359件中 41 - 50件表示
  • 住友一哉

    住友一哉から見たドラフト会議ドラフト会議

    鳴門高校在籍時、1975年のドラフト1位で阪急ブレーブスに指名されるも、入団拒否し法政大学に進学。その後、プリンスホテルに就職。1981年のドラフト6位で近鉄バファローズに入団。同期に金村義明がいる。一年おきに、30試合以上登板した。1988年オフに、南秀憲と共に、佐藤秀明・福家雅明との交換トレードで阪神タイガースに移籍。移籍一年目は、自己最多タイの44試合に登板したが、その後は成績も落ち1991年に現役引退。引退後は、近鉄・オリックスで投手コーチ、スコアラーを務めた。投球動作中、右手でテイクバックを取っている最中に左手を大きく前方に突き出して、ピラリと反転させる独特のフォームは「ぎくしゃく投法」「ヒラヒラ投法」などと呼ばれ、度々やくみつるのマンガでも取り上げられた。球種はスライダー、カーブ、シュート、シンカーなど多彩。住友一哉 フレッシュアイペディアより)

  • デーモン・ホリンズ

    デーモン・ホリンズから見たドラフト会議ドラフト会議

    カリフォルニア州のバレージョ高校を卒業後の1992年、アトランタ・ブレーブスからドラフト4巡目で指名され契約。1998年4月24日にメジャーデビュー。デーモン・ホリンズ フレッシュアイペディアより)

  • 茨城県立石下高等学校

    茨城県立石下高等学校から見たドラフト会議ドラフト会議

    市村則紀 - 元プロ野球選手(中日、西武)。ドラフト会議で指名された時の年齢は30歳で、史上最高齢指名選手である。茨城県立石下高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 村上公康

    村上公康から見たドラフト会議ドラフト会議

    その後は立教大学に進学するも中退し、ノンプロの日本楽器を経て、1966年秋に第1次ドラフト4位で西鉄ライオンズへ入団。入団2年目の1968年、衰えの見えた和田博実に替わって正捕手となる。村上公康 フレッシュアイペディアより)

  • 好永貴雄

    好永貴雄から見たドラフト会議ドラフト会議

    山口県長門市(旧・大津郡日置町)出身。2005年高校生ドラフトで千葉ロッテマリーンズに3巡目指名された末永仁志とは、中学3年の時同じ日置中で県大会準優勝を果たす。好永貴雄 フレッシュアイペディアより)

  • 武藤幸司

    武藤幸司から見たドラフト会議ドラフト会議

    その後、福岡六大学野球連盟の九州産業大学に入学すると、3年時の秋には最優秀防御率、4年時の春には最優秀選手、最優秀防御率を獲得、1999年には日米大学野球選手権大会に出場するなど、主戦投手として大活躍。一躍ドラフト候補になる。武藤幸司 フレッシュアイペディアより)

  • 今関勝

    今関勝から見たドラフト会議ドラフト会議

    武相高校時代に部員によるいじめにあい、1年で中退して大楠高校へ転校。70回大会2回戦では、2年生エースとして優勝候補の横浜高校と対戦。主砲の鈴木尚典に本塁打を打たれる。高校3年時は年齢制限のためWIEN BASEBALL CLUBでプレーし、その後NTT東京に所属、1993年にドラフト3位で日本ハムに入団。今関勝 フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎亀重

    尾崎亀重から見たドラフト会議ドラフト会議

    1971年度のドラフト会議でヤクルトアトムズから8位指名を受けプロ入りし、1973年のジュニアオールスターゲームでMVPを受賞したものの、一軍では活躍できなかった。尾崎亀重 フレッシュアイペディアより)

  • 佃正樹

    佃正樹から見たドラフト会議ドラフト会議

    大学卒業後、同期の仲間が多数ドラフト会議で指名される中、郷里の社会人野球・三菱重工広島入り。ここでもあまり活躍はできず、1979年チームの第50回都市対抗野球優勝時も登板はなかった(この時のエースは新日鐵光から補強された大町定夫)。佃正樹 フレッシュアイペディアより)

  • 内山憲一

    内山憲一から見たドラフト会議ドラフト会議

    群馬県立伊勢崎商業高等学校野球部で活躍。1985年、ドラフト3位で指名されヤクルトスワローズに入団。1990年は1A・サリナス・スパーズに野球留学した。180cmの長身から投げ下ろすカーブが持ち味だったが、プロでは思い切りのよさが影を潜め、大成できず1993年限りで引退となる。引退後は郷里に戻り、東村役場勤務の傍ら、伊勢崎硬建クラブでアマチュア野球に復帰した。内山憲一 フレッシュアイペディアより)

359件中 41 - 50件表示

「プロ注目のドラフト候補選手」のニューストピックワード