359件中 31 - 40件表示
  • 新井良夫

    新井良夫から見たドラフト会議ドラフト会議

    1968年秋、ドラフト5位で阪急ブレーブスに指名され、プロ入り。なお、後に「阪急ブレーブス黄金期」の主力選手となる山田久志・加藤英司・福本豊といった面々も、新井と同時に入団している。新井良夫 フレッシュアイペディアより)

  • ウェーバー方式

    ウェーバー方式から見たドラフト会議ドラフト会議

    ウェーバー方式(―ほうしき)とは、主に日本・アメリカ合衆国におけるプロフェッショナルスポーツでのドラフトの際に用いられる、選手の指名要領を規定するものである。ウェーバー方式 フレッシュアイペディアより)

  • 上田卓三 (野球)

    上田卓三 (野球)から見たドラフト会議ドラフト会議

    1966年秋、第1次ドラフト1位指名で南海ホークスへ入団。ここでは、リリーフを中心に活躍した。上田卓三 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 荒川哲男

    荒川哲男から見たドラフト会議ドラフト会議

    1986年にドラフト4位で中日ドラゴンズに入団。1987年の入団直後に、山崎武司とともにロサンゼルス・ドジャース傘下のガルフ・コーストリーグのチームへ野球留学をした。一軍出場の無いまま1989年に現役引退。荒川哲男 フレッシュアイペディアより)

  • 白坂勝史

    白坂勝史から見たドラフト会議ドラフト会議

    その後、関東学院大学を経て1997年にドラフト7位で中日ドラゴンズに入団。白坂勝史 フレッシュアイペディアより)

  • 御子柴進

    御子柴進から見たドラフト会議ドラフト会議

    長野県塩尻市広丘出身。松本工業卒業。1982年のドラフト会議で阪神タイガースから4位指名を受け入団。背番号は56。御子柴は当時阪神のエースとして活躍していた小林繁に憧れていたため、入団に際して悩むことは無かったという。リーチを生かし、体全体をバネのように使って投げるサイドスローの投球フォームと、プロ野球選手としては細身の体型が小林に似ていたため「小林二世」の異名を取る。御子柴進 フレッシュアイペディアより)

  • ともちゃん家の5時

    ともちゃん家の5時から見たドラフト会議ドラフト会議

    番組冒頭に行われる。主に県内の幼稚園や保育園の紹介と園児たち(クラス単位)に「ともちゃん家の5時、始まるよ!」と言ってもらうコーナー。2007年10月のリニューアル以前のタイトルコールをそのまま引き継いだコーナー。リニューアル前の2005年10月22日放送分では東海大甲府高の村中恭兵投手(同年のプロ野球ドラフト会議でヤクルトスワローズに1巡目指名された)など、園児以外がタイトルコールをする場合もある。ともちゃん家の5時 フレッシュアイペディアより)

  • 野球どアホウ伝

    野球どアホウ伝から見たドラフト会議ドラフト会議

    ドラフト会議で複数球団の競合の末に東京アパッチに入団した、大学野球界の金の卵・大友。一方、東京アパッチにはベテランのキャッチャー・島市蔵がいた。新人とベテラン、二人のキャッチャーを中心に語られる人間模様。野球どアホウ伝 フレッシュアイペディアより)

  • 職業選択の自由

    職業選択の自由から見たドラフト制度ドラフト会議

    プロ野球のドラフト制度では、指名を受ける選手側が球団を選択する余地がないことから、職業選択の自由に反するのではないかという指摘がしばしばなされる。職業選択の自由 フレッシュアイペディアより)

  • 星野秀孝

    星野秀孝から見たドラフト会議ドラフト会議

    群馬県立沼田高等学校武尊分校(現・群馬県立尾瀬高等学校)軟式野球部で活躍。左からのキレのあるボールがスカウトの目に留まり、1968年、ドラフト8位で中日ドラゴンズに入団。なお、1年遅れて同姓の星野仙一が入団、長らく「星野仙」「星野秀」の表記がファンに親しまれた。無名校卒、ドラフト下位指名、軟式出身ということで時間はかかったが、1971年に1軍初登板。1974年には4勝をあげる活躍を見せる。1976年に西岡三四郎との交換トレードで南海ホークスに移籍。4勝をマーク。1980年までプレーした。現役引退後、愛知県日進市で喫茶店を経営していたが、妻の他界に伴い2007年7月に閉店した。現在は、小中学生を中心に野球指導をしながら、プロ野球マスターズリーグ・名古屋エイティーデイザーズでも活躍している。パームボールを武器とした。星野秀孝 フレッシュアイペディアより)

359件中 31 - 40件表示

「プロ注目のドラフト候補選手」のニューストピックワード