359件中 21 - 30件表示
  • 後藤明美

    後藤明美から見たドラフト会議ドラフト会議

    西武ライオンズに1982年ドラフト会議6位で指名される。1985年と1986年はアメリカ1A・サンノゼ・ビーズに野球留学した。その後一軍での登板はなく1990年に退団。後藤明美 フレッシュアイペディアより)

  • 三輪敬司

    三輪敬司から見たドラフト会議ドラフト会議

    強豪愛工大名電高校を経て、1994年ドラフト5位で中日ドラゴンズへ入団。三輪敬司 フレッシュアイペディアより)

  • 清水千曲

    清水千曲から見たドラフト会議ドラフト会議

    創価高時代は、1992年の第74回全国高等学校野球選手権大会に出場。同年のドラフト会議にてヤクルトスワローズから8位指名を受け入団。清水千曲 フレッシュアイペディアより)

  • 多田昌弘

    多田昌弘から見たドラフト会議ドラフト会議

    小学2年で野球を始め、中学では2年の夏休みにグラウンドを50周走る日課をこなすうちに球速が上がっていった。拓大紅陵高のセレクションで不合格となるが一般入試に合格。1年後輩に立川隆史(のち千葉ロッテマリーンズ?阪神タイガース)がいた。1992年、3年の夏の甲子園にはエース富樫、杉本、紺野恵治、多田の4人で投手陣を組み準優勝。初戦から準決勝まで全て別の投手が勝ち投手になるという史上初の快挙を達成した。投手陣の中でスカウトの評価が最も高かったのは多田だった。卒業後は就職して野球を続けるつもりだったが、同年のドラフトで広島東洋カープから6位指名されプロ入りした。多田昌弘 フレッシュアイペディアより)

  • 田中健太郎 (野球)

    田中健太郎 (野球)から見たドラフト会議ドラフト会議

    坂戸市立住吉中学校、松商学園高等学校を経て1997年ドラフト5位指名で読売ジャイアンツに入団。田中健太郎 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 丸木唯

    丸木唯から見たドラフト会議ドラフト会議

    2004年ドラフト4巡目で広島東洋カープに入団。ドラフトで指名された事はパソコンの授業中にインターネットの速報を見て知ったという。丸木唯 フレッシュアイペディアより)

  • 金城宰之左

    金城宰之左から見たドラフト会議ドラフト会議

    2004年のドラフトで広島東洋カープに7巡目で指名され、入団。金城宰之左 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤弘祐

    佐藤弘祐から見たドラフト会議ドラフト会議

    東北高校在学中に主にバッテリーを組んでいた投手が、1学年上の高井雄平(のちヤクルト)、1学年下のダルビッシュ有(のち日本ハム)と、いずれも高校卒業時にドラフト1巡目指名された好投手であった。その結果、彼らの速球を捕球するために特に守備能力が鍛えられ、恵まれた体格と相まって、高校生レベルでは守備力・特に捕球能力の評価が非常に高く、また肩の強さの評価も高かった。3年生時には春、夏の甲子園に連続出場、夏の甲子園ではダルビッシュ・真壁賢守(現:Honda)の後輩投手をリードしてチームを準優勝に導く。佐藤弘祐 フレッシュアイペディアより)

  • 上原晃

    上原晃から見たドラフト会議ドラフト会議

    沖縄水産高時代に,第67・68・69回全国高校野球選手権,第58回選抜高校野球大会に出場。完成度の高い速球に「オキナワの星」として注目を集め、阪神タイガースがドラフト1位で指名すると噂されるも、明治大学への進学を希望。しかし、1987年のドラフト会議で中日ドラゴンズがドラフト3位で強行指名し、星野仙一監督の説得もあり中日への入団を決意する。上原晃 フレッシュアイペディアより)

  • 甲斐雅人

    甲斐雅人から見たドラフト会議ドラフト会議

    高鍋高3年夏の県大会は、準々決勝で敗退。2000年ドラフト4位で広島東洋カープに入団。柔らかい打撃フォームが売りだったが、3年目までは一軍出場はなかった。甲斐雅人 フレッシュアイペディアより)

359件中 21 - 30件表示

「プロ注目のドラフト候補選手」のニューストピックワード