダリップ・シン

    ダリップ・シンから見たドラフト会議ドラフト会議

    2007年、WrestleMania 23にて出場。ケインと対戦。ケインは映画であるSee No Evilに主演した直後であり、劇中で自らが演じた怪物の持つ凶器チェーンフックを試合に持ち込む。この試合でケインからボディスラムでマットの上に叩きつけられる場面もあったが勝利。試合後、ケインの持ち込んだチェーンフックを用いて首を締め、失神させた。6月に行われたドラフトにてSmackDown!に移籍。7月22日、20人バトルロイヤルを勝ち抜き、プロレスラーとしてのキャリア初となるWWE世界ヘビー級王座を獲得。ダリップ・シン フレッシュアイペディアより)

  • 富樫勇樹

    富樫勇樹から見たドラフト会議ドラフト会議

    2014年10月、マーベリックスが富樫を最終キャンプに招集し、富樫は10月11日に渡米、15日にはマーベリックスと選手契約を結んだ。ただし、これはNBAデベロップメント・リーグのドラフト会議を回避し、マーベリックス傘下のテキサス・レジェンズに確実に送り込むための便宜上のものであり、21日に富樫は解雇された。その後、マーベリックスは他の選手を獲得したため富樫は予定を変更しドラフト会議にかけられ、サンタクルーズ・ウォリアーズに指名された直後にレジェンズにトレードされた富樫勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 大木貴将

    大木貴将から見たドラフト会議ドラフト会議

    1年のブランクを経て、2012年12月9日に行われた四国アイランドリーグplusの2013年度ドラフト会議により香川オリーブガイナーズに入団した。大木貴将 フレッシュアイペディアより)

  • 不知火守

    不知火守から見たドラフト会議ドラフト会議

    高校卒業後、ドラフト1位(ハズレ1位)で日本ハムファイターズに入団。土井垣将とバッテリーを組む。不知火守 フレッシュアイペディアより)

  • 微笑三太郎

    微笑三太郎から見たドラフト会議ドラフト会議

    3年夏の甲子園終了後、プロ野球ドラフト会議で読売ジャイアンツから3位で指名され、高校卒業後入団。一年目からレギュラーとして活躍した。微笑三太郎 フレッシュアイペディアより)

  • フレディー・アドゥー

    フレディー・アドゥーから見たドラフト会議ドラフト会議

    2004年、メジャーリーグサッカー (MLS) のドラフト会議を経て、D.C. ユナイテッドとプロ選手契約を交わす。同年4月3日には、MLS2004年シーズン開幕戦となる対サンノゼ・アースクエイクス戦で後半途中から出場しプロデビュー戦を飾った。当時14歳10か月という年齢は、1887年から続くアメリカの全プロスポーツの歴史上で最も若い記録である。また2週間後の4月27日には、対メトロスターズ戦でプロ初ゴールを挙げた。フレディー・アドゥー フレッシュアイペディアより)

  • 谷岡竜平

    谷岡竜平から見たドラフト会議ドラフト会議

    高校卒業後は東芝に入社し、社会人野球で1年目から登板機会に恵まれた。2年目の都市対抗野球で白星をマークし、3年目の西関東予選でも主戦でチームの8年連続出場に貢献した。東芝には3年間在籍した。背番号は29だった。2016年のドラフト会議で読売ジャイアンツからドラフト3位指名を受けた。背番号は40。谷岡竜平 フレッシュアイペディアより)

  • MLBドラフト全体1位指名選手

    MLBドラフト全体1位指名選手から見たドラフト会議ドラフト会議

    なお、MLBはNFLやNBAと異なり、ドラフト指名選手のトレードは認められていない。日本野球機構のドラフト会議では完全ウェーバー方式ではないため、全体1位指名選手は発生し得ない。MLBドラフト全体1位指名選手 フレッシュアイペディアより)

148件中 101 - 110件表示

「プロ注目のドラフト候補選手」のニューストピックワード