359件中 11 - 20件表示
  • 桑野議

    桑野議から見たドラフト会議ドラフト会議

    九州工業高校から、1967年のドラフト5位指名で阪神タイガースに入団(同期には、代打の切り札で浪花の春団治と呼ばれた川藤幸三がいる)。桑野議 フレッシュアイペディアより)

  • クラッシュ!正宗

    クラッシュ!正宗から見たドラフト会議ドラフト会議

    実家は新潟で造り酒屋「長嶋酒造」を営んでいる。高校時代は無名の投手だったが、蛭野の強い推薦で読売ジャイアンツがドラフト会議で指名する方針だった。ところがドラフト会議を前に当時の長嶋茂雄監督が解任されたことからその方針は撤回されてしまい、以後正宗はそれをトラウマとして生きていくことになる。その後アメリカに渡り、一時2Aの球団でクローザーを務めていた。クラッシュ!正宗 フレッシュアイペディアより)

  • バッテリー (かわぐちかいじ)

    バッテリー (かわぐちかいじ)から見たドラフト会議ドラフト会議

    やがて、ドラフトを前に地元の常勝王者球団、東京イーグルスからスカウトが来るが、イーグルスに憧れていた武藤が即決したのとは対照的に、海部は自分の力で弱小チームを勝たせたいと、優勝経験の無い小倉メッツを希望する。バッテリー (かわぐちかいじ) フレッシュアイペディアより)

  • ドラフト会議 (MLS)

    ドラフト会議 (MLS)から見たドラフト会議ドラフト会議

    メジャーリーグサッカーのドラフト会議(MLS Draft)は、メジャーリーグサッカー(MLS)の各クラブが新人戦選手のために行う会議である。ドラフト会議 (MLS) フレッシュアイペディアより)

  • ストッパー (漫画)

    ストッパー (漫画)から見たドラフト会議ドラフト会議

    セントラル・リーグに属する架空のプロ野球チーム「大阪ガメッツ」(のちに大阪ドリームス)にドラフト外から入団した、三原心平の物語。ストッパー (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • エリック・バーンズ

    エリック・バーンズから見たドラフト会議ドラフト会議

    ドラフト会議(以下ドラフト)でロサンゼルス・ドジャースから38巡目に指名されたが契約せず。エリック・バーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 栗岡英智

    栗岡英智から見たドラフト会議ドラフト会議

    1978年夏の甲子園大会で箕島高校戦で石井毅投手から逆転の3ランホームランを放ち注目される。この年のドラフト会議で地元・中日の2位指名を受け入団。俊足・好打の選手として大いに期待され、入団当時の中日では層が薄かった内野手にコンバートされたりスイッチヒッターに挑戦したりしたものの、その期待に応えることが出来なかった。1984年にはウエスタン・リーグの盗塁王を獲得している。1987年開幕直前に村井一男・川本智徳両投手との交換トレードで西武に移籍するが1軍出場はなく、移籍1年でユニフォームを脱いだ。その後は郷里に戻って転職、プロ野球界とは距離を置いているものの野球との縁は切ることなく、会社勤めの傍ら愛知県内の軟式野球チームの監督を務めている。栗岡英智 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤文男 (1963年生の投手)

    佐藤文男 (1963年生の投手)から見たドラフト会議ドラフト会議

    印旛高在籍時、1981年の春の甲子園に出場し、決勝戦では、西川佳明・吉村禎章を擁するPL学園高に9回に逆転されて負けてしまうものの準優勝した。この年に、ドラフト外で、阪神タイガースに入団。この時、印旛高でバッテリーを組んだ月山栄珠もドラフト3位で同チームに入団した。佐藤文男 (1963年生の投手) フレッシュアイペディアより)

  • 加藤隆行

    加藤隆行から見たドラフト会議ドラフト会議

    長崎工高から、2000年のドラフト会議にて阪神タイガースから5位指名を受け入団。186cmの長身からのストレートが武器だった。加藤隆行 フレッシュアイペディアより)

  • 片山大樹

    片山大樹から見たドラフト会議ドラフト会議

    1992年ドラフト4位で阪神タイガースに入団。背番号は、新庄剛志がつけていた63が与えられた。片山大樹 フレッシュアイペディアより)

359件中 11 - 20件表示

「プロ注目のドラフト候補選手」のニューストピックワード